北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

7月27日に室民花火大会、フェリー就航記念し2200発【室蘭】

水上花火などが真夏の室蘭の夜空を彩る室蘭民報社納涼花火大会=写真は昨年

 第72回むろらん港まつり(むろらん港まつり実行委員会主催)は7月27日から29日に行われる。協賛室蘭民報社納涼花火大会(室蘭民報社、同実行委主催)の大枠が固まった。花火大会は初日の27日で、宮蘭フェリー就航に伴い、打ち上げ時間を昨年より30分繰り下げ午後8時半に、打ち上げ地点も昨年より室蘭港中央ふ頭寄りにそれぞれ変更する予定。

 今年は「祝宮古―室蘭フェリー就航」として開催。フェリーの出航時間が午後8時のため、安全確保する上で打ち上げ時間は同8時半を予定している。フェリーが港を出てから、危険がないことを確認してから準備に入る。同社は「フェリー就航後、初めての実施になるので、遅れる可能性もある」としている。

 打ち上げ地点は、中央ふ頭約170メートル付近の港内となる見通し。雨天時は29日に延期する。

 プログラムは3部構成で、早打ちやスターマイン、水上花火など、約2200発になる予定。2日に室蘭民報社本社で開かれる災害予防会議で最終確認を行い、観覧場所や交通規制などの詳細が決まる。

 むろらん港まつりでは、初日は花火大会のほか、開祭式を実施。2日目は総参加市民おどりや室蘭ねりこみが中島町を舞台に行われる。最終日はよさこいソーランinむろらん&胆振・千歳支部大会が中央町で実施される。3日間通して港ふれあい広場に大露店街が設けられる。

 駐車場の収容台数が昨年より減少する見込みのため、臨時バスや列車などの公共交通機関の利用を呼び掛けている。

関連記事

室蘭民報

21日に子どもが企画「ほたて一日カフェ」初開催【室蘭】

 合同会社黒田(黒田悠士代表社員)が運営する放課後等デイサービス「ほたて」(室蘭市崎守町)が21日正午から、「ほたて一日カフェ」を初開催する。利用する子どもたちが企画から提供まで行い、地域住民...

室蘭民報

今年のむろらんカルチャーナイトは10月5日開催【室蘭】

 むろらんカルチャーナイト2018(同実行委員会主催)が10月5日午後3時~同9時、室蘭市内の各施設で開かれる。同実行委では、施設開放や企画を実施できる団体や実行委員を募っている。  室蘭の...

室蘭民報

母恋神社祭りですずらん通りが夏のにぎわい【室蘭】

 室蘭・母恋神社祭りが17日から始まった。母恋北町と母恋南町を結ぶ通称・すずらん通りには100を超える露店が軒を連ね、夏を楽しむ市民らでにぎわった。  この日は宵宮祭。会場にはチョコバナナや...

室蘭民報

北海道命名150年「1周ライド」参加者が室蘭入り【室蘭、札幌】

 北海道命名150年に合わせて、道内約2400キロを22日間かけて自転車で巡る「北海道1周ライド」の参加者が、16日に室蘭入りした。室蘭を含む「第7区」の参加者28人は、市内で昼食を取るなど、...

室蘭民報

マリンパークで「イルカサーフィン」始まる【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は14日から、イルカショープールで夏バージョンのプログラム「イルカサーフィン」を始めた。  飼育員がバンドウイルカの背に乗り、波しぶきを上げ豪快にプ...