北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ダニ媒介脳炎の闘病語る 感染症研究者ら北斗の佐藤さん宅訪問【北斗】

訪問者の前で体験談を語った佐藤さん(右から2人目)

 【北斗】ダニを媒介した感染症の研究者や医療、行政関係者ら約60人が16日、国内最初のロシア春夏脳炎(ダニ媒介脳炎)に発症した佐藤厚子さん(61)宅=北斗市三ツ石=を訪問し、闘病体験を聴いた。

 15~17日に函館市内で開かれた学術団体「ダニと疾患のインターフェイスに関するセミナー(SADI)」の北海道・函館大会2018の疫学ツアーで佐藤さんを訪問。

 佐藤さんは37歳だった1993年に発症し、ウイルスが脳幹を直撃した後遺症で全身の随意神経がまひ。両手両足、首などに障害が残り、車いすの生活を続ける。98年に障害者らの親睦団体「ウイズ・ユー(前向きな障害者と仲間達)」を設立し、会長を務める。

 佐藤さんは訪問者の前で発症時の状況や現在の生活について説明。意識回復後のリハビリや検査については「ほとんどの検査は電気を使い苦痛だった。今後の予防、治療に役立ててほしいと検査を受けたが、その思いが現場の医師や看護師に理解されず屈辱的な思いをした」と振り返り、「患者にも尊重すべき尊厳がある」と訴えた。

 また、近年、道内で感染者が新たに確認され、死者が出たことについて、佐藤さんは「唯一の生存者として沈黙していた自分を責めた。今後、犠牲者が出ないよう対策を進めてほしい」とし、啓発・予防対策の推進を求めた。

 ダニ媒介脳炎は佐藤さんのほか、国内で2016年8月から今年5月まで4例(いずれも道内)が確認され、2人が死亡している。

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...