北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

11飲食店で7日から“鶏フェス”限定料理を提供【室蘭】

「鶏フェス2018」をアピールするチラシ

 24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7、8の両日、室蘭市)に合わせ、市内の飲食店有志が、期間限定の鶏料理を提供するだじゃれ企画を行う。会員制交流サイトを使った同時開催の企画もあり、グルメでも撮り(鶏(とり))を楽しめ、各店舗でフォトコンテストを応援する。

 市内の飲食店有志が「500人が参加するビッグイベントを盛り上げられる催しはないか」と考え、協力して実施する。

 名称は「撮りフェス2018公認企画~鶏を食らえ!鶏フェス2018」。7、8の両日限定で食べられる鶏料理が各店で登場する。

 参加店舗は中島町を中心に築地町や天神町の居酒屋やイタリア料理店などの11店。鶏チャップonチーズや鶏フェス限定ザンギカレー、鶏肉のピッツァオーラ風など、各店舗が志向を凝らしたメニューを考えた。バラエティーに富み、食べ歩きをするのもお勧めだ。

 インスタグラムやフェイスブックでハッシュタグ「♯鶏フェス」で食べた料理の写真を投稿すると、一番いいねの数が多い上位3人に景品をプレゼントする。

 伊酒屋かっちゃん(中島町)の及川勝秋店主は「鶏フェスや室蘭を盛り上げるため、オリジナルの料理を用意している。期間中は食事も楽しんでほしい」と呼び掛けている。

関連記事

十勝毎日新聞

エゾヤマビール発売【本別・足寄】

 本別、足寄、陸別3町が連携して開発したクラフトビール「エゾヤマザクラビール」の飲食店での一般提供が始まった。現在、本別、足寄町内の3店で扱われており、好評だ。  同ビールは、3町の商工会や...

十勝毎日新聞

ブロッコリー麺が給食に 「緑色がきれい」【音更】

 音更町内の小学校の給食で7日、音更町産の小麦粉を使った生地に町産ブロッコリーの乾燥粉末を練りこんだオリジナル麺「音更ら~麺(ブロッコリー麺)」を使用したラーメンが初めて提供され、子どもたちがおい...

十勝毎日新聞

節分落花生 完売 生産者団体ダイイチで【芽室】

 芽室町内で落花生栽培に取り組む「十勝めむろ落花生生産グループ」(藤井信二代表、8戸)は2日、スーパー・ダイイチで煎(い)り落花生を販売した。  煎り落花生は昨年11月末に収穫し、千葉県内の...

十勝毎日新聞

今年も「十勝晴れ」 新酒、管内100店で一斉発売【十勝】

 音更町内の米と水などで造った純米吟醸「十勝晴れ」の新酒が4日、十勝管内の約100店舗で一斉に発売された。  「とかち酒文化再現プロジェクト」(事務局・帯広信用金庫)が2010年から続ける事業...

十勝毎日新聞

パフェの具 お好みに レストラントスカチーナ【帯広】

 柳月(本部音更町、田村昇社長)のレストラン「トスカチーナ」(帯広市西18南5)は1日から、好みの具材を選べる「オーダーメイドパフェ」を提供している。15日までの限定販売。  バレンタインデ...