北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

宮蘭フェリー第1便ツアー好評、各社が新企画準備進む【室蘭】

宮蘭フェリー就航第1便のツアーが好評で、新たな企画の準備も進んでいる=23日午前、室蘭・地球岬を訪れた宮古発ツアー一行

 室蘭港と岩手県宮古港を結ぶ川崎近海汽船(東京)のフェリー・シルバークィーンの22日就航から1週間。就航を記念して旅行会社が企画した宮古発、室蘭発のツアーはともに好評だ。これを弾みに新たなツアー造成の準備も進み、各社は夏休みや秋に向けた需要増に期待を込めている。

三陸に手応え

 栗林航空サービス(室蘭)は、室蘭発第1便に乗り三陸観光を満喫する3日間、4日間のツアーを発売。定員40人がいずれもほぼ埋まって好評だったという。田辺竜一所長は「日程に余裕があって遠野も巡る4日間の満足度が特に高く、手応えを感じる。9月には新たな三陸ツアーも準備中で、複数検討している」と語る。

 北海ツーリスト(伊達)も22、27の両日出発で浄土ヶ浜や田老地区、龍泉洞などを回る3日間のツアーを実施し、ともにほぼ満員。9月26日出発で宮古に宿泊する三陸方面のツアーや、10月に平泉の紅葉を観賞する商品も計画している。

 道南バス(室蘭)は就航当日、リアス観光(宮古)のツアーなどに配車した。7月3~5日は道南バスが企画し、岩手県北バスと連携する「三陸探訪ツアー」も予定する。担当者は「秋に宮古で紅葉を楽しむ商品も企画したい」と話している。

 一方、宮古発第1便に乗って西胆振を巡るツアーを実施した岩手県北観光(盛岡)。当日は45人が参加して登別、昭和新山などを訪ね、室蘭でカレーラーメンを味わった。同社宮古支店の坂下光明営業参与は「参加者は第1便乗船が第一の目的だったようだが、到着してみるとのぼりべつクマ牧場や登別温泉が人気だった。10月の白鳥大橋マラソン・ウオークにちなんだツアーも検討したい」と好感触だ。

 道外の別の旅行代理店からは「やきとりの持ち帰りの充実など、室蘭の飲食店にはもう少し柔軟になってほしい」「ホテルによって接客応対に差があった」との指摘もあった。

旅行利用期待

 第1便で室蘭を訪れた宮古ロータリークラブ(RC)の寺崎勉会長は、岩手とつながりがある南部陣屋跡が印象的で「150年前の息吹を感じることができ、南部藩の人間として誇りを感じた。展示施設の説明スタッフの、丁寧で熱心な案内も良かった」と評価し、今後の修学旅行や社員旅行での利用に期待していた。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...