北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

直下型地震に備えて 東胆振、日高にも活断層

石狩低地東縁断層帯南部

 大阪府北部を襲った震度6弱の地震は、改めて直下型地震の恐ろしさを浮き彫りにした。東胆振・日高にも主要活断層帯「石狩低地東縁断層帯南部」があるが断層帯全体が活動した場合、マグニチュード(M)7.7以上の大地震が起きる可能性があり、道はその際に日胆地区で約4万人規模の避難者が出ると想定する。最新の全国地震動予測地図によると、苫小牧市内の一部地域では30年以内の震度6弱以上の地震発生確率が25%前後に上っており、市などは「日頃から地震に備えてほしい」と呼び掛けている。

 政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大教授)が26日に発表した、30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の分布を示した2018年版全国地震動予測地図。地図上で苫小牧市内を見ると、東部地区の勇払や東開町などが最も高い発生確率を示す、紫色でマーキングされたエリアに入っており、27%前後となっている。一方、苫小牧市役所周辺は8%前後と地域差がみられる。

 今月18日に大阪府北部で震度6弱を観測した地震は、浅い地下で起きた直下型の地震。地震研究推進本部(東京)は胆振、日高を走る同断層帯全体が万が一活動した場合、大阪北部地震のM6・1を上回るM7・7以上の地震が起きる可能性があると指摘する。

 同本部によると、千歳市から安平町、苫小牧市、厚真町を通り、日高沖合まで全長54キロ以上と推定される石狩低地東縁断層帯南部で、30年以内のM7・7以上の地震発生確率は0・2%。交通事故で死亡したり、火災で死傷する確率とほぼ同じというが、文部科学省の地震・防災研究課は「一見すると低い数値だが、ランクは上から2番目の『A』なので警戒が必要」と説く。

 道は石狩低地東縁断層帯南部を震源とする地震が起きた場合、避難者数は胆振、日高地方で3万8700人に上り、約1000人規模の死傷者が出ると予測。住宅など約7000棟の全半壊も想定する。

 苫小牧市は、地域防災計画で「隈根尻(くまねじり)上昇帯」と呼ばれる苫小牧港・西港入り口付近から同市美園町へと約15キロにわたって通る断層の存在も明記。仮に同断層を震源とする地震が発生すれば、最大で震度6強の揺れが想定され、市内だけで死者25人、負傷者398人、避難者数9410人の人的被害が出ると想定する。

 市危機管理室は「いつ大きな地震が起きても全くおかしくない。食料や水の準備、避難場所の把握など日頃からの備えをしてほしい」と呼び掛けている。

 18年版全国地震動予測地図はホームページで閲覧可能。各地の確率は、防災科学技術研究所がウェブサイト(http://www.j-shis.bosai.go.jp/map)で公開している。

 道内では、千島海溝沿いの地震が予想される釧路市や根室市などでの震度6弱以上の地震発生確率が70%前後と大幅に上昇。道外は南海トラフ巨大地震が懸念される太平洋岸で静岡市が70%、長大活断層が走る四国は高知市が75%、首都直下地震が心配される関東南部は千葉市が85%と最も高く、横浜市も82%などとなっている。

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...