北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

サンドアーティスト・森さんが「和」を世界に発信【室蘭】

日本人で初めて「国際サンドアートグラフィック展示会2」に参加する森さん

 室蘭市出身、在住のサンドアーティスト・森マサミチさん(42)が、今月下旬から世界8カ国25都市で開催される「国際サンドアートグラフィック展示会2」に、日本文化を題材にした作品3点を日本人で初めて出展する。ウクライナではオープニングパフォーマンスを担当する予定。森さんは「日本人としてのアイデンティティーを世界に発信していきたい」と意気込んでいる。

 2005年(平成17年)ごろ、テレビで海外のサンドアーティストのパフォーマンスを見た森さん。「自分でもチャレンジしてみたい」と、イタンキ浜の砂でサンドアートにチャレンジしたのがきっかけだった。

 会社員として働きながら芸術性を高め、16年に事務所「サンドアートHokkaido」を立ち上げ、17年から商業的な活動を始めた。

 現在は日本舞踊とサンドアートをコラボしたパフォーマンス・プロジェクト「砂羅麗舞(さられむ)」を展開。9月15日には千歳市でサンドアートと日本舞踊、和太鼓、津軽三味線、ナレーションを取り入れた舞台「鶴の恩返し」を披露する。小学校で体験講座の講師を務めるなど、多方面で活躍している。

 展示会は、ヨーロッパのアーティストが集まり、サンドアートを国際的に盛り上げる狙いで開催されている。今回は1年5カ月をかけ、ウクライナ、モルドバ、セルビア、ポーランド、ドイツ、ベラルーシ、リトアニア、ロシアを回り、最後にウクライナに戻る。森さんは、ウクライナのアーティストから推薦を受けた。

 出展するのは「きつねの嫁入り」「コイ」「花魁(おいらん)」の3点。今年2月に制作した。ウクライナでのパフォーマンスは来年予定し、日本文化や和の心を紹介する内容になるという。

 最近は日本をテーマにした作品の制作に取り組む森さん。地元への貢献も考えながら「和のテイストで世界に勝負する」と力を込めた。

森さんが出展する「花魁」

関連記事

苫小牧民報

北電苫東厚真4号機、月内に再稼働へ 道内の安定電力供給にめど

 北海道電力は24日、胆振東部地震の影響で停止していた苫東厚真火力発電所(厚真町)の4号機(出力70万キロワット)について、月内に再稼働できる見通しになったと発表した。点検の結果、タービンの損傷...

十勝毎日新聞

華やかに練り歩き 帯廣神社秋季例大祭【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭は24日に本祭を迎えた。氏子ら約70人がみこし1基、山車4台と帯広市内を練り歩く渡御を、沿道の市民が見守った。  本祭は午前8時半から御社殿で始まり、約4...

十勝毎日新聞

交通事故根絶へ 願い込めたヒマワリ満開【新得】

 交通事故根絶の願いが込められたヒマワリが、新得小学校、新得幼稚園、新得保育所の花壇で花を咲かせている。ヒマワリを事故防止のシンボルにする「ひまわりの絆プロジェクト」に賛同し、春から大切に育てた...

十勝毎日新聞

鳥のアクセサリー 田中さん作品展示【帯広】

 帯広市の田中輝顕さん(77)の作品展「ラブバードテルアキ展」が、市内の北海道ホテル(西7南19)で開かれている。11月25日まで。  田中さんは半世紀以上にわたり、野鳥の木製アクセサリー制作...

函館新聞

Dプリンセスの「函館愛」 復興応援の横断幕を市に寄贈へ

 19日に函館港に入港したプリンセス・クルーズ社(米)の豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5906トン)で、船体に「北海道の復興を応援しています We are with you、Hokk...