北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

11飲食店で7日から“鶏フェス”限定料理を提供【室蘭】

「鶏フェス2018」をアピールするチラシ

 24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7、8の両日、室蘭市)に合わせ、市内の飲食店有志が、期間限定の鶏料理を提供するだじゃれ企画を行う。会員制交流サイトを使った同時開催の企画もあり、グルメでも撮り(鶏(とり))を楽しめ、各店舗でフォトコンテストを応援する。

 市内の飲食店有志が「500人が参加するビッグイベントを盛り上げられる催しはないか」と考え、協力して実施する。

 名称は「撮りフェス2018公認企画~鶏を食らえ!鶏フェス2018」。7、8の両日限定で食べられる鶏料理が各店で登場する。

 参加店舗は中島町を中心に築地町や天神町の居酒屋やイタリア料理店などの11店。鶏チャップonチーズや鶏フェス限定ザンギカレー、鶏肉のピッツァオーラ風など、各店舗が志向を凝らしたメニューを考えた。バラエティーに富み、食べ歩きをするのもお勧めだ。

 インスタグラムやフェイスブックでハッシュタグ「♯鶏フェス」で食べた料理の写真を投稿すると、一番いいねの数が多い上位3人に景品をプレゼントする。

 伊酒屋かっちゃん(中島町)の及川勝秋店主は「鶏フェスや室蘭を盛り上げるため、オリジナルの料理を用意している。期間中は食事も楽しんでほしい」と呼び掛けている。

関連記事

十勝毎日新聞

今年も出来上々 ボージョレ解禁【帯広】

 フランス・ボージョレ地域の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」が15日午前0時に日本で解禁となり、十勝の酒店やスーパーにもさまざまな銘柄が並んだ。  ヌーボーは通常のワインと異なり、ブドウをつ...

十勝毎日新聞

農高発食品に機能性表示 認定なら道内学校初【帯広】

 帯広農業高校(二木浩志校長)の食品科学科地域資源活用班は、開発した豆乳ヨーグルト「豆(まめ)ぐると」を、健康志向の食品ブランドを示す「北海道食品機能性表示制度」(愛称・ヘルシーDo)に認定申請...

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

十勝毎日新聞

パン「満寿屋」題材 単行本27日発売【帯広】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)を題材としたノンフィクション本「世界に一軒だけのパン屋」(野地秩嘉著、小学館)が十勝で27日にも発売される(全国は26日)。同社では発売を記念し、...

苫小牧民報

白老の特産品味わって ギフトセット受け付け開始

 白老町竹浦のはまのマルシェでは、今年も白老の特産品を詰め合わせたギフトセット「しらおいの恵み」の注文受け付けを始めた。前浜産の毛ガニや白老牛のほか、今回新たに原木干しシイタケを取り入れるなどし...