北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「支笏湖チップ」地域団体商標へ 千歳市と支笏湖漁協

ブランド名が「支笏湖チップ」に決まった支笏湖産ヒメマス

 支笏湖漁協は、特許庁に出願する支笏湖産ヒメマスの地域団体商標の名称を「支笏湖チップ」にした。登録に向けて千歳市とともに準備を進め、28日に支笏湖市民センターで開いた総会で決めた。今後は観光案内で魚種を説明するパンフレットなどで名称を使い、積極的にブランド化につなげる考えだ。

 地域団体商標は、地域の農水産物などのブランド化を目的に、地域名と商品名を組み合わせた名称を一定の条件で商標登録することを可能にした特許庁の制度。商標権の保護で信用の向上や訴求力の増大などが期待できる。全国には「江戸切子」「神戸ビーフ」、道内では「苫小牧産ほっき」「鵡川ししゃも」がある。

 アイヌ語で「薄い魚」を意味する「カバチェッポ」から「チップ」と呼ばれるヒメマス。千歳では市と漁協が、出願のための名称を決定するため協議を進めてきた。観光資源の一つとして位置付けるヒメマスをブランド化し、広く発信する狙いだ。

 同漁協の白石一人事務局長は「チップは支笏湖地域の住民には思い入れのある名前。『支笏湖チップ』を広めながら、(ヒメマスを売りにする)他地域との差別化が図れたら」としている。今後は必要な手続きを経て8月以降に特許庁に出願する。登録された場合、商標を効果的に活用するPR活動展開を想定している。

 総会ではこのほか、漁場の水質と資源量を見極めながらのふ化増殖、採卵後の親魚を活用した6次産業化の促進といった事業を決めた。

関連記事

函館新聞

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年【函館】

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。  同社の同路線は1978...

函館新聞

道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。  同道の駅は...

釧路新聞

羅臼こんぶフェスタ楽しむ

 羅臼町の誇り「羅臼昆布」をまるごと楽しむイベント「第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ」が20日、町本町旧国道通りを会場に始まり、大勢の来場者でにぎわいを見せた。異業種若手有志による実行委の主催。 ...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...