北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布がじゅうたんのように敷き詰められた岩場の海岸線を注意深く歩き、途中、炭鉱の坑道からあふれ出る地下水が海岸に落ちる滝を眺め、春採太郎に到着した。   この観察会は釧路の魅力を創る会(清水信彦会長)が主催し、大潮の干潮時に実施している。根室高校科学部は顧問の先生2人と生徒3人が岩石の研究の一環で参加した。清水会長の案内でスタート。興津小学校近くの砂浜から西へ岩場に入ると、昆布が幾重にも岩に絡んで覆っているため非常に滑りやすく、「これは大変だ」と驚きの声も。足場の悪い中を懸命に前進した。    しばらく行くと昆布が消えた砂浜。炭鉱の坑道から流れ出る地下水があふれ出て、目測で4、5㍍以上の落差で落ちてくる滝が現れた。「きょうは落ちる水が少ない、いつもはもっと勢いよく流れている」と清水会長は説明した。  そこから再び昆布がいっぱいの岩場を抜けると、春採太郎が待っていた。約3000万年前の海底の地殻変動で出来た地割れに砂がたまり、それが岩となって、その後、隆起し地上に現れた。地上部の幅が約4㍍、高さは約22㍍だが、海底にも数㌔にわたって続いている。「日本で一番かもしれない」と清水会長。根室高校の松田暁洋教諭は「(春採太郎の)形状や模様などからどのように出来たのかを調べたい」と生徒を指導しながら観察に余念がなかった。  今回は春採太郎からもう少し歩いて高さ1・3㍍ほどの春採次郎も眺め、帰路に就いた。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝勢メダル続々 スケートW杯大会【帯広】

 明治北海道十勝オーバルで16日から開催中のスピードスケートのワールドカップ(W杯)で、十勝勢のメダルラッシュが続いている。平昌五輪で活躍した、幕別町出身で共に帯南商高出の高木菜那選手(26)=...

十勝毎日新聞

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 初雪遅れ【十勝】

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

十勝毎日新聞

「防衛へ棋力向上を」 将棋の渡部女流王位祝う会【帯広】

 将棋の第29期女流王位戦で6月に初タイトルを獲得した帯広市出身の渡部愛さん(25)を囲み、「女流王位獲得を祝う会in十勝」が17日、ホテル日航ノースランド帯広で開かれた。関係者ら約60人が祝福...

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...