北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

柴田さん バーテンダー技能競技全道大会優勝【帯広】

 第45回全国バーテンダー技能競技北海道統括本部大会(日本バーテンダー協会北海道統括本部主催)で、同協会帯広支部の柴田輝さん(46)が総合優勝を果たし、全国大会へ駒を進めた。柴田さんは、7大会連続で北海道代表となる。

全国大会へ出場する柴田さん。左の赤いカクテルが「カーネリアン」

 道大会は5月27日、網走市で開かれた。衛生法規やお酒の知識を問われる学科部門(順位はなし)、レシピの決められた課題カクテル部門、オリジナルカクテルを作る創作カクテル部門、フルーツのカッティング技術や盛りつけを審査するフルーツ・カッティング部門の4部門で、各支部の代表8人が競った。

 柴田さんは創作カクテル部門とフルーツ・カッティング部門で1位を獲得。さらに最も技術の高い出場者に贈られる「ベストテクニカル賞」も獲得した。

 大会で柴田さんが創作したカクテルは「Carnelian〈カーネリアン〉-宝石の名前-」。カーネリアンとは、ナポレオンが愛したと言われる赤い宝石。勇気や幸運をもたらすという言い伝えがある。柴田さんは「飲み手が元気になったり楽しくなるものをテーマにした」と話す。

 課題カクテル部門ではわずか1点及ばず1位を逃したが「いかに切り替えてリカバリーできるかが大事だが、課題部門ではできなかった。全国大会に向けて、悔しさよりもこれからだという気持ち」と前を向く。

 小学生の頃から喫茶店のマスターのような“カウンターの向こう側”に憧れていた柴田さん。全国各地でバーテンダーとしての修業を重ね、10年前に帯広市内に「エー・グラス」(西2南10、フジモトビル2階)を開業した。

 全国大会は9月30日、広島市で開催。過去の最高成績は創作部門の5位。柴田さんは「大会はテクニックだけではなく、立ち居振る舞いや人柄も問われる。仕事の延長線上の究極型が出せるよう日々鍛錬します」と意気込む。

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...