北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

自衛官候補生50人の戦闘訓練検定を公開-第7師団11普連

ほふく前進する候補生と動作をチェックする検定員

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は11日、第11普通科連隊(宮内雅也連隊長)が受け持つ自衛官候補生の戦闘訓練検定を同駐屯地で報道公開した。4月に教育入隊した候補生50人が、ほふく前進や射撃動作などを展開。今月下旬の訓練修了、その後の自衛官人生に向けて「さらに上を目指したい」と意欲を燃やしている。

 自衛隊に入隊すると、自衛官候補生として3カ月間、法令や服務教育、格闘、行進、射撃など基礎的な訓練を受ける。修了すると2士に任官し、本人の希望や適性などに基づき、各部隊に配属されてさらに専門的な訓練を受け、自衛官として成長していく。11連隊も4月から教育訓練を展開し、現在は24日の修了式に向けて、知識や技能の習得状況を確認する修了検定を行っている。

 この日はこのうち戦闘訓練検定を報道公開した。18~26歳の候補生50人が、5~7人ずつのグループになり、約300メートル先の敵陣地を制圧する内容。1グループにつき約40分間にわたり、候補生1人に検定員が1人付き、候補生の動作などを厳しくチェックした。小銃の空包射撃も行った他、敵陣地からも射撃音が鳴り響き、煙幕もたかれるなど臨場感あふれる設定で行われた。

 候補生は敵に見つからないように、折った枝をヘルメットの上に絡ませたり、顔に迷彩柄のメークを施すなどしてカモフラージュ。小銃を手にほふく前進し、体中を土まみれにしながら、候補生同士で連携して前進と空包射撃を展開。標的に近付くと小銃に着剣し、「ヤーッ」と鋭い気合と共に、一斉に敵陣地へと突撃した。

 ほふく前進で体力を消耗しながら、号令にもきびきびと応じた千歳出身の松田闘己さん(19)は「体力的には自信があるが、一連の動作を覚えるのが大変。これをやらないと先がないので、精神的にも鍛えていきたい」と意欲。小樽出身の藤本優斗さん(21)は「細かい動作を習得するのが大変だが、グループ一丸でやってきたので(検定を終えて)達成感がある。将来はレンジャーに挑戦したい」と話していた。

関連記事

室蘭民報

地元食べ歩き「最高」―伊達バル街17店にぎわう【伊達】

 伊達市内の飲食店をスペインの立ち飲み居酒屋・バルのように食べ飲み歩くイベント「伊達バル街」が21日開かれ、大勢の市民が各店自慢の料理とお酒を心ゆくまで楽しんだ。  飲食店などでつくる実行委...

室蘭民報

登別カントリー倶楽部のカートにiPadナビを導入【登別】

 ゴルフリゾート施設・登別カントリー倶楽部(登別市上登別町、東勝彦支配人)は、2人乗りカート80台に、タブレット端末・ipadを導入した。ナビゲーション機能を搭載しており、コース情報やピンまで...

室蘭民報

喜ばれるコースに、室蘭GC支配人に伴さんが就任【室蘭】

 室蘭ゴルフ倶楽部(GC、崎守町)の支配人に、伴くみこさん(42)が就任する。メンバーに喜んでもらえるゴルフ場を目指しながら、室蘭の新たな観光拠点として道内外から広く利用者を集めたい考えだ。 ...

室蘭民報

絵鞆と崎守の2港に「型良し」噴火湾毛ガニ初水揚げ【室蘭】

 噴火湾海域の毛ガニかご試験操業が20日解禁となり、室蘭漁協に所属する4隻は22日朝、絵鞆と崎守の2港に初水揚げした。初日の漁獲高は前年を50キロ下回り、漁業関係者からはため息が漏れる。  ...

函館新聞

ダニ媒介脳炎の闘病語る 感染症研究者ら北斗の佐藤さん宅訪問【北斗】

 【北斗】ダニを媒介した感染症の研究者や医療、行政関係者ら約60人が16日、国内最初のロシア春夏脳炎(ダニ媒介脳炎)に発症した佐藤厚子さん(61)宅=北斗市三ツ石=を訪問し、闘病体験を聴いた...