北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

イオン新室蘭店は現施設1・5倍以上の規模想定【室蘭】

老朽化しているイオン室蘭店。市場跡地への移転方針を決めている

位置関係と敷地面積

 室蘭市公設地方卸売市場跡地(日の出町)の企画提案型公募が7月中に始まるが、参加予定のイオン北海道(札幌市)が新室蘭店について、現施設の1・5倍以上の規模を想定していることが、29日分かった。注目の新業態・グローサラントも視野に入れる。物販に限らない地場テナントの誘致を進める。シネマの導入も検討していく方針だ。

 関係者が明らかにした。同社は室蘭店(1981年開店、敷地面積約2万2千平方メートル、店舗面積1万5千平方メートル)の老朽化を背景に、東中学校跡地への移転を検討したが断念し、市場跡地(7万5千平方メートル)への移転方針を決めている。

 東中跡地への移転検討段階では、施設規模を1・5倍弱の2万2千平方メートル、建設費100億円程度を見込んでいたが、市場跡地は東中跡地の2・4倍で多様な展開が可能なことから、さらに大型化する。

 導入を視野に入れる一つがグローサラントだ。グロサリー(食料品店)とレストランの要素が合わさった業界注目の業態。小売りと外食の融合が特徴で、マルシェ(市場)のような雰囲気の中にテーブルや椅子を配置し、シェフが出来たての料理を提供する。

 また、物販にこだわらず、地元のテナント誘致を積極的に進めていく方針。公設地方卸売市場はイタンキ地区に移転するが、行政とも連携しながら、市場で取り扱う地場食材を紹介するコーナーの店内設置も目指していく。

 跡地活用の公募では、地域貢献策なども重要になるとみられるが、地場テナントとの共存に加え、店舗を使った地域コミュニティーの形成も意識している。全国の店舗では健康イベントなどが盛んで、高齢者や子育てを切り口にした集いの場機能にも意欲を見せる。

 店舗展開の詳細は、今後の需要調査などを経て詰めていくことになるが、地域の要望や意見を聞きながらシネマの導入などについても可能性を探っていく。

関連記事

函館新聞

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年【函館】

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。  同社の同路線は1978...

函館新聞

道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。  同道の駅は...

釧路新聞

羅臼こんぶフェスタ楽しむ

 羅臼町の誇り「羅臼昆布」をまるごと楽しむイベント「第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ」が20日、町本町旧国道通りを会場に始まり、大勢の来場者でにぎわいを見せた。異業種若手有志による実行委の主催。 ...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...