北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布がじゅうたんのように敷き詰められた岩場の海岸線を注意深く歩き、途中、炭鉱の坑道からあふれ出る地下水が海岸に落ちる滝を眺め、春採太郎に到着した。   この観察会は釧路の魅力を創る会(清水信彦会長)が主催し、大潮の干潮時に実施している。根室高校科学部は顧問の先生2人と生徒3人が岩石の研究の一環で参加した。清水会長の案内でスタート。興津小学校近くの砂浜から西へ岩場に入ると、昆布が幾重にも岩に絡んで覆っているため非常に滑りやすく、「これは大変だ」と驚きの声も。足場の悪い中を懸命に前進した。    しばらく行くと昆布が消えた砂浜。炭鉱の坑道から流れ出る地下水があふれ出て、目測で4、5㍍以上の落差で落ちてくる滝が現れた。「きょうは落ちる水が少ない、いつもはもっと勢いよく流れている」と清水会長は説明した。  そこから再び昆布がいっぱいの岩場を抜けると、春採太郎が待っていた。約3000万年前の海底の地殻変動で出来た地割れに砂がたまり、それが岩となって、その後、隆起し地上に現れた。地上部の幅が約4㍍、高さは約22㍍だが、海底にも数㌔にわたって続いている。「日本で一番かもしれない」と清水会長。根室高校の松田暁洋教諭は「(春採太郎の)形状や模様などからどのように出来たのかを調べたい」と生徒を指導しながら観察に余念がなかった。  今回は春採太郎からもう少し歩いて高さ1・3㍍ほどの春採次郎も眺め、帰路に就いた。

関連記事

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...

日高報知新聞

全線復旧変えていない【浦河】

 浦河町議会は22日、町議会臨時会後に全員協議会を開き、丸4年以上運休が続くJR日高線問題について協議し、町長や各議員が意見を述べた。  12月25日の町長会議で、浦河町の池田拓町長以外の管内6町が、...

苫小牧民報

仮設店舗、被災3町で着工 計10店が入居予定、3月オープンへ

 厚真、安平、むかわ3町で、胆振東部地震で被災した小売店や飲食店などの仮設店舗の建設が始まった。3町で計10店が入居する予定で、2月末に完成、3月にオープンする。店が壊れて休業などを余儀なくされ...