北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

サンドアーティスト・森さんが「和」を世界に発信【室蘭】

日本人で初めて「国際サンドアートグラフィック展示会2」に参加する森さん

 室蘭市出身、在住のサンドアーティスト・森マサミチさん(42)が、今月下旬から世界8カ国25都市で開催される「国際サンドアートグラフィック展示会2」に、日本文化を題材にした作品3点を日本人で初めて出展する。ウクライナではオープニングパフォーマンスを担当する予定。森さんは「日本人としてのアイデンティティーを世界に発信していきたい」と意気込んでいる。

 2005年(平成17年)ごろ、テレビで海外のサンドアーティストのパフォーマンスを見た森さん。「自分でもチャレンジしてみたい」と、イタンキ浜の砂でサンドアートにチャレンジしたのがきっかけだった。

 会社員として働きながら芸術性を高め、16年に事務所「サンドアートHokkaido」を立ち上げ、17年から商業的な活動を始めた。

 現在は日本舞踊とサンドアートをコラボしたパフォーマンス・プロジェクト「砂羅麗舞(さられむ)」を展開。9月15日には千歳市でサンドアートと日本舞踊、和太鼓、津軽三味線、ナレーションを取り入れた舞台「鶴の恩返し」を披露する。小学校で体験講座の講師を務めるなど、多方面で活躍している。

 展示会は、ヨーロッパのアーティストが集まり、サンドアートを国際的に盛り上げる狙いで開催されている。今回は1年5カ月をかけ、ウクライナ、モルドバ、セルビア、ポーランド、ドイツ、ベラルーシ、リトアニア、ロシアを回り、最後にウクライナに戻る。森さんは、ウクライナのアーティストから推薦を受けた。

 出展するのは「きつねの嫁入り」「コイ」「花魁(おいらん)」の3点。今年2月に制作した。ウクライナでのパフォーマンスは来年予定し、日本文化や和の心を紹介する内容になるという。

 最近は日本をテーマにした作品の制作に取り組む森さん。地元への貢献も考えながら「和のテイストで世界に勝負する」と力を込めた。

森さんが出展する「花魁」

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...