北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ダンスと歌で熱演【新ひだか】

【新ひだか】町の劇団POP(高木律子代表)のミュージカル「夢 rise up」が24日、町総合町民センターはまなすで開かれ、会場に詰め掛けた約300人の観客が子どもたちのダンスや演技に大きな拍手を送った。

 POP(ポップ)は札幌や苫小牧でダンス教室を主宰してきた高木さんが、「子どもたちに舞台で演技する機会を」と2年前に立ち上げ、現在は町内小中学生13人が所属し、ダンスを中心に基本的な演技などを学んできた。

 初の単独公演となる今回の舞台は、演出を高木さん、脚本を高静小教諭の小野寺勤さんが手掛け、団員のほか、高校生や高木さんら大人も含めて計21人が出演。静内合唱団ブリューテ、よさこいチームも特別出演で舞台上を盛り上げた。

 ミュージカルは、小学生5年生の舞が聴覚障がいを持つ妹・雅の耳を治すという夢を持ちながら「自分の夢は叶いそうにない」と、悩む心境をダンスや歌を交えながら丁寧に表現。悩む舞を友達や家族が励まし、ある出来事を経て、自分のやりたい夢に向かって突き進む決意をする―という内容。

 子どもたちは開演から約1時間にわたり、さまざまな衣装で演技はもちろん、ダンスに歌にと舞台をところ狭しと駆け回り、観客から大きな拍手が送られた。

 主人公の舞を演じ、難しい役を見事に演じきった福田七海さん(高静小4年)は「めっちゃ緊張したけど、最後のセリフがうまくいったので100点です。次の舞台は主人公を支える役をやってみたい」、高木さんは「どん帳が上がった瞬間、これまでのことを思い出して涙が出てきた。子どもたちはどんどん上手になっていったし、今日は舞台上でいつもと違う自分を感じてもらえたと思う」とそれぞれ話していた。

観客の拍手に応える出演者たち。中央は主演の福田さん、左は高木さん、右は小野寺さん

関連記事

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...

日高報知新聞

泥まみれでバイク疾走【日高】

【日高】自然の中に設定されコースでオフロードバイクの技術と耐久性を競う「ヒダカツーデイズエンデューロ」(実行委員会主催)が15、16の両日、沙流川温泉日高高原荘(富岡)を出発点に、林道などの特設コース...

苫小牧民報

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...

苫小牧民報

小此木防災担当相ら政府調査団が被災地視察

 小此木八郎防災担当相を団長とする政府調査団が19日、胆振東部地震で被害の大きかった安平町と厚真町、むかわ町、札幌市を視察し、被災状況を確認した。  安平町では、校舎内に亀裂が入った早来中学校...

苫小牧民報

苫東厚真1号機が再稼働 節電要請を解除「安定的な運転可能に」

 北海道電力は19日、胆振東部地震の影響で損傷し、緊急停止している苫東厚真火力発電所(厚真町、総出力165万キロワット)の全3基のうち、1号機(35万キロワット)が同日午前9時に復旧し再稼働を開...