北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

根釧一体で"花咲線"存続へ 沿線地域連絡協議会が発足【根室】

花咲線の維持、存続に向け5日発足した根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会

 根室地方総合開発期成会(会長、長谷川俊輔根室市長)と釧路地方総合開発期成会(会長、蝦名大也釧路市長)による根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会が5日、発足した。根室管内とJR花咲線沿線の10市町と議会で構成し、会長には長谷川根室市長、副会長に蝦名釧路市長を選出。今後、沿線自治体で連携を密にし、花咲線の維持、存続に向けて協力や支援の在り方などを協議していく。

 協議会は花咲線沿線の根室管内1市4町と花咲線沿線の1市4町(釧路市、釧路町、厚岸町、浜中町、白糠町)の行政と議会、それに釧路総合振興局、根室振興局で構成し、道運輸局がオブザーバー参加している。

 花咲線の維持、存続に向けては根室、釧路両管内の開発期成会で特別委員会を設置し、連携しながら活動してきたが、昨年8月の意見交換会で連絡、調整を密にするため合同の会議体の設置が求められ、この日の協議会設立となった。

 会長に選出された長谷川根室市長は「花咲線は北方領土隣接地域と道央圏を結ぶ唯一の鉄路」と国策上重要な鉄路であり、加えて「通学や通院など住民の安全安心な生活交通、広域観光周遊ルートの形成などでも重要な役割を持つ」と、その必要性を示しながら「花咲線の維持確保対策など連絡調整、協議を行い、協力しながら進めていきたい」と述べた。

 この後、根室振興局の大内隆寛局長が、先月17日に行われたJR事業範囲の見直しに関する関係者会議の結果を報告するとともに、同席上でJR北海道が示した「経営再生の見通し」(案)について、同社の西野史尚副社長が説明。関係者会議でJR北海道の島田修社長が、鉄路維持を前提とした区間に対しても「廃線の可能性」があることに言及し、その後撤回したことについて「私どもの説明が足りず、大変な心配をかけたことを深くおわびしたい」と謝罪した。

 会議後、記者に囲まれた長谷川市長は、意見交換の中で、鉄路維持のための負担割合などが示されず、参加者から不満の声があったことを明らかにした。今後について「夏以降に国の支援についての大まかな方向性が示され、JRの経営再生の具体策も見えてくる。その段階で第2回を開き、具体的な協議が始まる」との見通しを示した。

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...