北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

千歳高校で防災訓練 陸自11普連、空自2空団が協力

負傷者の搬送を指導する陸自隊員

 千歳高校(増田雅彦校長)は18日、自衛隊の協力で防災訓練を行った。陸自が負傷者などの搬送を、空自が火災発生時の対応などを、それぞれ指導する手厚い内容。大阪で震度6弱の地震が発生した日に、全校生徒約1000人が熱心に学んだ。

 自衛官の募集業務に力を入れる、自衛隊札幌地方協力本部千歳地域事務所(廣瀬直樹所長)の仲介で実現した。陸自は第7師団指揮下の第11普通科連隊(東千歳駐屯地)の12人が、空自は第2航空団基地業務群施設隊消防小隊(千歳基地)の6人が講師を務めた。

 この日は校内火災を想定し、全校生徒が体育館に一斉に避難。火災警報が校内に鳴り響く中、9分弱できびきびと移動を終えた。

 陸自は負傷者が出た想定で、対象者に対して1人、2人、3人で運ぶ方法を伝授。生徒の代表約30人が実際に体験し、男子生徒(16)は「自衛官は背中が大きく頼もしい。直接教えてもらい、良い経験ができた」と喜んだ。

 空自は消防服の着装を1分以内でこなして見せ、航空機火災などに備える鍛錬の一端を披露。火災を発見した際の対応として「周りの人に大きな声で伝えて」「119番で状況を知らせて」などとアドバイスした。

 生徒たちは自助、共助の大切さを学びながら、自衛隊を身近に感じる機会に。廣瀬所長は「(防災は)自衛隊にとって一つの仕事。生徒たちが学び取ってくれたら」と話していた。

関連記事

函館新聞

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年【函館】

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。  同社の同路線は1978...

函館新聞

道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。  同道の駅は...

釧路新聞

羅臼こんぶフェスタ楽しむ

 羅臼町の誇り「羅臼昆布」をまるごと楽しむイベント「第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ」が20日、町本町旧国道通りを会場に始まり、大勢の来場者でにぎわいを見せた。異業種若手有志による実行委の主催。 ...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...