北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

池田産100%で白ワイン Far夢楽縁が製造【池田】

 農業生産法人「Far夢楽縁(ファームらくえん)」(林秀康社長)による町内産原料100%の「はじめての白ワイン」(750ミリリットル、アルコール度9%)が15日にできあがった。町内産原料100%の白ワインは1980年代中ごろまで町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)が製造しており、今回は三十数年ぶりとなる。

町内産原料100%の「はじめての白ワイン」を手にして喜ぶ林社長

 「はじめての白ワイン」は59本製造。同法人が町内で栽培し、2017年秋に収穫した白ブドウ「ナイアガラ」と「ニューナイアガラ」を原料に使用。100キロを同研究所に出荷し、醸造を委託していた。

 同研究所では、原料の量が少なかったことから、通常ラインでの製造はできず、職員が手作業で瓶詰めした後に1本ずつ熱湯につけて加熱殺菌処理した。同研究所は「完成までに時間を要したがナイアガラのいい香りがするワインに仕上がった」としている。

 同研究所は「セイベル9110」1972年ビンテージをはじめ、80年代中ごろまで町内産原料100%の「白ワイン」を製造していた。今回の白ワインはそれ以来となり、安井所長は「町内で民間がワイン製造に乗り出したことに価値がある」と話している。

 同法人では、当初見込みよりも出来上がった本数が少なかったため、今回は一般販売を見送ることにした。

 林社長は「思い入れ強い白ワインなので、とにかくうれしい。今回は自分たちで飲んで楽しみたい」と喜んでいる。

 同法人は、2020年に独自のワイナリー設立を目指す。「はじめての白ワイン」の誕生で、ワイナリー設立に一歩近づいた。今後、ブドウの収穫量を増やし、白ワインを増産したい方針だ。

関連記事

十勝毎日新聞

エゾヤマビール発売【本別・足寄】

 本別、足寄、陸別3町が連携して開発したクラフトビール「エゾヤマザクラビール」の飲食店での一般提供が始まった。現在、本別、足寄町内の3店で扱われており、好評だ。  同ビールは、3町の商工会や...

十勝毎日新聞

ブロッコリー麺が給食に 「緑色がきれい」【音更】

 音更町内の小学校の給食で7日、音更町産の小麦粉を使った生地に町産ブロッコリーの乾燥粉末を練りこんだオリジナル麺「音更ら~麺(ブロッコリー麺)」を使用したラーメンが初めて提供され、子どもたちがおい...

十勝毎日新聞

節分落花生 完売 生産者団体ダイイチで【芽室】

 芽室町内で落花生栽培に取り組む「十勝めむろ落花生生産グループ」(藤井信二代表、8戸)は2日、スーパー・ダイイチで煎(い)り落花生を販売した。  煎り落花生は昨年11月末に収穫し、千葉県内の...

十勝毎日新聞

今年も「十勝晴れ」 新酒、管内100店で一斉発売【十勝】

 音更町内の米と水などで造った純米吟醸「十勝晴れ」の新酒が4日、十勝管内の約100店舗で一斉に発売された。  「とかち酒文化再現プロジェクト」(事務局・帯広信用金庫)が2010年から続ける事業...

十勝毎日新聞

パフェの具 お好みに レストラントスカチーナ【帯広】

 柳月(本部音更町、田村昇社長)のレストラン「トスカチーナ」(帯広市西18南5)は1日から、好みの具材を選べる「オーダーメイドパフェ」を提供している。15日までの限定販売。  バレンタインデ...