北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ダニ媒介脳炎の闘病語る 感染症研究者ら北斗の佐藤さん宅訪問【北斗】

訪問者の前で体験談を語った佐藤さん(右から2人目)

 【北斗】ダニを媒介した感染症の研究者や医療、行政関係者ら約60人が16日、国内最初のロシア春夏脳炎(ダニ媒介脳炎)に発症した佐藤厚子さん(61)宅=北斗市三ツ石=を訪問し、闘病体験を聴いた。

 15~17日に函館市内で開かれた学術団体「ダニと疾患のインターフェイスに関するセミナー(SADI)」の北海道・函館大会2018の疫学ツアーで佐藤さんを訪問。

 佐藤さんは37歳だった1993年に発症し、ウイルスが脳幹を直撃した後遺症で全身の随意神経がまひ。両手両足、首などに障害が残り、車いすの生活を続ける。98年に障害者らの親睦団体「ウイズ・ユー(前向きな障害者と仲間達)」を設立し、会長を務める。

 佐藤さんは訪問者の前で発症時の状況や現在の生活について説明。意識回復後のリハビリや検査については「ほとんどの検査は電気を使い苦痛だった。今後の予防、治療に役立ててほしいと検査を受けたが、その思いが現場の医師や看護師に理解されず屈辱的な思いをした」と振り返り、「患者にも尊重すべき尊厳がある」と訴えた。

 また、近年、道内で感染者が新たに確認され、死者が出たことについて、佐藤さんは「唯一の生存者として沈黙していた自分を責めた。今後、犠牲者が出ないよう対策を進めてほしい」とし、啓発・予防対策の推進を求めた。

 ダニ媒介脳炎は佐藤さんのほか、国内で2016年8月から今年5月まで4例(いずれも道内)が確認され、2人が死亡している。

関連記事

函館新聞

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年【函館】

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。  同社の同路線は1978...

函館新聞

道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。  同道の駅は...

釧路新聞

羅臼こんぶフェスタ楽しむ

 羅臼町の誇り「羅臼昆布」をまるごと楽しむイベント「第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ」が20日、町本町旧国道通りを会場に始まり、大勢の来場者でにぎわいを見せた。異業種若手有志による実行委の主催。 ...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...