北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

イオン新室蘭店は現施設1・5倍以上の規模想定【室蘭】

老朽化しているイオン室蘭店。市場跡地への移転方針を決めている

位置関係と敷地面積

 室蘭市公設地方卸売市場跡地(日の出町)の企画提案型公募が7月中に始まるが、参加予定のイオン北海道(札幌市)が新室蘭店について、現施設の1・5倍以上の規模を想定していることが、29日分かった。注目の新業態・グローサラントも視野に入れる。物販に限らない地場テナントの誘致を進める。シネマの導入も検討していく方針だ。

 関係者が明らかにした。同社は室蘭店(1981年開店、敷地面積約2万2千平方メートル、店舗面積1万5千平方メートル)の老朽化を背景に、東中学校跡地への移転を検討したが断念し、市場跡地(7万5千平方メートル)への移転方針を決めている。

 東中跡地への移転検討段階では、施設規模を1・5倍弱の2万2千平方メートル、建設費100億円程度を見込んでいたが、市場跡地は東中跡地の2・4倍で多様な展開が可能なことから、さらに大型化する。

 導入を視野に入れる一つがグローサラントだ。グロサリー(食料品店)とレストランの要素が合わさった業界注目の業態。小売りと外食の融合が特徴で、マルシェ(市場)のような雰囲気の中にテーブルや椅子を配置し、シェフが出来たての料理を提供する。

 また、物販にこだわらず、地元のテナント誘致を積極的に進めていく方針。公設地方卸売市場はイタンキ地区に移転するが、行政とも連携しながら、市場で取り扱う地場食材を紹介するコーナーの店内設置も目指していく。

 跡地活用の公募では、地域貢献策なども重要になるとみられるが、地場テナントとの共存に加え、店舗を使った地域コミュニティーの形成も意識している。全国の店舗では健康イベントなどが盛んで、高齢者や子育てを切り口にした集いの場機能にも意欲を見せる。

 店舗展開の詳細は、今後の需要調査などを経て詰めていくことになるが、地域の要望や意見を聞きながらシネマの導入などについても可能性を探っていく。

関連記事

室蘭民報

徘徊の夫捜索にご近所さんの温かさに感謝【室蘭】

 「主人が助かったのは、周りの方のおかげ。本当にありがたいです」。室蘭市港北町に住む佐藤友子さん(68)は感謝する。友子さんのご主人、薫さん(81)が徘徊(はいかい)してまち中で動けなくなった...

室蘭民報

国体IH道代表に新日鉄住金から2人【室蘭】

 第74回国体冬季大会のアイスホッケー競技(30日から釧路市)の北海道代表に、新日鉄住金室蘭アイスホッケー部の村上亮(27)=日鉄住金テックスエンジ(左)、横山恭也(24)=幌清=が選ばれた。...

室蘭民報

マリンパークでオオアナコンダ脱皮殻のお守りで合格祈願【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町、須川英治支配人)は、知恵の象徴とされる動物のヘビにかけて、飼育するオオアナコンダの脱皮殻で作った合格祈願のお守りを販売している。種類はカードサイズラミ...

室蘭民報

道南バスが4月に市内西部中心に39便減便方針【苫小牧】

 苫小牧市公共交通協議会(会長・下多村光弘苫小牧高専教授)が22日、市役所で開かれ、市内で路線バスを運行する道南バスは4月1日のダイヤ改正で西部地域を中心とした12路線、39便を減便する方針を...

室蘭民報

登別・青葉小児童がタラコのパック詰め体験【白老】

 登別市青葉小学校(工藤信司校長)の4年生49人が22日、白老町虎杖浜の竹丸渋谷水産(渋谷敏幸代表取締役)を訪れ、タラコのパック詰めを体験した。  総合学習「もっと知りたい北海道」の一環。子...