北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

用水路など見学、水の大切さ学ぶ 厚真中央小4年生が田んぼの生き物観察会

用水路で水の生き物をつかまえる児童たち

 厚真町土地改良区が主催の「田んぼの生き物観察会」が6日開かれた。厚真中央小学校4年生26人が、町内にある利水施設を見学しながら用水路の中に住む生物を採取するなど、水の大切さを感じていた。

 水稲や農作物の栽培に必要な水の供給を支えている利水の仕組みを知ってほしいと、町内の小学校2校を対象に毎年実施している。この日は町美里地区にある頭首工と軽舞地区の用水路を見学した。

 現地で担当者の説明があり、頭首工は「川の水を用水路に引き入れる」と児童たちに教え、1秒間に最大で2トン以上の水を取り込んでいると話した。魚が上流に遡上(そじょう)するための魚道も見て回った。

 軽舞地区の用水路では、児童たちがタモ網を入れて水中の生き物を捕獲。網の中にドジョウやウグイなどが入るたびに歓声を上げていた。ドジョウ4匹をつかまえた寺坂星珠くん(9)は「用水路にたくさんの生き物がいるとは知らなかった」と驚いていた。

 10日には上厚真小3年生を対象に実施。川の水をポンプで高い所に吸い上げる揚水機場などを見て回る予定だ。

関連記事

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...

根室新聞

弁天島灯台守一家の空襲体験 米国で絵本に【根室】

 根室空襲を生き抜いた弁天島の灯台守一家の戦争体験が、米国で子ども向け絵本として出版される企画が進んでいる。出版のきっかけを作り、自ら絵を担当する同灯台守の孫で米国在住の木村広さん(57)が15、1...

根室新聞

厚床再生プロジェクト「防災キャンプ」企画 【根室】

 新たな地域づくりに向け、勉強会を開いている厚床地域農村再生プロジェクトチーム(リーダー、馬場晶一さん=AB―MOBIT代表)は、24、25の両日、地域住民による厚床防災キャンプを厚床会館で開く。防...

苫小牧民報

安平町の避難指示解除、最長2年に 長期化に町民から不安の声

 安平町は、胆振東部地震後に避難指示を出している地域の解除に、場所によって1年から2年かかる見通しを立てていることが分かった。住宅地の裏山崩壊の危険から避難指示を出した地域では、のり面補修工事な...