北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

小惑星ファエトン観測・日本で唯一、名寄で実現

小惑星ファエトンの高い偏光度を可視化した説明図=国立天文台提供=

 なよろ市立天文台(村上恭彦台長)業務係長の内藤博之さんが2日に会見し、ふたご座流星群の母天体となっている「小惑星ファエトン」の名寄での観測を通じ、他の太陽系天体と比較し、偏光度が非常に高いという研究成果を報告した。これは国立天文台などで構成される国際研究チームが行った研究で、内藤さんは「高緯度にあるとともに、観測機材が整った名寄市立天文台だからこそ実現できた観測」と説明する。この研究成果は英国の科学雑誌に掲載(6月27日)された。

 同天文台によると小惑星ファエトンは、直径約5・7キロメートルで、12月中旬に見られるふたご座流星群の母天体として知られる。地球にも接近する地球近傍天体で、太陽系の形成や進化の鍵を握っているという。内藤さんは「流れ星の母天体は通常彗星と言われている。小惑星は岩石でできていて、ちりなどをまき散らしていないと思われているが、ファエトンに限っては周りにダストをまき散らすなど、活動的小惑星として注目されている」と説明。

 名寄のピリカ望遠鏡を用いて行われたファエトンの偏光観測は、なよろ市立天文台、国立天文台、千葉工業大学、ソウル大学、北海道大学などで構成される研究チームが、2016年9月中旬から11月上旬にかけて実施。ファエトンが反射する太陽の光を観測したところ、他の太陽系天体に比べて非常に偏った光りであることが判明した。

 これは光りを縦波と横波に例えた場合、一般的な天体から反射された太陽の光りを観測すると、縦波、横波の割合はほぼ同程度(偏光度が低い)であることに対し、ファエトンが反射した光は縦波の割合が少なく、これまで知られていた天体で最も偏光度が高いことが明らかとなった。

 近い将来、日本の探査機がファエトンの近傍へ達し、観測する計画も進められている(2022年打ち上げ予定)とのことで、内藤さんは「今回提起された疑問を含め、この天体の謎の解明が期待される」としている。

関連記事

函館新聞

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年【函館】

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。  同社の同路線は1978...

函館新聞

道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。  同道の駅は...

釧路新聞

羅臼こんぶフェスタ楽しむ

 羅臼町の誇り「羅臼昆布」をまるごと楽しむイベント「第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ」が20日、町本町旧国道通りを会場に始まり、大勢の来場者でにぎわいを見せた。異業種若手有志による実行委の主催。 ...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...