北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

根釧一体で"花咲線"存続へ 沿線地域連絡協議会が発足【根室】

花咲線の維持、存続に向け5日発足した根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会

 根室地方総合開発期成会(会長、長谷川俊輔根室市長)と釧路地方総合開発期成会(会長、蝦名大也釧路市長)による根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会が5日、発足した。根室管内とJR花咲線沿線の10市町と議会で構成し、会長には長谷川根室市長、副会長に蝦名釧路市長を選出。今後、沿線自治体で連携を密にし、花咲線の維持、存続に向けて協力や支援の在り方などを協議していく。

 協議会は花咲線沿線の根室管内1市4町と花咲線沿線の1市4町(釧路市、釧路町、厚岸町、浜中町、白糠町)の行政と議会、それに釧路総合振興局、根室振興局で構成し、道運輸局がオブザーバー参加している。

 花咲線の維持、存続に向けては根室、釧路両管内の開発期成会で特別委員会を設置し、連携しながら活動してきたが、昨年8月の意見交換会で連絡、調整を密にするため合同の会議体の設置が求められ、この日の協議会設立となった。

 会長に選出された長谷川根室市長は「花咲線は北方領土隣接地域と道央圏を結ぶ唯一の鉄路」と国策上重要な鉄路であり、加えて「通学や通院など住民の安全安心な生活交通、広域観光周遊ルートの形成などでも重要な役割を持つ」と、その必要性を示しながら「花咲線の維持確保対策など連絡調整、協議を行い、協力しながら進めていきたい」と述べた。

 この後、根室振興局の大内隆寛局長が、先月17日に行われたJR事業範囲の見直しに関する関係者会議の結果を報告するとともに、同席上でJR北海道が示した「経営再生の見通し」(案)について、同社の西野史尚副社長が説明。関係者会議でJR北海道の島田修社長が、鉄路維持を前提とした区間に対しても「廃線の可能性」があることに言及し、その後撤回したことについて「私どもの説明が足りず、大変な心配をかけたことを深くおわびしたい」と謝罪した。

 会議後、記者に囲まれた長谷川市長は、意見交換の中で、鉄路維持のための負担割合などが示されず、参加者から不満の声があったことを明らかにした。今後について「夏以降に国の支援についての大まかな方向性が示され、JRの経営再生の具体策も見えてくる。その段階で第2回を開き、具体的な協議が始まる」との見通しを示した。

関連記事

函館新聞

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年【函館】

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。  同社の同路線は1978...

函館新聞

道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。  同道の駅は...

釧路新聞

羅臼こんぶフェスタ楽しむ

 羅臼町の誇り「羅臼昆布」をまるごと楽しむイベント「第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ」が20日、町本町旧国道通りを会場に始まり、大勢の来場者でにぎわいを見せた。異業種若手有志による実行委の主催。 ...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...