北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

サンドアーティスト・森さんが「和」を世界に発信【室蘭】

日本人で初めて「国際サンドアートグラフィック展示会2」に参加する森さん

 室蘭市出身、在住のサンドアーティスト・森マサミチさん(42)が、今月下旬から世界8カ国25都市で開催される「国際サンドアートグラフィック展示会2」に、日本文化を題材にした作品3点を日本人で初めて出展する。ウクライナではオープニングパフォーマンスを担当する予定。森さんは「日本人としてのアイデンティティーを世界に発信していきたい」と意気込んでいる。

 2005年(平成17年)ごろ、テレビで海外のサンドアーティストのパフォーマンスを見た森さん。「自分でもチャレンジしてみたい」と、イタンキ浜の砂でサンドアートにチャレンジしたのがきっかけだった。

 会社員として働きながら芸術性を高め、16年に事務所「サンドアートHokkaido」を立ち上げ、17年から商業的な活動を始めた。

 現在は日本舞踊とサンドアートをコラボしたパフォーマンス・プロジェクト「砂羅麗舞(さられむ)」を展開。9月15日には千歳市でサンドアートと日本舞踊、和太鼓、津軽三味線、ナレーションを取り入れた舞台「鶴の恩返し」を披露する。小学校で体験講座の講師を務めるなど、多方面で活躍している。

 展示会は、ヨーロッパのアーティストが集まり、サンドアートを国際的に盛り上げる狙いで開催されている。今回は1年5カ月をかけ、ウクライナ、モルドバ、セルビア、ポーランド、ドイツ、ベラルーシ、リトアニア、ロシアを回り、最後にウクライナに戻る。森さんは、ウクライナのアーティストから推薦を受けた。

 出展するのは「きつねの嫁入り」「コイ」「花魁(おいらん)」の3点。今年2月に制作した。ウクライナでのパフォーマンスは来年予定し、日本文化や和の心を紹介する内容になるという。

 最近は日本をテーマにした作品の制作に取り組む森さん。地元への貢献も考えながら「和のテイストで世界に勝負する」と力を込めた。

森さんが出展する「花魁」

関連記事

根室新聞

エビかご漁 湾中地区も初出荷【根室】

 根室沿岸での「ホッカイエビかご漁」(シマエビ)で湾中地区での操業が20日に解禁となり、22日に根室市場に約18トンの煮エビが初出荷された。セリではLサイズの高値がキロ当たり5,238円と前年を128パーセ...

根室新聞

7月12日 今年も緑町中央通りで盆踊り大会【根室】

 根室盆踊り大会の日程が、7月19日に決まった。今年も緑町中央通り1、2丁目を会場に子供仮装や大人素踊りを展開し、子供参加者へのお菓子配布や恒例の大抽選会で夏の夜を盛り上げる。子供仮装への申し込みは7月1...

根室新聞

市議会 定例月議会が終了 水道料金値上げ可決【根室】

 6月定例月市議会は22日、本会議を開き、議案10件を可決、意見書案12件を可決採択した。平均148パーセント、38年ぶりの水道料金値上げとなる市水道事業給水条例の一部改正案は、低所得者対策の付帯決議を付けて...

苫小牧民報

卵、乳製品使わない体に優しいケーキ考案 アレルギー持つ人注目-千歳の洋菓..

 千歳市長都駅前4に卵や乳製品を使わない洋菓子店がある。名前は「Porin(ポリン)」。お豆のモンブランや豆腐のチョコレートムースなど、体に優しい創作ケーキなどが並ぶ。アレルギーを持つ人などの間...

日高報知新聞

林業やイチゴハウスで【浦河】

 浦河高校(吉瀬献策校長、生徒389人)の2年生130人のインターンシップ(職業体験学習)が20~22の3日間、浦河、様似、新ひだか3町の56事業所で行われた。  働くことの意義、社会人として必要なマ...