北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

亡き妻が背中押した 佐藤さん函館マラソン完走

正子さんの遺影の前でハーフマラソン完走の記録証を手にする佐藤守彦さん

 亡き妻が背中を押してくれた―。函館市堀川町の元高校教諭、佐藤守彦さん(76)は、1日にあった「2018函館マラソン」のハーフマラソンを2時間35分31秒で完走した。昨年末に49年間連れ添った妻正子さん(享年69)が逝去、自身も右足に痛みを抱え2年間大会に出場できなかったが、妻の思いを胸にマラソン復活を決意。今年の函館マラソンで再スタートを切った。  佐藤さんはマラソンが趣味で、フル、ハーフ各88回完走することを目標にしてきた。しかし、2016年7月、長年の練習や大会出場の疲労がたまって右足のかかとを痛め、走れなくなった。16年7月3日の札幌・豊平川市民マラソンでフルマラソンを完走後、大会から遠ざかっていた。  正子さんは昨年12月30日、胃がんのため帰らぬ人となった。生前、佐藤さんが走れないことを案じ、足が早く治るよう願っていたという。妻の死後、佐藤さんは「生前は妻の望みをかなえられなかったが、妻の気持ちを考えると、このままでは駄目。一歩踏み出して走らないと」と一念発起。けがを乗り越え、走り始めた姿を天国の妻に見てほしいとの考えで、再びマラソン挑戦を決心した。  函館マラソンのハーフは、正子さんと一緒に計9回走った経験がある思い出深いレース。右足の痛みはまだ残っていたが、湿布を張るなど万全の準備をしてレースに臨んだ。  本番は、正子さんの遺骨と遺髪を、ウエストポーチにしのばせて豪雨の中を走り抜けた。1キロのタイムは、普段の練習より1分以上早い7分台で快調にペースを刻んだ。しかし、15~16キロ地点で急に足や体全体が重くなり、8分台にタイムが落ちて限界という言葉が頭をよぎったが、17キロ以降は再び元気を取り戻した。佐藤さんは「妻が私のそばで支えてくれたり、元気づけてくれたりして良いペースで走ることができた。苦しいとき、一緒に走ってくれた」と振り返る。  ハーフを完走し、自信を取り戻した佐藤さん。次は10月8日に行われる「新潟シティマラソン」のフルマラソン完走を目指す。佐藤さんは函館マラソンから帰宅後、正子さんの遺影に向かって「まこちゃん(正子さんの愛称)、完走できたよ、ありがとう。今度はフルを走るから見守っていてね」と静かに手を合わせた。

関連記事

根室新聞

日ロ首脳会談 平和条約交渉加速で合意 元島民「しっかりした道筋を」【根室】

 安倍晋三首相は14日、シンガポールでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行い、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本へ引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させるこ...

根室新聞

初田牛駅廃止 住民説明会開く【根室】

 JR北海道は15日、来年3月のダイヤ改正でJR花咲線の初田牛駅廃止について住民説明会を初田牛会館で開いた。JR側は「一日平均利用者が1人未満で利用が極端に少ない」とし、理解を求めた。住民側は「駅...

日高報知新聞

日高のシカはおいしい!【新ひだか】

【新ひだか】日高管内消費者協会連合会、ひだか食育推進協議会主催の「ひだか食育セミナー」が11日、町保健福祉センターで開かれ、参加者が料理教室や講演で地域食材の良さを再認識した。  この日は、静内御...

日高報知新聞

地震の義援金や施設へ【新ひだか】

【新ひだか】静内中生徒会(野村圭悟会長)は、10月21、22日に実施した古新聞回収による収益金のうち、計12万円を胆振東部地震の義援金や町内の社会福祉施設に寄付した。  同校生徒会による古新聞回収活動は...

苫小牧民報

甘いイチゴずらり 十勝・銀龍苺オープン-新千歳空港

 十勝管内音更町の農業法人ブルームは15日、イチゴ専門店「十勝・銀龍苺(ぎんりゅういちご)・新千歳空港店」を新千歳空港国内線ターミナルビル2階にオープンさせた。同町の自社農場で栽培して通年出荷し...