北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

イオン新室蘭店は現施設1・5倍以上の規模想定【室蘭】

老朽化しているイオン室蘭店。市場跡地への移転方針を決めている

位置関係と敷地面積

 室蘭市公設地方卸売市場跡地(日の出町)の企画提案型公募が7月中に始まるが、参加予定のイオン北海道(札幌市)が新室蘭店について、現施設の1・5倍以上の規模を想定していることが、29日分かった。注目の新業態・グローサラントも視野に入れる。物販に限らない地場テナントの誘致を進める。シネマの導入も検討していく方針だ。

 関係者が明らかにした。同社は室蘭店(1981年開店、敷地面積約2万2千平方メートル、店舗面積1万5千平方メートル)の老朽化を背景に、東中学校跡地への移転を検討したが断念し、市場跡地(7万5千平方メートル)への移転方針を決めている。

 東中跡地への移転検討段階では、施設規模を1・5倍弱の2万2千平方メートル、建設費100億円程度を見込んでいたが、市場跡地は東中跡地の2・4倍で多様な展開が可能なことから、さらに大型化する。

 導入を視野に入れる一つがグローサラントだ。グロサリー(食料品店)とレストランの要素が合わさった業界注目の業態。小売りと外食の融合が特徴で、マルシェ(市場)のような雰囲気の中にテーブルや椅子を配置し、シェフが出来たての料理を提供する。

 また、物販にこだわらず、地元のテナント誘致を積極的に進めていく方針。公設地方卸売市場はイタンキ地区に移転するが、行政とも連携しながら、市場で取り扱う地場食材を紹介するコーナーの店内設置も目指していく。

 跡地活用の公募では、地域貢献策なども重要になるとみられるが、地場テナントとの共存に加え、店舗を使った地域コミュニティーの形成も意識している。全国の店舗では健康イベントなどが盛んで、高齢者や子育てを切り口にした集いの場機能にも意欲を見せる。

 店舗展開の詳細は、今後の需要調査などを経て詰めていくことになるが、地域の要望や意見を聞きながらシネマの導入などについても可能性を探っていく。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...