北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

チャシ跡群ガイド養成講座開く 10人が「トコロジスト」に【根室】

ノツカマフチャシ跡で実習する受講生ら

 根室の自然や歴史を案内する市民ガイド「ねむろトコロジストの会」(船山岩雄会長)による史跡(チャシ跡群)ガイド養成実践講座が、6月30、1日の2日間で開かれ、10人がチャシ跡群に関わる歴史とアイヌ民族の生活などに理解を深め、フィールドで実際のガイドの仕方などを実習した。2日間の講座を修了した10人は新たに会に仲間入りし、先輩会員に同行して実地経験を積み、トコロジストとして活動していく。

 「ねむろトコロジストの会」は、市観光協会が平成23年に初めて開いた養成講座の修了生で発足。同年10月から活動(有償ボランティア)を開始して八年目。当初は春国岱周辺の豊かな自然の案内から出発したが、地元市民による親しみやすいガイドに好感が持たれ、徐々に依頼が増加。国指定史跡「根室半島チャシ跡群」が「日本の百名城」の一つに選定されると、チャシ跡巡りの案内役にも引っ張りだこになった。

 チャシ跡は、アイヌの祭祀や集会、戦いの砦など多目的に利用されたものと推定されているが詳細は分かっていない。道内に約500カ所の存在が確認されているが、根室市には32カ所もあり、保存状態が良いことや分布密度が濃いことなどから、考古学上の重要な遺跡として、昭和58年に「根室半島チャシ跡群」として21か所まとめて国指定史跡となった。同59年に3カ所追加され、現在24カ所が指定されている。

 講座は、1日目に市歴史と自然の資料館で猪熊樹人学芸主査からアイヌ民族の生活と歴史や、根室半島チャシ跡群などについて学習。2日目はチャシ跡群の中でも主要な見学ポイントとなっているノツカマフ1号・2号チャシ跡とヲンネモトチャシ跡を訪れ、先輩トコロジストがガイドの手本を示した。

 車を降りてチャシ跡まで歩く間に、景色や足元の植物などを紹介して観光客の興味を引き付けたり、チャシの特徴や意味などを分かりやすく説明する仕方などを示した。この日は小雨がぱらつくあいにく視界の悪い天候になったが、ノツカマフチャシ跡では「百名城の中でも、視界の中に人工物の入らない景色が見られるのは、おそらくここだけ。かつてここに暮らしたアイヌ民族と同じ景色を見ているかもしれないと分かると、観光客の興味も増す」と、先輩トコロジストが観光客の関心を引き付けるガイドポイントを伝授した。

関連記事

根室新聞

北方領土の集い開く 青年会議所の「イキモノ図鑑」も披露【根室】

 道北方領土対策根室地域本部(大内隆寛本部長=根振興局長)による若年層向けの啓発イベント「2019北方領土の集い」が16日、道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれ、休日の親子連れが遊びを通じて北...

根室新聞

自主防災組織 6割が市の助成制度活用【根室】

 災害時に地域社会で助け合う「共助」の役割を果たす自主防災組織。根室市では平成25年度から活動補助制度を創設し、組織化と活発な活動を促している。現在、市内113町会のうち、77自主防災組織が結成されて...

根室新聞

「返還まで粘り強く」多楽会が総会・敬老会【根室】

 歯舞群島・多楽島の元島民や後継者で組織している多楽会(河田弘登志会長)は17日、根室グランドホテルで平成31年度総会を開いた。約70人が参加し、一日も早いふるさとの返還実現に向けて、力を合わせて運...

日高報知新聞

灼熱のひだか冬グルメ

 日高管内の6温泉・入浴宿泊施設でつくる「ひだか元気グルメ研究会」(会長・三国昭博アポイ山荘支配人)は、9日から4月21日まで冬の旬グルメとして熱々メニューの「灼熱のひだか冬グルメ」を9施設・店...

日高報知新聞

「インティは強い馬」【浦河】

 今年の中央競馬GⅠ初レースとなったフェブラリーステークスで、破竹の7連勝でGI初制覇を果たしたインティ(牡5歳)。同馬を生産した浦河町野深の山下恭茂牧場にとってもGI勝利は初めての快挙だ。同日...