北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

高校生を公的委員に委嘱【様似】

【様似】施設分離型の小中一貫教育を実施している様似小と様似中は、本年度から地域とともにある学校として「コミュニティ・スクール」をスタートさせた。6月25日には取り組みの中核組織となる様似小中学校学校運営協議会(小嶋仁委員長、委員15人)の第1回会合を開き、公的組織の委員として初めて高校生2人を委嘱した。

 町内の小中学校が管内で唯一1校ずつという同町は、地域の声を生かしたより良い教育の実現を目指すため、平成28年度からコミュニティ・スクールの実施に向け、学校、保護者、地域住民らの参加による専門家を招いた研修などを重ねてきた。管内では30年度からの日高、様似両町が皮切りとなる。

 小中合わせた協議会は、小中学校長やPTA代表、高校生、社会教育委員、民生委員・児童委員、地域団体代表らで構成し、小嶋会長は元町教育委員。委員の任期は来年3月までの1年間。

 高校生委員は様似小・中を卒業し、現在浦河高校2年に在学の岡田玲亜さんと細川将大君。高校生として幅広い視野に立ち、地元愛を育む視点で意見を出してもらう事に期待し、公職の委員として選任している。

 町教委ではコミュニティ・スクールを通して教育活動に地域住民の参加が広がり、子どもの教育を中心にした地域コミュニティにつながっていくことに期待。今後は認定こども園町立幼児センターを含めた園児から小中学生まで拡大したコミュニティ・スクールの実現を目指している。

 様似小で開いた第1回協議会では、協議会の役割や30年度の学校運営の基本方針、学校評価、地域から学校への支援、学校から地域へのアプローチ、今後の協議会日程などを確認した。

学校運営協議会の委員に委嘱された写真手前の細川君と岡田さん(左から2人目)

関連記事

十勝毎日新聞

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」【帯広】

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

十勝毎日新聞

陸別町100年 記念式典 飛躍を誓う【陸別】

 陸別町開町100年記念式典が23日午前10時から、町タウンホールで開かれた。発展の1世紀を支えた功労者をたたえ、小さくてもきらり輝く町へ、さらなる飛躍を誓った。  町は1919(大正8)年...

十勝毎日新聞

餅まきに興奮 みのり祭り【浦幌】

 秋分の日の23日、秋の味覚を楽しむイベント「第43回うらほろふるさとのみのり祭り」(町観光協会主催)が午前10時から町内のうらほろ森林公園で開かれ、家族連れら約3万1000人(主催者発表)で...

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...