北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

森林資源の有効活用【様似】

【様似】日高地区「森林・林業・林産業活性化を促進するための連絡会議」(賀集繁喜会長)主催の特別講演会が14日、町立様似図書館視聴覚ホールで開かれ、林野庁北海道森林管理局の新島俊哉局長が貴重な再生資源となっている森林資源の有効な活用方法について解説した。

 森林づくりや林産業の活性化への関心と理解を深める講演会。林野庁北見営林支局や同庁森林整備課長、同中部森林管理局長など歴任の新島局長が「森林資源が充実してきた今だからこそ考えなければならないこと」をテーマに講演した。

 新島局長によると、戦後に植栽した人工林の半数が樹齢46年~50年以上の利用期を迎え、国内森林蓄積は人工林を中心に年間1億立方㍍ずつ増加し、国内年需要の7800万立方㍍を賄える状況という。

 ただ、今後の国内材の利用法を誤ると、過去にも経験してきた森林資源の枯渇につながる―と指摘。森林は環境財という認識や徹底したコスト意識、生産業者と流通・加工、消費者のサプライチェーンの構築に向け森林所有者の意識を変え、再生可能な資源に循環させる重要性を強調した。

 また、道内に豊富にある強度が優れているカラマツや、品質評価が高まっているトドマツのブランド化や高付加価値化で「森林所有者の利益が還元される仕組みを確立し、再造林の循環の輪の実現」を呼び掛けた。

120人が聴講の新島森林管理局長の特別講演会

関連記事

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...

室蘭民報

楽天社員がネットショップで成功する戦略紹介【室蘭】

 日本政策金融公庫創立10周年記念セミナーwith室蘭商工会議所「ネットショップを成功に導く3つのポイント」が13日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれ、楽天(東京)の奥村宏也ヴァイスマネージャ...

室蘭民報

緑丘高1年生が会社経営の卒業生らに取材【伊達】

 伊達緑丘高校(桑井美彦校長)の1年生約140人が、インタビューの手法を用いて、まちの価値や魅力を形作っている人々の存在に迫るワークショップに臨んだ。社会の第一線で活躍する卒業生らに取材し、印...

室蘭民報

幌別川にハクチョウ飛来、水面をすいすい【登別】

 登別・胆振幌別川に今年も越冬でシベリアからハクチョウが飛来している。例年と同じ10月下旬から訪れており、市民らに本格的な冬の訪れを告げている。同河川では、オオハクチョウとコハクチョウが十数羽...