北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

著名人100人講義、11月に釧路でエンジン01

 文化人や芸術家、スポーツ選手などさまざまな分野で活躍する著名人が多彩なテーマで講義する「エンジン01(ゼロワン)in釧路」が11月2日~4日の3日間、釧路市内で開かれる。テーマに「あたらしくしろ。」を据え、100人を超える講師の登壇を予定している。大会実行委員会が26日に記者会見し、イベントの概要を明らかにした。

 同団体は2001年に設立。直木賞作家の林真理子氏が幹事長を務め、経済評論家の勝間和代さんや政治ジャーナリストの田勢康弘さんなど著名人約250人が会員登録をしている。イベントは、文化、芸術の振興や魅力的なまちづくりの実現が目的。開催は、昨年の大分県大分市などに続き17回目で、道内では初めて。

 日程は11月2日~4日の3日間。このうち、市民向けの講座は3日に釧路公立大学であり、文化や歴史、地方創生などについて講義する。参加費は1講座500円。学内では、中高生向けの無料職業講座「ハローワーク」も開設する。同日夜、市内飲食店で講師と参加者が触れ合う交流会「夜楽」も実施する。

 記者会見には、大会委員長の勝間さんや副委員長の林さん、市側から蝦名大也市長らが出席。披露したテーマスローガン「あたらしくしろ。」には歴史を大切にしつつも、新しい釧路を生み出していくという願いが込められている。また、北海道や釧路に特化し、地域振興や食文化、北方領土問題などに関する講座も盛り込む計画を示した。

 林さんは「釧路は文化的水準が高いまち。道内初開催は釧路以外に選択肢はなかった。みなさんと一緒に盛り上げていきたい」と強調。勝間さんは「全国に釧路をPRするにはにどういった変化が必要か、3日間かけて議論していきたい」と抱負を語った。プログラムの詳細発表とチケットの販売開始は8月下旬を予定している。

関連記事

函館新聞

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年【函館】

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。  同社の同路線は1978...

函館新聞

道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。  同道の駅は...

釧路新聞

羅臼こんぶフェスタ楽しむ

 羅臼町の誇り「羅臼昆布」をまるごと楽しむイベント「第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ」が20日、町本町旧国道通りを会場に始まり、大勢の来場者でにぎわいを見せた。異業種若手有志による実行委の主催。 ...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...