北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

人と人を紡ぐ空間に、ハイカラが17日オープン【伊達】

17日のオープンへ向け打ち合わせする(左から)手塚さん、Hanaeさん、加藤さん

 伊達市長和町にイベントスペース「ココカラベース ハイカラ」が17日オープンする。地元作家らのワークショップや展示イベントなどを通しコミュニティーの創出、人と人を紡ぐ空間を目指す。同日はチョークアーティストのHanaeさん(32)がライブドローイングを披露する。

 「人をつなげる場所がほしい」。まちづくりに参加する機会が増える中、思いが芽生えた足場・鉄骨組み立てなどを手掛ける手塚工業代表の手塚広幸さん(39)=伊達。「ものづくりの作家が輝ける場所を」と思い描いていた壮匠建設の加藤靖将社長(41)=壮瞥。高校時代から親交がある2人の思いが合致した。

 拠点は同建設の現場事務所1階部分(約40平方メートル)と2階の会議室に最適な一室(約17平方メートル)。名称のハイカラはフィンランド語で「コウノトリ」の意味。「幸運を運ぶ鳥のようにこの空間で、出演者を紡ぎたい」との思いを込めた。室内は暖かく柔らかな雰囲気で、旧蟠渓小学校の机や黒板も並べた。手塚さんが責任者を務める。

 今後は、地元作家をはじめ、展示やワークショップ、勉強会などの主催者らに場所を提供する。多くの人たちの可能性へのチャレンジを後押しし、手塚さんらも一緒に成長していきたい考え。手塚さんは「(作家や何かを始めたい人の)最初の一歩をサポートできれば」、加藤さんは「つながるという『すてき』を発信したい」と声を弾ませている。

 オープニングイベントを飾るHanaeさんは札幌を中心に活動する。今回手塚さんとの縁でイベントが実現。「(作品は)場所によって見え方、感じ方が変わる。この場所(ハイカラ)だったらどのようになるか、どんなつながりがあるか楽しみです」と笑顔を見せていた。当日は午後2時からライブドローイングを実施する予定。

 「ココカラベース ハイカラ」は国道37号と国道453号の交差点にある色鮮やかな扉が目印。問い合わせはテディーラボ(手塚さん)teddiylab@gmail.comへ。

長和町の国道37号沿いにオープンする「ココカラベース ハイカラ」

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...