北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「支笏湖チップ」地域団体商標へ 千歳市と支笏湖漁協

ブランド名が「支笏湖チップ」に決まった支笏湖産ヒメマス

 支笏湖漁協は、特許庁に出願する支笏湖産ヒメマスの地域団体商標の名称を「支笏湖チップ」にした。登録に向けて千歳市とともに準備を進め、28日に支笏湖市民センターで開いた総会で決めた。今後は観光案内で魚種を説明するパンフレットなどで名称を使い、積極的にブランド化につなげる考えだ。

 地域団体商標は、地域の農水産物などのブランド化を目的に、地域名と商品名を組み合わせた名称を一定の条件で商標登録することを可能にした特許庁の制度。商標権の保護で信用の向上や訴求力の増大などが期待できる。全国には「江戸切子」「神戸ビーフ」、道内では「苫小牧産ほっき」「鵡川ししゃも」がある。

 アイヌ語で「薄い魚」を意味する「カバチェッポ」から「チップ」と呼ばれるヒメマス。千歳では市と漁協が、出願のための名称を決定するため協議を進めてきた。観光資源の一つとして位置付けるヒメマスをブランド化し、広く発信する狙いだ。

 同漁協の白石一人事務局長は「チップは支笏湖地域の住民には思い入れのある名前。『支笏湖チップ』を広めながら、(ヒメマスを売りにする)他地域との差別化が図れたら」としている。今後は必要な手続きを経て8月以降に特許庁に出願する。登録された場合、商標を効果的に活用するPR活動展開を想定している。

 総会ではこのほか、漁場の水質と資源量を見極めながらのふ化増殖、採卵後の親魚を活用した6次産業化の促進といった事業を決めた。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...