北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

直下型地震に備えて 東胆振、日高にも活断層

石狩低地東縁断層帯南部

 大阪府北部を襲った震度6弱の地震は、改めて直下型地震の恐ろしさを浮き彫りにした。東胆振・日高にも主要活断層帯「石狩低地東縁断層帯南部」があるが断層帯全体が活動した場合、マグニチュード(M)7.7以上の大地震が起きる可能性があり、道はその際に日胆地区で約4万人規模の避難者が出ると想定する。最新の全国地震動予測地図によると、苫小牧市内の一部地域では30年以内の震度6弱以上の地震発生確率が25%前後に上っており、市などは「日頃から地震に備えてほしい」と呼び掛けている。

 政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大教授)が26日に発表した、30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の分布を示した2018年版全国地震動予測地図。地図上で苫小牧市内を見ると、東部地区の勇払や東開町などが最も高い発生確率を示す、紫色でマーキングされたエリアに入っており、27%前後となっている。一方、苫小牧市役所周辺は8%前後と地域差がみられる。

 今月18日に大阪府北部で震度6弱を観測した地震は、浅い地下で起きた直下型の地震。地震研究推進本部(東京)は胆振、日高を走る同断層帯全体が万が一活動した場合、大阪北部地震のM6・1を上回るM7・7以上の地震が起きる可能性があると指摘する。

 同本部によると、千歳市から安平町、苫小牧市、厚真町を通り、日高沖合まで全長54キロ以上と推定される石狩低地東縁断層帯南部で、30年以内のM7・7以上の地震発生確率は0・2%。交通事故で死亡したり、火災で死傷する確率とほぼ同じというが、文部科学省の地震・防災研究課は「一見すると低い数値だが、ランクは上から2番目の『A』なので警戒が必要」と説く。

 道は石狩低地東縁断層帯南部を震源とする地震が起きた場合、避難者数は胆振、日高地方で3万8700人に上り、約1000人規模の死傷者が出ると予測。住宅など約7000棟の全半壊も想定する。

 苫小牧市は、地域防災計画で「隈根尻(くまねじり)上昇帯」と呼ばれる苫小牧港・西港入り口付近から同市美園町へと約15キロにわたって通る断層の存在も明記。仮に同断層を震源とする地震が発生すれば、最大で震度6強の揺れが想定され、市内だけで死者25人、負傷者398人、避難者数9410人の人的被害が出ると想定する。

 市危機管理室は「いつ大きな地震が起きても全くおかしくない。食料や水の準備、避難場所の把握など日頃からの備えをしてほしい」と呼び掛けている。

 18年版全国地震動予測地図はホームページで閲覧可能。各地の確率は、防災科学技術研究所がウェブサイト(http://www.j-shis.bosai.go.jp/map)で公開している。

 道内では、千島海溝沿いの地震が予想される釧路市や根室市などでの震度6弱以上の地震発生確率が70%前後と大幅に上昇。道外は南海トラフ巨大地震が懸念される太平洋岸で静岡市が70%、長大活断層が走る四国は高知市が75%、首都直下地震が心配される関東南部は千葉市が85%と最も高く、横浜市も82%などとなっている。

関連記事

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...

室蘭民報

楽天社員がネットショップで成功する戦略紹介【室蘭】

 日本政策金融公庫創立10周年記念セミナーwith室蘭商工会議所「ネットショップを成功に導く3つのポイント」が13日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれ、楽天(東京)の奥村宏也ヴァイスマネージャ...

室蘭民報

緑丘高1年生が会社経営の卒業生らに取材【伊達】

 伊達緑丘高校(桑井美彦校長)の1年生約140人が、インタビューの手法を用いて、まちの価値や魅力を形作っている人々の存在に迫るワークショップに臨んだ。社会の第一線で活躍する卒業生らに取材し、印...

室蘭民報

幌別川にハクチョウ飛来、水面をすいすい【登別】

 登別・胆振幌別川に今年も越冬でシベリアからハクチョウが飛来している。例年と同じ10月下旬から訪れており、市民らに本格的な冬の訪れを告げている。同河川では、オオハクチョウとコハクチョウが十数羽...