北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

「花咲線を守ろう!」に応援続々【根室】

支持率全国5位と好調な根室市のGCF

 根室市が1日から行っているガバメント・クラウド・ファンディング(GCF)「日本最東端の鉄路『根室本線花咲線』を守ろう!~美しい大自然が織りなす絶景、海と大地のグルメ路線~」は開始2週間で達成率が11パーセント、数あるGCFの中で全国五位の支持率を集めている。「花咲線を残してください」との応援メッセージも寄せられ、事務局では手応えをつかんでいる。

 根室市のGCFは、JR北海道が「単独では維持することが困難な線区」とした「JR花咲線」の利用促進を目的に、市が行う「花咲線利用促進PR業務委託事業」の経費を募るもの。目標金額は3,331万1,000円で、期間を11月末までの183日間に設定。JR北海道のJR花咲線観光列車化の「いつもの列車で観光気分」と合わせ、今月1日から受け付けを開始した。

 開始から2週間を迎えようとしているが、寄付者は13日現在で273人、寄付額は367万5,685円で、達成率は11.0パーセント。一日平均28万円ほどで推移している。

 現在、ふるさとチョイスでは41プロジェクトが取り組まれているが、現在の支持率ランキングは5位となっている。一時は最高2位まで上がり、応援メッセージでも「絶対守ってください。これ以上、道東の路線がなくなるのは悲しすぎます」、「大切な財産として鉄道を生かすことができるよう応援します」といったエールが寄せられ、事務局では「予想以上の反響でうれしい」と手応えを感じている。

 寄付金を活用するPR業務委託事業は、「絶景」と「食」の観光路線としての花咲線の価値を高め、花咲線の利用促進PRの取り組みを推進するもので、花咲線沿線全体を対象に、国内向けに情報発信。新たなファン獲得のため、花咲線の持つ「絶景」と「食」をテーマとしたPR動画を作成するとともに、花咲線沿線の「絶景」、「食」の魅力化、「沿線住民向け認知度向上などを図り、これら情報を発信するためのウェブサイトの作成と運用、さらに花咲線PRキャッチコピーやロゴを制作する。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩【浦河】

 浦河赤十字看護専門学校(武岡哲良学校長)=浦河町東町ちのみ1=の第29回戴帽式が19日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女27人が看護の道への第一歩を踏み出...

日高報知新聞

イオン静内店営業再開【新ひだか】

【新ひだか】9月6日の胆振東部地震で店舗の損壊被害に遭い、臨時休業していた静内末広町2のイオン静内店(横山秀雄店長)が20日、45日ぶりに営業を再開した。再開を心待ちにしていた来店客で終日にぎわった。 ...

苫小牧民報

実と花が同時に 駅北広場の梨の木に珍現象-白老

 白老町のJR白老駅北側にある駅北広場内の梨の木が、実を付けると同時に小さな白い花を咲かせている。不思議な現象に地域住民も驚きの表情で眺めており、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構果...

室蘭民報

輪西八条アトリエのものづくりイベント好評【室蘭】

 ボルト人形ボルタを生み出したNPO法人テツプロ(塩澤尚志理事長)は21日、室蘭市輪西町の輪西八条アトリエでものづくりをテーマにしたイベントを開いた。訪れた親子連れが椅子や銅板バッジなどの手作り...

室蘭民報

ホッキ2千袋が完売、漁港イベントにぎわう【苫小牧】

 漁獲量日本一の特産品・ホッキ貝をPRするイベント「第8回苫小牧漁港ホッキまつり」が21日、苫小牧港西港漁港区で開かれた。青空が広がる絶好のイベント日和に、市内外から多くの家族連れや買い物客が詰...