北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

支笏湖・ヒメマス豊漁 サイズ小ぶりも釣果好調

小ぶりながらも塩焼きに好適なサイズが釣れている=支笏湖畔の飲食店

 千歳市の支笏湖で、今月1日に解禁されたヒメマス釣りが好調だ。6月1~15日の釣果は3万7105匹と、2017年同期の8974匹の4倍に上った。魚体はやや小ぶりだが、釣獲数が多いのが今季の特徴だ。1998年以来の20年間で、同じ期間中3番目に多い釣果となり、支笏湖地域では釣り人や商店街の人々の間に笑顔が広がっている。

 市と支笏湖漁協が釣り人や貸しボート業者からの聞き取りをまとめた釣獲調査による。市によると、体長20センチ前後の3年魚が全体の8割以上を占めた。25センチ前後の4年魚は1割程度。このほか13~15センチの2年魚もある程度釣れている。組合員らによると3年魚は例年22、23センチ程度が主流だが、今年はやや小ぶりの傾向という。

 6月前半の釣果としてはここ20年間で、14年の6万1586匹、10年の5万2659匹に次ぐ釣果。1回の釣行で、1人当たり30~50匹、中には100匹近くを釣った人もいる。

 幌美内で貸しボート業と飲食店を営み、自身も釣りをする小林典幸さん(50)は「今年の釣果は(17年6月前半の)4倍でも、経済効果は4倍以上だ」と喜ぶ。昨年はサイズにばらつきがあり、店で提供する塩焼きに適した20センチ前後の魚を確保するのに苦労した。「今年はちょうどいいサイズが釣れ、たくさんのお客さんに食べていただいている。この調子なら今季はずっと好調なのでは」と手応えを語った。

 支笏湖温泉で飲食店を経営する山下洋明さん(46)は6月に入り、炭火で焼いたヒメマスの店頭販売を開始した。「今年は焼くのにいいサイズ」ときっぱり。土日などは100本近く売れることもあり、「お客さんにも好評で、『おいしい』とお代わりする人もいます」と喜んでいる。昨年は塩焼き好適サイズの入手が難しかったただけに、現在の豊漁について「ありがたいこと。今後の釣果も期待しています」と笑みがこぼれた。

 豊漁の一方で、魚体が小ぶりな点では「刺し身に使うには難しい」と話す飲食店関係者もいる。支笏湖漁協は「今年の3年魚の上の世代には、突出して個体数が多い『卓越年級群』がいた。餌が少なくなる環境のせいで、成長に影響したのではないか」と推測。「現在の釣果が続いてほしい。7、8月には成長してもっと大きくなるだろう」と一層の釣果アップを期待している。

関連記事

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...

室蘭民報

楽天社員がネットショップで成功する戦略紹介【室蘭】

 日本政策金融公庫創立10周年記念セミナーwith室蘭商工会議所「ネットショップを成功に導く3つのポイント」が13日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれ、楽天(東京)の奥村宏也ヴァイスマネージャ...

室蘭民報

緑丘高1年生が会社経営の卒業生らに取材【伊達】

 伊達緑丘高校(桑井美彦校長)の1年生約140人が、インタビューの手法を用いて、まちの価値や魅力を形作っている人々の存在に迫るワークショップに臨んだ。社会の第一線で活躍する卒業生らに取材し、印...

室蘭民報

幌別川にハクチョウ飛来、水面をすいすい【登別】

 登別・胆振幌別川に今年も越冬でシベリアからハクチョウが飛来している。例年と同じ10月下旬から訪れており、市民らに本格的な冬の訪れを告げている。同河川では、オオハクチョウとコハクチョウが十数羽...