北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

池田産100%で白ワイン Far夢楽縁が製造【池田】

 農業生産法人「Far夢楽縁(ファームらくえん)」(林秀康社長)による町内産原料100%の「はじめての白ワイン」(750ミリリットル、アルコール度9%)が15日にできあがった。町内産原料100%の白ワインは1980年代中ごろまで町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)が製造しており、今回は三十数年ぶりとなる。

町内産原料100%の「はじめての白ワイン」を手にして喜ぶ林社長

 「はじめての白ワイン」は59本製造。同法人が町内で栽培し、2017年秋に収穫した白ブドウ「ナイアガラ」と「ニューナイアガラ」を原料に使用。100キロを同研究所に出荷し、醸造を委託していた。

 同研究所では、原料の量が少なかったことから、通常ラインでの製造はできず、職員が手作業で瓶詰めした後に1本ずつ熱湯につけて加熱殺菌処理した。同研究所は「完成までに時間を要したがナイアガラのいい香りがするワインに仕上がった」としている。

 同研究所は「セイベル9110」1972年ビンテージをはじめ、80年代中ごろまで町内産原料100%の「白ワイン」を製造していた。今回の白ワインはそれ以来となり、安井所長は「町内で民間がワイン製造に乗り出したことに価値がある」と話している。

 同法人では、当初見込みよりも出来上がった本数が少なかったため、今回は一般販売を見送ることにした。

 林社長は「思い入れ強い白ワインなので、とにかくうれしい。今回は自分たちで飲んで楽しみたい」と喜んでいる。

 同法人は、2020年に独自のワイナリー設立を目指す。「はじめての白ワイン」の誕生で、ワイナリー設立に一歩近づいた。今後、ブドウの収穫量を増やし、白ワインを増産したい方針だ。

関連記事

室蘭民報

ホテルセピアスでお待たせビアガーデン【室蘭】

 室蘭市入江町のホテルセピアス(梅本昌利代表取締役社長)で18日から、恒例の屋上ビアガーデンが始まり、室蘭港を見渡す絶好のロケーションで、仕事帰りのサラリーマンらが喉を潤している。  室蘭地...

室蘭民報

北海道命名150年「1周ライド」参加者が室蘭入り【室蘭、札幌】

 北海道命名150年に合わせて、道内約2400キロを22日間かけて自転車で巡る「北海道1周ライド」の参加者が、16日に室蘭入りした。室蘭を含む「第7区」の参加者28人は、市内で昼食を取るなど、...

室蘭民報

成実公生誕450年記念特別純米酒「藤五郎」限定販売【伊達】

 仙台藩亘理伊達家の2代目当主・伊達成実(しげざね)公の生誕450年を記念した、特別純米酒「藤五郎(とうごろう)」が14日、市内の寿浅で取り扱いを始めた。22日に市内で開催する能楽「摺上(すり...

室蘭民報

“隣まち”宮古の味を一堂に、15日にフェア【室蘭】

 宮古商工会議所(花坂康太郎会頭)は14日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で、室蘭地域の企業を対象にした展示商談会を実施する。翌15日には同所で三陸宮古うんめぇもんフェアを開催、宮古市周辺の特産品を...

室蘭民報

地域交流食堂「もとむろランチ」が15日開店【室蘭】

 室蘭・白鳥台、陣屋、石川町の地域住民有志で運営する地域交流食堂「もとむろランチ」(上西武司代表)は15日のスタートに向け、メニューを決めるなど準備を進めている。地域交流食堂は子どもから高齢者...