北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

池田産100%で白ワイン Far夢楽縁が製造【池田】

 農業生産法人「Far夢楽縁(ファームらくえん)」(林秀康社長)による町内産原料100%の「はじめての白ワイン」(750ミリリットル、アルコール度9%)が15日にできあがった。町内産原料100%の白ワインは1980年代中ごろまで町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)が製造しており、今回は三十数年ぶりとなる。

町内産原料100%の「はじめての白ワイン」を手にして喜ぶ林社長

 「はじめての白ワイン」は59本製造。同法人が町内で栽培し、2017年秋に収穫した白ブドウ「ナイアガラ」と「ニューナイアガラ」を原料に使用。100キロを同研究所に出荷し、醸造を委託していた。

 同研究所では、原料の量が少なかったことから、通常ラインでの製造はできず、職員が手作業で瓶詰めした後に1本ずつ熱湯につけて加熱殺菌処理した。同研究所は「完成までに時間を要したがナイアガラのいい香りがするワインに仕上がった」としている。

 同研究所は「セイベル9110」1972年ビンテージをはじめ、80年代中ごろまで町内産原料100%の「白ワイン」を製造していた。今回の白ワインはそれ以来となり、安井所長は「町内で民間がワイン製造に乗り出したことに価値がある」と話している。

 同法人では、当初見込みよりも出来上がった本数が少なかったため、今回は一般販売を見送ることにした。

 林社長は「思い入れ強い白ワインなので、とにかくうれしい。今回は自分たちで飲んで楽しみたい」と喜んでいる。

 同法人は、2020年に独自のワイナリー設立を目指す。「はじめての白ワイン」の誕生で、ワイナリー設立に一歩近づいた。今後、ブドウの収穫量を増やし、白ワインを増産したい方針だ。

関連記事

十勝毎日新聞

今年も出来上々 ボージョレ解禁【帯広】

 フランス・ボージョレ地域の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」が15日午前0時に日本で解禁となり、十勝の酒店やスーパーにもさまざまな銘柄が並んだ。  ヌーボーは通常のワインと異なり、ブドウをつ...

十勝毎日新聞

農高発食品に機能性表示 認定なら道内学校初【帯広】

 帯広農業高校(二木浩志校長)の食品科学科地域資源活用班は、開発した豆乳ヨーグルト「豆(まめ)ぐると」を、健康志向の食品ブランドを示す「北海道食品機能性表示制度」(愛称・ヘルシーDo)に認定申請...

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

十勝毎日新聞

パン「満寿屋」題材 単行本27日発売【帯広】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)を題材としたノンフィクション本「世界に一軒だけのパン屋」(野地秩嘉著、小学館)が十勝で27日にも発売される(全国は26日)。同社では発売を記念し、...

苫小牧民報

白老の特産品味わって ギフトセット受け付け開始

 白老町竹浦のはまのマルシェでは、今年も白老の特産品を詰め合わせたギフトセット「しらおいの恵み」の注文受け付けを始めた。前浜産の毛ガニや白老牛のほか、今回新たに原木干しシイタケを取り入れるなどし...