北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

小惑星ファエトン観測・日本で唯一、名寄で実現

小惑星ファエトンの高い偏光度を可視化した説明図=国立天文台提供=

 なよろ市立天文台(村上恭彦台長)業務係長の内藤博之さんが2日に会見し、ふたご座流星群の母天体となっている「小惑星ファエトン」の名寄での観測を通じ、他の太陽系天体と比較し、偏光度が非常に高いという研究成果を報告した。これは国立天文台などで構成される国際研究チームが行った研究で、内藤さんは「高緯度にあるとともに、観測機材が整った名寄市立天文台だからこそ実現できた観測」と説明する。この研究成果は英国の科学雑誌に掲載(6月27日)された。

 同天文台によると小惑星ファエトンは、直径約5・7キロメートルで、12月中旬に見られるふたご座流星群の母天体として知られる。地球にも接近する地球近傍天体で、太陽系の形成や進化の鍵を握っているという。内藤さんは「流れ星の母天体は通常彗星と言われている。小惑星は岩石でできていて、ちりなどをまき散らしていないと思われているが、ファエトンに限っては周りにダストをまき散らすなど、活動的小惑星として注目されている」と説明。

 名寄のピリカ望遠鏡を用いて行われたファエトンの偏光観測は、なよろ市立天文台、国立天文台、千葉工業大学、ソウル大学、北海道大学などで構成される研究チームが、2016年9月中旬から11月上旬にかけて実施。ファエトンが反射する太陽の光を観測したところ、他の太陽系天体に比べて非常に偏った光りであることが判明した。

 これは光りを縦波と横波に例えた場合、一般的な天体から反射された太陽の光りを観測すると、縦波、横波の割合はほぼ同程度(偏光度が低い)であることに対し、ファエトンが反射した光は縦波の割合が少なく、これまで知られていた天体で最も偏光度が高いことが明らかとなった。

 近い将来、日本の探査機がファエトンの近傍へ達し、観測する計画も進められている(2022年打ち上げ予定)とのことで、内藤さんは「今回提起された疑問を含め、この天体の謎の解明が期待される」としている。

関連記事

日高報知新聞

吊り下げ装置からの落下事故【浦河】

 浦河労働基準監督署は、14日に日高管内の牧場で馬運車の箱(約1・8㌧)が門型の吊り下げ装置から落下し、作業員が死亡する事故が発生したことを受け、各町役場や浦河労働基準協会、日本中央競馬会日高育成牧...

日高報知新聞

運転免許を自主返納【新ひだか】

【新ひだか】運転免許自主返納に係る「ワンストップ窓口」が25日、町役場1階相談コーナーで開設された。静内警察署と静内地区交通安全協会、町、町交通安全協会などの共催。  静内警察署の窓口で、運転...

苫小牧民報

虎杖浜竹浦観光連合会が、アヨロ鼻灯台の周辺利用計画策定

 白老町の虎杖浜竹浦観光連合会(福田茂穂会長)は、虎杖浜にあるアヨロ鼻灯台の周辺利用計画(2019~23年度)を策定した。16年度に廃止された灯台や周辺区域を観光拠点として整備、活用の方向性を示...

十勝毎日新聞

フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演【十勝】

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワ...

十勝毎日新聞

ハスカップ手に笑顔 収穫体験始まる【士幌】

 士幌町下居辺の果樹ほ場で24日、ハスカップ狩りが始まった。たわわに実ったみずみずしいハスカップを求め、初日から多くの人たちが訪れている。7月8日まで。  果樹ほ場は同地区の住民有志でつくる...