北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

とうや湖農協がGGAP生かし「農産物PRしたい」【洞爺湖】

農水省北海道農政事務所の担当者にGGAP認証について説明する菊地さん(右)=29日午後、洞爺湖町成香

 2020年の東京五輪・パラリンピックを見据えて、農業生産工程管理(GAP)が注目を集め始めた。農協組織として、また青果の分野で国内初のグローバルギャップ(GGAP)団体認証を取得したとうや湖農協(本所・洞爺湖町香川、宮田敏夫組合長)は、世界各国から訪日客が訪れる五輪を足がかりに農産物を売り込む絶好の機会と捉えて「知名度を高め販路拡大につなげたい」としている。

 GGAPは一定水準の工程管理を満たす農業生産者に与えられる国際規格。認証は1年更新。12年のロンドン五輪から選手村で提供される食材の調達基準に採用された。東京五輪組織委が昨年12月に公表した調達基準案でも認証を受けた農作物を優先して使うことが明記された。

 同農協は推進している減化学肥料、減農薬栽培の実績を踏まえ、流通大手・イオンなどの業界認証を順次取得。より高度な基準を求める業界動向を見据え09年、GGAPを取得した。毎年新規を含む十数人が認証を受け、直近の16年は生産者13人の11作物。

 東京五輪の選手村で道産食材を積極活用してもらおうと、道も力を入れる。17年度予算に農産物の供給体制の構築経費として1千万円を計上。6月に入りホクレンやJA北海道中央会などと協議会を設立した。

 29日には農林水産省北海道農政事務所の担当者9人がGGAPの優良事例調査のため、とうや湖農協を訪問、町内の認証生産者から話を聞いた。町内成香の農業、菊地哲也さん(43)は、ほ場を案内し「取得する難しさより記録・管理を続けていく点に難しさがある」と述べた。

 世界124カ国の約16万件がGGAPの認証を受けているが、国内では約400件にとどまる。東京五輪の期間中には1500万食が必要とされ、供給体制に不安が残る。その一方で、審査費用は一人当たり20~40万円必要。同農協は町の助成を受け全額負担しているが毎年十数人が限界という。

 一般消費者への知名度が低く、認証取得を付加価値として生産価格に反映できる販路が一部に限られるという課題もある。菊地さんは案内の中で「安心・安全は無料という意識を変える必要がある」と指摘した。同事務所の石田彰地方調整官は取り組みを評価し「可能な範囲で応援し、洞爺地域発の農産物をPRしたい」と話した。

 同農協クリーン農業推進課の黄金崎順一課長は「五輪が求める要件をクリアし食材供給を実現させるのはもちろん、GGAPが一般消費者に広く浸透し将来的な付加価値を高めたい」と話した。

関連記事

函館新聞

小谷石を北海道三大秘境に 到達証明書発行へ【知内】

 【知内】町の観光関係者らが「海辺の秘境」小谷石地区を、「山の秘境」上川管内美深町松山湿原、「陸路の秘境」胆振管内豊浦町小幌駅と並ぶ「北海道三大秘境」の一つとしてPRしようと、両町との連携に乗...

函館新聞

桧山で暴風雪、函館も大荒れ 累積降雪過去3位に【函館】

 日本海の低気圧が急速に発達しながら北海道付近を通過した影響で、17日の道南は渡島西部や桧山で暴風雪となり、そのほかでも強い風雪に見舞われた。函館地方気象台によると18日にかけても吹雪となると...

苫小牧民報

道代表に豊澤瞳さん 今夏ミス・ユニバース全国大会へ

 2018ミス・ユニバース・ジャパン北海道大会(1月20日、札幌)で千歳市出身の私立大学職員、豊澤瞳さん(27)がグランプリに輝き、道代表に選ばれた。約1年半にわたり、美を究める努力を重ねた豊澤...

根室新聞

今年も東京・根室交流イベント「釣り」テーマに魅力発信【根室】

 根室市移住交流促進協議会(会長、長谷川俊輔根室市長)は、昨年に引き続き東京根室交流会を根室と東京の2会場で開く。「EASTERN vol2」と銘打ったイベントで、今年は「釣り」をテーマに根室会場は2月24、2...

日高報知新聞

「ひだか」が近くなる チカホで観光物産展

 4月21日の日高自動車道「日高厚賀IC(インターチェンジ)」の開通に向け、管内7町で構成する優駿日高道‼ オールひだか魅力発信協議会は16、17の両日、札幌駅前地下歩道空間(チカホ)で、「オールひだか...