北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

工学院の留学生対象に今年も「日本講座」始まる【登別】

登別文化協会加盟団体が講師を務める日本文化講座。留学生らが日本舞踊の魅力に触れた

 日本工学院北海道専門学校(登別市札内町)観光ビジネスコース(2年制)の日本文化講座が今年も行われている。登別文化協会(小塚順一会長)の加盟団体が講師を担当する異色の講座。12日には日本舞踊についての授業が行われ、留学生らが日本舞踊の歴史や着物の試着などを通して日本文化の魅力に触れた。

 同校では、近年の訪日客の増加により、宿泊業界で母国語と日本語を話せる外国人の雇用を検討する企業が増えたことを背景に昨年度、同コース新設。2年制で接遇マナーやフロント業務のほか、登別温泉のホテル・旅館などでのインターンシップにも取り組む。本年度は韓国や中国、香港の留学生のほか、日本人も含めて計28人が入学した。

 同協会加盟14団体が講師を務める日本文化講座は、1年次の前期に実施。将棋や囲碁、民謡、日本舞踊、書道、華道、茶道などの体験を通して日本文化に親しんでもらう。今年は、5月8日の将棋を皮切りに、9月4日までに全15回行われる予定。

 この日は日本舞踊の授業で、同協会舞踊部の正派若柳流師範、若柳美凰さんが講師を担当。日本舞踊の特徴として「歌舞伎と違い、言葉の代わりにしぐさでさまざまなものを表現している」と解説。着物の試着や鬼踊りの指導も行った。

 実際に着物を試着した中国人のホウ・テイテイさん(36)は「とてもきれいな着物を着せていただきました。いつか日本文化の活動の中で着てみたいですね」と笑顔を見せていた。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...