北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

チャシ跡群ガイド養成講座開く 10人が「トコロジスト」に【根室】

ノツカマフチャシ跡で実習する受講生ら

 根室の自然や歴史を案内する市民ガイド「ねむろトコロジストの会」(船山岩雄会長)による史跡(チャシ跡群)ガイド養成実践講座が、6月30、1日の2日間で開かれ、10人がチャシ跡群に関わる歴史とアイヌ民族の生活などに理解を深め、フィールドで実際のガイドの仕方などを実習した。2日間の講座を修了した10人は新たに会に仲間入りし、先輩会員に同行して実地経験を積み、トコロジストとして活動していく。

 「ねむろトコロジストの会」は、市観光協会が平成23年に初めて開いた養成講座の修了生で発足。同年10月から活動(有償ボランティア)を開始して八年目。当初は春国岱周辺の豊かな自然の案内から出発したが、地元市民による親しみやすいガイドに好感が持たれ、徐々に依頼が増加。国指定史跡「根室半島チャシ跡群」が「日本の百名城」の一つに選定されると、チャシ跡巡りの案内役にも引っ張りだこになった。

 チャシ跡は、アイヌの祭祀や集会、戦いの砦など多目的に利用されたものと推定されているが詳細は分かっていない。道内に約500カ所の存在が確認されているが、根室市には32カ所もあり、保存状態が良いことや分布密度が濃いことなどから、考古学上の重要な遺跡として、昭和58年に「根室半島チャシ跡群」として21か所まとめて国指定史跡となった。同59年に3カ所追加され、現在24カ所が指定されている。

 講座は、1日目に市歴史と自然の資料館で猪熊樹人学芸主査からアイヌ民族の生活と歴史や、根室半島チャシ跡群などについて学習。2日目はチャシ跡群の中でも主要な見学ポイントとなっているノツカマフ1号・2号チャシ跡とヲンネモトチャシ跡を訪れ、先輩トコロジストがガイドの手本を示した。

 車を降りてチャシ跡まで歩く間に、景色や足元の植物などを紹介して観光客の興味を引き付けたり、チャシの特徴や意味などを分かりやすく説明する仕方などを示した。この日は小雨がぱらつくあいにく視界の悪い天候になったが、ノツカマフチャシ跡では「百名城の中でも、視界の中に人工物の入らない景色が見られるのは、おそらくここだけ。かつてここに暮らしたアイヌ民族と同じ景色を見ているかもしれないと分かると、観光客の興味も増す」と、先輩トコロジストが観光客の関心を引き付けるガイドポイントを伝授した。

関連記事

函館新聞

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年【函館】

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。  同社の同路線は1978...

函館新聞

道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。  同道の駅は...

釧路新聞

羅臼こんぶフェスタ楽しむ

 羅臼町の誇り「羅臼昆布」をまるごと楽しむイベント「第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ」が20日、町本町旧国道通りを会場に始まり、大勢の来場者でにぎわいを見せた。異業種若手有志による実行委の主催。 ...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...