北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

自衛官候補生50人の戦闘訓練検定を公開-第7師団11普連

ほふく前進する候補生と動作をチェックする検定員

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は11日、第11普通科連隊(宮内雅也連隊長)が受け持つ自衛官候補生の戦闘訓練検定を同駐屯地で報道公開した。4月に教育入隊した候補生50人が、ほふく前進や射撃動作などを展開。今月下旬の訓練修了、その後の自衛官人生に向けて「さらに上を目指したい」と意欲を燃やしている。

 自衛隊に入隊すると、自衛官候補生として3カ月間、法令や服務教育、格闘、行進、射撃など基礎的な訓練を受ける。修了すると2士に任官し、本人の希望や適性などに基づき、各部隊に配属されてさらに専門的な訓練を受け、自衛官として成長していく。11連隊も4月から教育訓練を展開し、現在は24日の修了式に向けて、知識や技能の習得状況を確認する修了検定を行っている。

 この日はこのうち戦闘訓練検定を報道公開した。18~26歳の候補生50人が、5~7人ずつのグループになり、約300メートル先の敵陣地を制圧する内容。1グループにつき約40分間にわたり、候補生1人に検定員が1人付き、候補生の動作などを厳しくチェックした。小銃の空包射撃も行った他、敵陣地からも射撃音が鳴り響き、煙幕もたかれるなど臨場感あふれる設定で行われた。

 候補生は敵に見つからないように、折った枝をヘルメットの上に絡ませたり、顔に迷彩柄のメークを施すなどしてカモフラージュ。小銃を手にほふく前進し、体中を土まみれにしながら、候補生同士で連携して前進と空包射撃を展開。標的に近付くと小銃に着剣し、「ヤーッ」と鋭い気合と共に、一斉に敵陣地へと突撃した。

 ほふく前進で体力を消耗しながら、号令にもきびきびと応じた千歳出身の松田闘己さん(19)は「体力的には自信があるが、一連の動作を覚えるのが大変。これをやらないと先がないので、精神的にも鍛えていきたい」と意欲。小樽出身の藤本優斗さん(21)は「細かい動作を習得するのが大変だが、グループ一丸でやってきたので(検定を終えて)達成感がある。将来はレンジャーに挑戦したい」と話していた。

関連記事

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...

日高報知新聞

全線復旧変えていない【浦河】

 浦河町議会は22日、町議会臨時会後に全員協議会を開き、丸4年以上運休が続くJR日高線問題について協議し、町長や各議員が意見を述べた。  12月25日の町長会議で、浦河町の池田拓町長以外の管内6町が、...

苫小牧民報

仮設店舗、被災3町で着工 計10店が入居予定、3月オープンへ

 厚真、安平、むかわ3町で、胆振東部地震で被災した小売店や飲食店などの仮設店舗の建設が始まった。3町で計10店が入居する予定で、2月末に完成、3月にオープンする。店が壊れて休業などを余儀なくされ...