北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「支笏湖チップ」地域団体商標へ 千歳市と支笏湖漁協

ブランド名が「支笏湖チップ」に決まった支笏湖産ヒメマス

 支笏湖漁協は、特許庁に出願する支笏湖産ヒメマスの地域団体商標の名称を「支笏湖チップ」にした。登録に向けて千歳市とともに準備を進め、28日に支笏湖市民センターで開いた総会で決めた。今後は観光案内で魚種を説明するパンフレットなどで名称を使い、積極的にブランド化につなげる考えだ。

 地域団体商標は、地域の農水産物などのブランド化を目的に、地域名と商品名を組み合わせた名称を一定の条件で商標登録することを可能にした特許庁の制度。商標権の保護で信用の向上や訴求力の増大などが期待できる。全国には「江戸切子」「神戸ビーフ」、道内では「苫小牧産ほっき」「鵡川ししゃも」がある。

 アイヌ語で「薄い魚」を意味する「カバチェッポ」から「チップ」と呼ばれるヒメマス。千歳では市と漁協が、出願のための名称を決定するため協議を進めてきた。観光資源の一つとして位置付けるヒメマスをブランド化し、広く発信する狙いだ。

 同漁協の白石一人事務局長は「チップは支笏湖地域の住民には思い入れのある名前。『支笏湖チップ』を広めながら、(ヒメマスを売りにする)他地域との差別化が図れたら」としている。今後は必要な手続きを経て8月以降に特許庁に出願する。登録された場合、商標を効果的に活用するPR活動展開を想定している。

 総会ではこのほか、漁場の水質と資源量を見極めながらのふ化増殖、採卵後の親魚を活用した6次産業化の促進といった事業を決めた。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...