北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

柴田さん バーテンダー技能競技全道大会優勝【帯広】

 第45回全国バーテンダー技能競技北海道統括本部大会(日本バーテンダー協会北海道統括本部主催)で、同協会帯広支部の柴田輝さん(46)が総合優勝を果たし、全国大会へ駒を進めた。柴田さんは、7大会連続で北海道代表となる。

全国大会へ出場する柴田さん。左の赤いカクテルが「カーネリアン」

 道大会は5月27日、網走市で開かれた。衛生法規やお酒の知識を問われる学科部門(順位はなし)、レシピの決められた課題カクテル部門、オリジナルカクテルを作る創作カクテル部門、フルーツのカッティング技術や盛りつけを審査するフルーツ・カッティング部門の4部門で、各支部の代表8人が競った。

 柴田さんは創作カクテル部門とフルーツ・カッティング部門で1位を獲得。さらに最も技術の高い出場者に贈られる「ベストテクニカル賞」も獲得した。

 大会で柴田さんが創作したカクテルは「Carnelian〈カーネリアン〉-宝石の名前-」。カーネリアンとは、ナポレオンが愛したと言われる赤い宝石。勇気や幸運をもたらすという言い伝えがある。柴田さんは「飲み手が元気になったり楽しくなるものをテーマにした」と話す。

 課題カクテル部門ではわずか1点及ばず1位を逃したが「いかに切り替えてリカバリーできるかが大事だが、課題部門ではできなかった。全国大会に向けて、悔しさよりもこれからだという気持ち」と前を向く。

 小学生の頃から喫茶店のマスターのような“カウンターの向こう側”に憧れていた柴田さん。全国各地でバーテンダーとしての修業を重ね、10年前に帯広市内に「エー・グラス」(西2南10、フジモトビル2階)を開業した。

 全国大会は9月30日、広島市で開催。過去の最高成績は創作部門の5位。柴田さんは「大会はテクニックだけではなく、立ち居振る舞いや人柄も問われる。仕事の延長線上の究極型が出せるよう日々鍛錬します」と意気込む。

関連記事

根室新聞

花咲線の利用促進に向け 行動計画策定へ【根室】

 JR花咲線の沿線自治体で構成する根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)の会合が15日、根室市総合文化会館で開かれた。会議は非公開で行われ、JR花咲線の利用促進に向けたア...

根室新聞

中標津空港 乗降客数2年連続の20万人ならず【根室】

 根室管内の空の玄関口、根室中標津空港は、昨年一年間の乗降客数が、前年より22パーセント減って19万7,000人台にとどまり、2年連続の20万人には届かなかった。千歳便はほぼ前年並みの11万人台に乗ったが、...

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】自家製の漬物の味を競う「第55回つけものコンクール」が14日、町福祉センターで開かれ、町内女性が出品した漬物で自慢の味を競いあった。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)が主催し、町教委が後援...

日高報知新聞

20歳の節目に決意新た【浦河】

 14日は「成人の日」。これを前にした13日、日高管内7町で成人式が開かれた。会場では真新しいスーツや羽織・袴、華やかな振り袖姿に着飾った若者たちが、旧友との再会を喜び合うとともに20歳の門出に決意を...

苫小牧民報

肝炎ウイルス、ぜひ検査を 苫小牧出身・SHOKICHIさんが道知事を表敬..

 EXILEのメンバーで、苫小牧出身のSHOKICHIさん(33)が15日、道庁の高橋はるみ知事を表敬訪問し、厚生労働省の肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」をアピールした。 ...