北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

地球岬で鑑賞会で霞と灯台のコントラスト【室蘭】

満月は見られなかったもののライトアップされた灯台が幻想的だった鑑賞会=28日午後7時40分ごろ

 室蘭の市民有志でつくる「地球岬・満月の会」(池野貴章代表)主催の満月鑑賞会が28日夜、室蘭・地球岬灯台広場で開かれた。あいにくの曇り空で満月は見られなかったものの、ライトアップされた灯台が幻想的な雰囲気を醸し出し、市民らの目を楽しませていた。

 毎年夏や秋の満月の見ごろに合わせ鑑賞会を開催。室蘭海上保安部の協力で、午後5時から灯台広場が開放された。市民をはじめ道内外の観光客が足を運び、絶景を堪能。午後7時すぎの日の入り時刻には空が鮮やかなピンク色に染まった。

 すっかり日が落ちて暗くなると、カメラ愛好者たちが、ライトアップされた灯台や光の筋を撮影。室蘭写真研究会メンバーの鳥海政史さん(64)=市内水元町=は「普段は立ち入れない低い位置から撮影でき、臨場感が出た。霞(かすみ)がかった空に光りが走り、面白い写真が撮れた」と話していた。

 池野代表は「展望台から見るのとはまた違う光景が魅力的です。満月は拝めなかったが、気象条件によりさまざまな表情が見られ、期待を裏切らないですね」と笑顔を浮かべていた。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...