北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ダンスと歌で熱演【新ひだか】

【新ひだか】町の劇団POP(高木律子代表)のミュージカル「夢 rise up」が24日、町総合町民センターはまなすで開かれ、会場に詰め掛けた約300人の観客が子どもたちのダンスや演技に大きな拍手を送った。

 POP(ポップ)は札幌や苫小牧でダンス教室を主宰してきた高木さんが、「子どもたちに舞台で演技する機会を」と2年前に立ち上げ、現在は町内小中学生13人が所属し、ダンスを中心に基本的な演技などを学んできた。

 初の単独公演となる今回の舞台は、演出を高木さん、脚本を高静小教諭の小野寺勤さんが手掛け、団員のほか、高校生や高木さんら大人も含めて計21人が出演。静内合唱団ブリューテ、よさこいチームも特別出演で舞台上を盛り上げた。

 ミュージカルは、小学生5年生の舞が聴覚障がいを持つ妹・雅の耳を治すという夢を持ちながら「自分の夢は叶いそうにない」と、悩む心境をダンスや歌を交えながら丁寧に表現。悩む舞を友達や家族が励まし、ある出来事を経て、自分のやりたい夢に向かって突き進む決意をする―という内容。

 子どもたちは開演から約1時間にわたり、さまざまな衣装で演技はもちろん、ダンスに歌にと舞台をところ狭しと駆け回り、観客から大きな拍手が送られた。

 主人公の舞を演じ、難しい役を見事に演じきった福田七海さん(高静小4年)は「めっちゃ緊張したけど、最後のセリフがうまくいったので100点です。次の舞台は主人公を支える役をやってみたい」、高木さんは「どん帳が上がった瞬間、これまでのことを思い出して涙が出てきた。子どもたちはどんどん上手になっていったし、今日は舞台上でいつもと違う自分を感じてもらえたと思う」とそれぞれ話していた。

観客の拍手に応える出演者たち。中央は主演の福田さん、左は高木さん、右は小野寺さん

関連記事

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...

苫小牧民報

ウガンダ軍の工兵対象に技能指導 国連PKO支援部隊で現地へ-新千歳

 国連平和維持活動(PKO)支援部隊早期展開プロジェクトに参加するため、陸上自衛隊からアフリカのウガンダに赴く教官団の見送り行事が16日、新千歳空港国内線ターミナルビル内で行われた。陸自第3施設...

苫小牧民報

山線資料見つかる 詩人の故斉藤征義さん蔵書

 年内の開館に向けて蔵書整理が進む苫小牧市王子町1の「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」設立準備室で、王子軽便鉄道(通称・山線)に関する資料約300点が見つかった。列車の設計図や地図、写真などで、...