北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

移動図書館車の新キャラ名など未就学児対象に募集【登別】

新キャラクター・クマのイラストを手に名前と塗り絵の募集を呼び掛ける図書館職員

 登別市移動図書館車「こぐま号」が2017年度(平成29年度)、リニューアルする。室蘭信用金庫(山田隆秀理事長)が創立100周年記念として、マイクロバス1台を寄贈する。リニューアルを記念して、「こぐま号」の新キャラクターの名前と塗り絵のコンテストを、市内未就学児を対象に行う。 移動図書館車は1975年(昭和50年)に運行開始。2000年に現在の車両に変更。毎週火―土曜日に市内60カ所以上を回り、本を借りたいニーズに応えてきた。16年度は223日運行して、2万冊以上を貸し出してきた。利用者数も実人数で8925人。図書館全体の利用者数の1~1・5割を占めるという。走行距離が13万キロを超え、経年劣化がある中で、節目を迎えた同金庫から25人乗り仕様のマイクロバスの提供を受けることになった。

 リニューアルに伴い、市と同金庫は記念事業を実施する。日本工学院北海道専門学校の学生がデザインした新キャラクター・クマの名前と塗り絵のコンテストを実施する。対象は市内在住の未就学児で400人限定。イラストが描かれた指定用紙(A4サイズ)に色を塗り、キャラクターの名前を記して申し込む。

 市内の幼稚園や保育所に用紙を配布するほか、同図書館と同金庫の市内7支店・出張所でも入手できる。応募先も同じ。優秀賞2人、努力賞3人には図書カード3千円分を贈る。参加賞として400人に12色入り色鉛筆とクリアファイル、ボールペンをプレゼントする。

 応募期間は7月4日~8月18日。定員になり次第締め切る。新しい車両は本年度内に運行予定で、贈呈式の際に上位入賞者への表彰も行う予定。応募作品の展示会も計画している。同金庫は「人口減少が続く中、若い人たちの定住が必要になる。行政と連携して地域の活性化に取り組みたい」としている。問い合わせは同金庫経営企画管理部、電話0143・44局3537番へ。

関連記事

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...

根室新聞

先人の功績知って―和田屯田記念館 16日まで開放

 道指定有形文化財の和田屯田兵村の被服庫を活用して、屯田兵の歴史を保存している「和田屯田記念館」=西和田568=の一般開放が13日から始まった。今年は状態が悪くなったため新しく印刷した歴代村長の写真...

日高報知新聞

四国の大洲市を支援

【えりも】町は、7月の西日本豪雨による河川氾濫や崖崩れなどで死亡・行方不明30人などの甚大な被害を受けた四国・愛媛県大洲市への義援金を募集している。  町と大洲市とは、平成5年にえりも凧の会(坂田...

日高報知新聞

盛況の浦河港まつり

 浦河町の「第56回浦河港まつり」(実行委主催)が11、12の両日、浦河町築地2の役場裏特設会場で行われた。町内外から2日間で2万人が来場し、夏のイベントを楽しんだ。  11日は曇り空で午前11時の出店ま...