北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ダンスと歌で熱演【新ひだか】

【新ひだか】町の劇団POP(高木律子代表)のミュージカル「夢 rise up」が24日、町総合町民センターはまなすで開かれ、会場に詰め掛けた約300人の観客が子どもたちのダンスや演技に大きな拍手を送った。

 POP(ポップ)は札幌や苫小牧でダンス教室を主宰してきた高木さんが、「子どもたちに舞台で演技する機会を」と2年前に立ち上げ、現在は町内小中学生13人が所属し、ダンスを中心に基本的な演技などを学んできた。

 初の単独公演となる今回の舞台は、演出を高木さん、脚本を高静小教諭の小野寺勤さんが手掛け、団員のほか、高校生や高木さんら大人も含めて計21人が出演。静内合唱団ブリューテ、よさこいチームも特別出演で舞台上を盛り上げた。

 ミュージカルは、小学生5年生の舞が聴覚障がいを持つ妹・雅の耳を治すという夢を持ちながら「自分の夢は叶いそうにない」と、悩む心境をダンスや歌を交えながら丁寧に表現。悩む舞を友達や家族が励まし、ある出来事を経て、自分のやりたい夢に向かって突き進む決意をする―という内容。

 子どもたちは開演から約1時間にわたり、さまざまな衣装で演技はもちろん、ダンスに歌にと舞台をところ狭しと駆け回り、観客から大きな拍手が送られた。

 主人公の舞を演じ、難しい役を見事に演じきった福田七海さん(高静小4年)は「めっちゃ緊張したけど、最後のセリフがうまくいったので100点です。次の舞台は主人公を支える役をやってみたい」、高木さんは「どん帳が上がった瞬間、これまでのことを思い出して涙が出てきた。子どもたちはどんどん上手になっていったし、今日は舞台上でいつもと違う自分を感じてもらえたと思う」とそれぞれ話していた。

観客の拍手に応える出演者たち。中央は主演の福田さん、左は高木さん、右は小野寺さん

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...