北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

元協力隊員 金子さん 地域商社立ち上げ【鹿追】

 元町地域おこし協力隊員の金子孝伸さん(49)が、町北5線で地域商社「トラムファブリック」を立ち上げた。地域資源に富む鹿追町の食や観光、アウトドア体験などをパッケージ化し、首都圏などをターゲットに売り込みを図る。

「鹿追を全国に売り込みたい」と話す金子さん

 金子さんは留萌管内羽幌町生まれ、北海学園北見大学(現北海商科大学)卒。大丸藤井(現大丸、札幌)を2015年に退社し、今春まで町地域おこし協力隊員として3年間勤務。道の駅しかおいと併設する施設で、町の観光案内やPRなどを担当した。

 来町者と接する中で「相手が求めるものを、納得いくきめ細かな対応で応えたい」と考え、起業することに決めた。

 会社名はドイツ語で「夢を紡ぐ小さな工房」を意味する。初仕事は町が東京都台東区に出店するアンテナショップの受託事業で、5月24日から今月12日まで浅草千束通り商店街の「ふるさと交流ショップ台東」で、無添加パンやソーセージ、ヨーグルトなどの特産品を販売し、期間中は1000人が来場した。都内のふるさと納税の寄付者にジャガイモなどもプレゼントした。

 台東区を皮切りにエリアを広げ、今後は鹿追産品の販路拡大を目指す。

 金子さんは「情報過多の時代だからこそ、本物を望む都会の需要の掘り起こしを図り、地元鹿追町が元気になるような、橋渡しをしていきたい」と抱負を語る。

 事業に関する問い合わせは金子さん(080・3230・6891)へ。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...