北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

死角などの危険 バス運転手体感 道警が研修会【函館】

バスがカーブを曲がった際に向きが変わって動く車いす

 道警函館方面本部交通課は13日、路線バスや観光バスの運転手を対象とした研修会を函館運転免許試験場(石川町)で開いた。試験場のコースを試走し、サイドミラーに映らない死角を確認したほか、運転手が乗客となり、速度を落とさず曲がる危険性などを体験した。

 道内で発生した路線・観光バスの事故件数は、昨年が48件で、2013年に比べると27件減少した。一方、函館方面本部管内では、今年5月末現在で昨年1年間の事故件数に並ぶ3件の事故が起きている。

 5月には釧路市内で大型バスが歩行者をはねて死亡させた事故が発生し、同課が観光シーズンの本格化を前に、バス会社に呼び掛けて開催。4社から運転手や運行管理者など25人が参加した。

 試験場のコースでバスを走らせ、内輪差(曲がる時の後輪の軌跡が前輪の内側に入る現象)を確認。測ると左折時に190センチ、右折時に70センチの内輪差があることが分かった。講師を務めた同課指導官の吉成真吾警部は「実際の内輪差を理解してもらい、交差点を曲がる時は横断者の確認をしてほしい」と呼び掛けた。

 サイドミラーや車前方の死角を確認した、函館バス運転手の石川義治さん(41)は「座席を低くしていると死角が多かった。運転席の高さが正しいか確認して運行したい」と話した。

 また、普段は運転する立場の参加者が客として乗車。速度を落とさないままカーブを曲がると、安全ベルトで固定していない車いすが急に動くなど、注意点を確認。参加者の一部は大型二種免許取得時の試験を体験し、試験官からアドバイスを受けた。

 同社の内澤博昭バス事業部長は「各営業所で研修を実施しているが、警察官の視点で気づくことも多かった。車いすは介助者が支えながら乗るケースが多いが、必ずベルトで固定するように社員へ指導したい」と話していた。

関連記事

根室新聞

エビかご漁 湾中地区も初出荷【根室】

 根室沿岸での「ホッカイエビかご漁」(シマエビ)で湾中地区での操業が20日に解禁となり、22日に根室市場に約18トンの煮エビが初出荷された。セリではLサイズの高値がキロ当たり5,238円と前年を128パーセ...

根室新聞

7月12日 今年も緑町中央通りで盆踊り大会【根室】

 根室盆踊り大会の日程が、7月19日に決まった。今年も緑町中央通り1、2丁目を会場に子供仮装や大人素踊りを展開し、子供参加者へのお菓子配布や恒例の大抽選会で夏の夜を盛り上げる。子供仮装への申し込みは7月1...

根室新聞

市議会 定例月議会が終了 水道料金値上げ可決【根室】

 6月定例月市議会は22日、本会議を開き、議案10件を可決、意見書案12件を可決採択した。平均148パーセント、38年ぶりの水道料金値上げとなる市水道事業給水条例の一部改正案は、低所得者対策の付帯決議を付けて...

苫小牧民報

卵、乳製品使わない体に優しいケーキ考案 アレルギー持つ人注目-千歳の洋菓..

 千歳市長都駅前4に卵や乳製品を使わない洋菓子店がある。名前は「Porin(ポリン)」。お豆のモンブランや豆腐のチョコレートムースなど、体に優しい創作ケーキなどが並ぶ。アレルギーを持つ人などの間...

日高報知新聞

林業やイチゴハウスで【浦河】

 浦河高校(吉瀬献策校長、生徒389人)の2年生130人のインターンシップ(職業体験学習)が20~22の3日間、浦河、様似、新ひだか3町の56事業所で行われた。  働くことの意義、社会人として必要なマ...