北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

柴田さん バーテンダー技能競技全道大会優勝【帯広】

 第45回全国バーテンダー技能競技北海道統括本部大会(日本バーテンダー協会北海道統括本部主催)で、同協会帯広支部の柴田輝さん(46)が総合優勝を果たし、全国大会へ駒を進めた。柴田さんは、7大会連続で北海道代表となる。

全国大会へ出場する柴田さん。左の赤いカクテルが「カーネリアン」

 道大会は5月27日、網走市で開かれた。衛生法規やお酒の知識を問われる学科部門(順位はなし)、レシピの決められた課題カクテル部門、オリジナルカクテルを作る創作カクテル部門、フルーツのカッティング技術や盛りつけを審査するフルーツ・カッティング部門の4部門で、各支部の代表8人が競った。

 柴田さんは創作カクテル部門とフルーツ・カッティング部門で1位を獲得。さらに最も技術の高い出場者に贈られる「ベストテクニカル賞」も獲得した。

 大会で柴田さんが創作したカクテルは「Carnelian〈カーネリアン〉-宝石の名前-」。カーネリアンとは、ナポレオンが愛したと言われる赤い宝石。勇気や幸運をもたらすという言い伝えがある。柴田さんは「飲み手が元気になったり楽しくなるものをテーマにした」と話す。

 課題カクテル部門ではわずか1点及ばず1位を逃したが「いかに切り替えてリカバリーできるかが大事だが、課題部門ではできなかった。全国大会に向けて、悔しさよりもこれからだという気持ち」と前を向く。

 小学生の頃から喫茶店のマスターのような“カウンターの向こう側”に憧れていた柴田さん。全国各地でバーテンダーとしての修業を重ね、10年前に帯広市内に「エー・グラス」(西2南10、フジモトビル2階)を開業した。

 全国大会は9月30日、広島市で開催。過去の最高成績は創作部門の5位。柴田さんは「大会はテクニックだけではなく、立ち居振る舞いや人柄も問われる。仕事の延長線上の究極型が出せるよう日々鍛錬します」と意気込む。

関連記事

日高報知新聞

静内農高 最優秀賞など上位に【新ひだか】

【新ひだか】日本学校農業クラブ北海道連盟など主催の「全道技術競技大会」が7、8の両日、帯広農業高と道立総合研究機構畜産試験場=十勝管内新得町=で開かれ、静内農業高(大関俊郎校長)から最優秀賞を含む...

日高報知新聞

野球日本代表監督 稲葉さんも指導【新ひだか】

【新ひだか】プロ野球の北海道日本ハムファイターズ主催の「キッズサマーキャンプ」が17~19の3日間、三石緑ヶ丘公園球場で行われている。管内外から31人の小学6年生が参加し、稲葉篤紀スポーツ・コミュニティ...

名寄新聞

自転車でゆかりの地巡る・「松浦武四郎RIDE」【名寄】

 なよろ観光まちづくり協会(吉田肇会長)主催の初の自転車イベント「松浦武四郎RIDE」が19日に駅前交流プラザ「よろーな」を発着地点に開かれた。参加者は、北海道命名者の武四郎に縁のある地域を自転...

名寄新聞

道内外から高校生185人参加・市立大オープンキャンパス【名寄】

 名寄市立大学(佐古和廣学長)の「オープンキャンパス2018」が18日に同学で行われた。参加した高校生たちは、ガイダンスや模擬授業、現役学生との交流を通して、同学へ親しみを深めた。  オープン...

名寄新聞

白樺樹液ビールお披露目・クラフトビアフェス盛況【美深】

 「美深クラフトビアフェス2018」が18日に大通北4赤れんが倉庫で開かれ、来場者がジャズの生演奏を聴きながらクラフトビールや豊富なフードメニューを味わう至福のひとときを満喫。さらに、美深産白樺...