北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

森―室蘭結ぶ航路今季第1船、道内ツアー客34人歓声【室蘭】

森蘭航路の出航前に熊舞を楽しむ東京からのツアー客

 森―室蘭を結ぶ森蘭航路の一般向けツアー今季第1船が24日、運航された。クラブツーリズム(本社東京)の道内ツアー客34人が室蘭港から乗船し航路の魅力を堪能。約1時間半の航海中には、カマイルカが一行を歓迎した。今季は約20回の運航を予定している。

 同航路は北海道新幹線×nittan地域戦略会議が2015年度(平成27年度)から推進しており、実証実験を経て、昨年初めて旅行会社が事業化した。通常は単なる都市間移動になるルートに、ウオッチングという観光要素を加えたのが売りだ。

 この日の室蘭の最高気温は22・7度(平年18・5度)と高く、海もべたなぎで最高の航海条件がそろった。東京から新幹線で22日に道内入りしたツアー客は、ニセコ、洞爺湖に宿泊し、この日朝に室蘭入り。乗船前には登別の伝統舞踊「熊舞」や、湯鬼神たちとの記念撮影を楽しみ気分を盛り上げた。

 横須賀から夫婦で訪れた三堀弘さん(74)は「新幹線に乗りたくてこのツアーを選びました。森蘭のイルカも目的の一つ。きょうは本当に見られるか楽しみ」と笑顔を見せた。

 セレモニー終了後、一行はスターマリンが運航する「ライジングドラゴン」(山田京香船長、16トン)に乗船し、室蘭市や室蘭観光協会の関係者に見送られながら出航。36キロの道中には、カマイルカ約80頭の群れが突如出現し、船内から歓声が上がった。

 見送りに駆け付けた青山剛市長は「安定運航の課題はあるが、航路が徐々に浸透してきた。現段階ではまだ一部補助を受けてのツアー運航ですが、将来的に採算ベースに乗ってくれれば」と定着に期待した。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...