北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

児童・生徒の荷物負担軽減へ通知 市教委【函館】

 函館市教委は12日、市立小中学校67校に対し、児童生徒が持ち運びする学習用具の負担軽減を求める通知を出したことを明らかにした。重量が増す絵の具や書道セットを学校に置いて帰るなど取り組み例を示し、適正な対応を要請。子どもの重い荷物の持ち運びに関する通知は今回が初めて。

 同日の定例市議会一般質問で、小林芳幸氏(公明党)の質問に沢田紀之市教委学校教育部長が答弁した。

 市教委によると、1日付で教育長名で各校に通知した。これまでは各学校が判断し指導していたが、保護者から「荷物が重く体への負担が心配」との不安の声が高まったため、市教委として重点的に取り組むべき課題と位置づけた。通知では保護者、児童生徒に十分説明した上で実行に移すよう求めており「強制力はないが、できる限りの対応をお願いしたい」(市教委)としている。

 沢田部長は「教科書のページ増や大型化による重量の増加に伴い、児童生徒の通学時の安全確保や疲労、体の発達への影響などが指摘されている」と答え、負担軽減に配慮した指導を徹底するよう通知した。

 具体的には、事前に使う学習用具を連絡し、計画的に持ち運べるようにすることや、授業で使用したプリントはファイルにつづり、教室に保管すること、学校に置くのを可とする物や留意事項を示したプリントを教室に掲示することなどを盛り込んだ。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...