北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

「花咲線を守ろう!」に応援続々【根室】

支持率全国5位と好調な根室市のGCF

 根室市が1日から行っているガバメント・クラウド・ファンディング(GCF)「日本最東端の鉄路『根室本線花咲線』を守ろう!~美しい大自然が織りなす絶景、海と大地のグルメ路線~」は開始2週間で達成率が11パーセント、数あるGCFの中で全国五位の支持率を集めている。「花咲線を残してください」との応援メッセージも寄せられ、事務局では手応えをつかんでいる。

 根室市のGCFは、JR北海道が「単独では維持することが困難な線区」とした「JR花咲線」の利用促進を目的に、市が行う「花咲線利用促進PR業務委託事業」の経費を募るもの。目標金額は3,331万1,000円で、期間を11月末までの183日間に設定。JR北海道のJR花咲線観光列車化の「いつもの列車で観光気分」と合わせ、今月1日から受け付けを開始した。

 開始から2週間を迎えようとしているが、寄付者は13日現在で273人、寄付額は367万5,685円で、達成率は11.0パーセント。一日平均28万円ほどで推移している。

 現在、ふるさとチョイスでは41プロジェクトが取り組まれているが、現在の支持率ランキングは5位となっている。一時は最高2位まで上がり、応援メッセージでも「絶対守ってください。これ以上、道東の路線がなくなるのは悲しすぎます」、「大切な財産として鉄道を生かすことができるよう応援します」といったエールが寄せられ、事務局では「予想以上の反響でうれしい」と手応えを感じている。

 寄付金を活用するPR業務委託事業は、「絶景」と「食」の観光路線としての花咲線の価値を高め、花咲線の利用促進PRの取り組みを推進するもので、花咲線沿線全体を対象に、国内向けに情報発信。新たなファン獲得のため、花咲線の持つ「絶景」と「食」をテーマとしたPR動画を作成するとともに、花咲線沿線の「絶景」、「食」の魅力化、「沿線住民向け認知度向上などを図り、これら情報を発信するためのウェブサイトの作成と運用、さらに花咲線PRキャッチコピーやロゴを制作する。

関連記事

根室新聞

エビかご漁 湾中地区も初出荷【根室】

 根室沿岸での「ホッカイエビかご漁」(シマエビ)で湾中地区での操業が20日に解禁となり、22日に根室市場に約18トンの煮エビが初出荷された。セリではLサイズの高値がキロ当たり5,238円と前年を128パーセ...

根室新聞

7月12日 今年も緑町中央通りで盆踊り大会【根室】

 根室盆踊り大会の日程が、7月19日に決まった。今年も緑町中央通り1、2丁目を会場に子供仮装や大人素踊りを展開し、子供参加者へのお菓子配布や恒例の大抽選会で夏の夜を盛り上げる。子供仮装への申し込みは7月1...

根室新聞

市議会 定例月議会が終了 水道料金値上げ可決【根室】

 6月定例月市議会は22日、本会議を開き、議案10件を可決、意見書案12件を可決採択した。平均148パーセント、38年ぶりの水道料金値上げとなる市水道事業給水条例の一部改正案は、低所得者対策の付帯決議を付けて...

苫小牧民報

卵、乳製品使わない体に優しいケーキ考案 アレルギー持つ人注目-千歳の洋菓..

 千歳市長都駅前4に卵や乳製品を使わない洋菓子店がある。名前は「Porin(ポリン)」。お豆のモンブランや豆腐のチョコレートムースなど、体に優しい創作ケーキなどが並ぶ。アレルギーを持つ人などの間...

日高報知新聞

林業やイチゴハウスで【浦河】

 浦河高校(吉瀬献策校長、生徒389人)の2年生130人のインターンシップ(職業体験学習)が20~22の3日間、浦河、様似、新ひだか3町の56事業所で行われた。  働くことの意義、社会人として必要なマ...