北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

宮蘭フェリー第1便ツアー好評、各社が新企画準備進む【室蘭】

宮蘭フェリー就航第1便のツアーが好評で、新たな企画の準備も進んでいる=23日午前、室蘭・地球岬を訪れた宮古発ツアー一行

 室蘭港と岩手県宮古港を結ぶ川崎近海汽船(東京)のフェリー・シルバークィーンの22日就航から1週間。就航を記念して旅行会社が企画した宮古発、室蘭発のツアーはともに好評だ。これを弾みに新たなツアー造成の準備も進み、各社は夏休みや秋に向けた需要増に期待を込めている。

三陸に手応え

 栗林航空サービス(室蘭)は、室蘭発第1便に乗り三陸観光を満喫する3日間、4日間のツアーを発売。定員40人がいずれもほぼ埋まって好評だったという。田辺竜一所長は「日程に余裕があって遠野も巡る4日間の満足度が特に高く、手応えを感じる。9月には新たな三陸ツアーも準備中で、複数検討している」と語る。

 北海ツーリスト(伊達)も22、27の両日出発で浄土ヶ浜や田老地区、龍泉洞などを回る3日間のツアーを実施し、ともにほぼ満員。9月26日出発で宮古に宿泊する三陸方面のツアーや、10月に平泉の紅葉を観賞する商品も計画している。

 道南バス(室蘭)は就航当日、リアス観光(宮古)のツアーなどに配車した。7月3~5日は道南バスが企画し、岩手県北バスと連携する「三陸探訪ツアー」も予定する。担当者は「秋に宮古で紅葉を楽しむ商品も企画したい」と話している。

 一方、宮古発第1便に乗って西胆振を巡るツアーを実施した岩手県北観光(盛岡)。当日は45人が参加して登別、昭和新山などを訪ね、室蘭でカレーラーメンを味わった。同社宮古支店の坂下光明営業参与は「参加者は第1便乗船が第一の目的だったようだが、到着してみるとのぼりべつクマ牧場や登別温泉が人気だった。10月の白鳥大橋マラソン・ウオークにちなんだツアーも検討したい」と好感触だ。

 道外の別の旅行代理店からは「やきとりの持ち帰りの充実など、室蘭の飲食店にはもう少し柔軟になってほしい」「ホテルによって接客応対に差があった」との指摘もあった。

旅行利用期待

 第1便で室蘭を訪れた宮古ロータリークラブ(RC)の寺崎勉会長は、岩手とつながりがある南部陣屋跡が印象的で「150年前の息吹を感じることができ、南部藩の人間として誇りを感じた。展示施設の説明スタッフの、丁寧で熱心な案内も良かった」と評価し、今後の修学旅行や社員旅行での利用に期待していた。

関連記事

函館新聞

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年【函館】

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。  同社の同路線は1978...

函館新聞

道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。  同道の駅は...

釧路新聞

羅臼こんぶフェスタ楽しむ

 羅臼町の誇り「羅臼昆布」をまるごと楽しむイベント「第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ」が20日、町本町旧国道通りを会場に始まり、大勢の来場者でにぎわいを見せた。異業種若手有志による実行委の主催。 ...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...