北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

亡き妻が背中押した 佐藤さん函館マラソン完走

正子さんの遺影の前でハーフマラソン完走の記録証を手にする佐藤守彦さん

 亡き妻が背中を押してくれた―。函館市堀川町の元高校教諭、佐藤守彦さん(76)は、1日にあった「2018函館マラソン」のハーフマラソンを2時間35分31秒で完走した。昨年末に49年間連れ添った妻正子さん(享年69)が逝去、自身も右足に痛みを抱え2年間大会に出場できなかったが、妻の思いを胸にマラソン復活を決意。今年の函館マラソンで再スタートを切った。  佐藤さんはマラソンが趣味で、フル、ハーフ各88回完走することを目標にしてきた。しかし、2016年7月、長年の練習や大会出場の疲労がたまって右足のかかとを痛め、走れなくなった。16年7月3日の札幌・豊平川市民マラソンでフルマラソンを完走後、大会から遠ざかっていた。  正子さんは昨年12月30日、胃がんのため帰らぬ人となった。生前、佐藤さんが走れないことを案じ、足が早く治るよう願っていたという。妻の死後、佐藤さんは「生前は妻の望みをかなえられなかったが、妻の気持ちを考えると、このままでは駄目。一歩踏み出して走らないと」と一念発起。けがを乗り越え、走り始めた姿を天国の妻に見てほしいとの考えで、再びマラソン挑戦を決心した。  函館マラソンのハーフは、正子さんと一緒に計9回走った経験がある思い出深いレース。右足の痛みはまだ残っていたが、湿布を張るなど万全の準備をしてレースに臨んだ。  本番は、正子さんの遺骨と遺髪を、ウエストポーチにしのばせて豪雨の中を走り抜けた。1キロのタイムは、普段の練習より1分以上早い7分台で快調にペースを刻んだ。しかし、15~16キロ地点で急に足や体全体が重くなり、8分台にタイムが落ちて限界という言葉が頭をよぎったが、17キロ以降は再び元気を取り戻した。佐藤さんは「妻が私のそばで支えてくれたり、元気づけてくれたりして良いペースで走ることができた。苦しいとき、一緒に走ってくれた」と振り返る。  ハーフを完走し、自信を取り戻した佐藤さん。次は10月8日に行われる「新潟シティマラソン」のフルマラソン完走を目指す。佐藤さんは函館マラソンから帰宅後、正子さんの遺影に向かって「まこちゃん(正子さんの愛称)、完走できたよ、ありがとう。今度はフルを走るから見守っていてね」と静かに手を合わせた。

関連記事

根室新聞

北方領土の集い開く 青年会議所の「イキモノ図鑑」も披露【根室】

 道北方領土対策根室地域本部(大内隆寛本部長=根振興局長)による若年層向けの啓発イベント「2019北方領土の集い」が16日、道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれ、休日の親子連れが遊びを通じて北...

根室新聞

自主防災組織 6割が市の助成制度活用【根室】

 災害時に地域社会で助け合う「共助」の役割を果たす自主防災組織。根室市では平成25年度から活動補助制度を創設し、組織化と活発な活動を促している。現在、市内113町会のうち、77自主防災組織が結成されて...

根室新聞

「返還まで粘り強く」多楽会が総会・敬老会【根室】

 歯舞群島・多楽島の元島民や後継者で組織している多楽会(河田弘登志会長)は17日、根室グランドホテルで平成31年度総会を開いた。約70人が参加し、一日も早いふるさとの返還実現に向けて、力を合わせて運...

日高報知新聞

灼熱のひだか冬グルメ

 日高管内の6温泉・入浴宿泊施設でつくる「ひだか元気グルメ研究会」(会長・三国昭博アポイ山荘支配人)は、9日から4月21日まで冬の旬グルメとして熱々メニューの「灼熱のひだか冬グルメ」を9施設・店...

日高報知新聞

「インティは強い馬」【浦河】

 今年の中央競馬GⅠ初レースとなったフェブラリーステークスで、破竹の7連勝でGI初制覇を果たしたインティ(牡5歳)。同馬を生産した浦河町野深の山下恭茂牧場にとってもGI勝利は初めての快挙だ。同日...