北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

石油コンビナート火災に対応 特殊な消防車両部隊、道内唯一配備-苫小牧市で運用開始

大型放水砲車(右)と大容量送水ポンプ車(左奥)の運用デモンストレーション=苫小牧市消防本部

 石油コンビナート火災に対応するため、道内で唯一、苫小牧市に配備された消防部隊「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」の運用が19日に始まった。同日、市消防本部(新開町)でセレモニーが行われ、消防関係者ら約80人が、新たに導入された毎分8000リットルを100メートル先まで放水できる特殊な大型放水砲車などによるデモンストレーションを見学した。

 2011年の東日本大震災で石油コンビナート火災が相次ぎ、甚大な被害が出たことを受け、国が14年に石油コンビナートがある全国12自治体への導入を決定。道内唯一の製油所や石油備蓄基地を抱える苫小牧市には今春、車両が配備された。

 すでに消防隊員による操作訓練を終えており、今後、道内や東北などの石油コンビナートで大規模火災などが発生した際に出動する。同ユニットは、2台の特殊な消防車両を中核とし、同本部の他の消防車8台とセットで運用される。

 特殊な2台のうち大型放水砲車は全長約8・3メートル、高さ約3・5メートル。15センチの大口径ホース(総延長1キロ)を搭載し、放水砲はリモコン操作で水を直線状に放てるほか、噴霧状での放水もできる。

 大容量送水ポンプ車は全長約9メートル、高さ約3・5メートル。海や川などさまざまな水源から水を吸い上げ、通常の約3倍1キロ先まで、毎分4000リットル送り出すことができる。

 この日のセレモニーでは実際に消防車から放水する訓練が行われ、出席した道総務部の辻井宏文危機対策局長は「高度で専門的な消火活動ができる部隊の運用開始で、苫小牧地域のみならず各地で石油コンビナート火災などへの対応力が増す」と話した。

 同本部の脇坂恭敬消防長は「市民の期待に応えられるよう精進したい」と語った。

関連記事

根室新聞

税収30億円に赤信号 収納率は最高水準で健闘【根室】

 自主財源の大宗を占める市税だが、根室市の平成30年度の市税調定額が30億円を割り込みそうだ。1月末現在の調定額は29億4,430万円で、前年同期比1億4,700万円減と大幅に落ち込んでいる。一方、収納率は8493...

苫小牧民報

道産PRイベントで最高賞獲得「うれしい」 安平・夢民舎のクリームチーズは..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」(宮本正典社長)の「クリームチーズはやきた」が、道産チーズのPRイベント「北海道地チーズ博2019」(ホクレン農業協同組合連合会主催)で、最高賞のグランプリ...

日高報知新聞

インカンテーションなど【浦河】

 浦河町西幌別のイーストスタッドで15日、種牡馬展示会が開かれ、浦河町産馬のインカンテーションなど2頭の新種牡馬や3頭の新入きゅう馬ほか、今シーズンに供用するけい養種牡馬を牧場関係者らに披露した。 ...

日高報知新聞

議員のなり手不足など【新ひだか】

【新ひだか】町議会による「議会報告会」が14日夜、地域交流センターピュアプラザで開かれ、参加者と議員のなり手不足などについて意見を交えた。  議会報告会は、議会活動や議会改革の取り組みについて町民...

十勝毎日新聞

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家【中札内】

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...