北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館で七夕 「竹に短冊」歌声とお菓子もらい笑顔【函館】

 7日は「七夕」。函館市内ではササ飾り作りや、子どもたちにとってお楽しみの伝統行事「ろうそくもらい」が開かれ、元気いっぱいに「竹に短冊…」と歌い、菓子などをもらって笑顔で喜んでいた。

 駄菓子つかみ取りに大喜び 五稜郭タワー

駄菓子のつかみ取りが行われた五稜郭タワーの七夕

 〇…五稜郭タワー(五稜郭町)では午後4時から始まり、開始前から参加する子どもたちが集まり、にぎわった。今年は、子どもたちにより楽しんでもらおうと駄菓子のつかみ取りを初めて企画。マスコットキャラクターの「GO太くん」と浴衣姿のスタッフが出迎え、子どもたちが七夕の歌を歌って、つかみ取りに挑戦した。  

 札幌市から七夕のために訪れていた伊藤新菜ちゃん(4)と愛菜ちゃん(2)姉妹は「函館の七夕は初めて。お菓子がもらえてうれしい」と喜んでいた。

 短冊に願いを込めて 市中央図書館

 

ササに手作りした飾りを飾る子どもたち

 〇…函館市中央図書館では「親子で図書館へ お話会と工作」を開いた。幼児から小学校低学年までの児童19人とその保護者らが参加し、ササ飾りを作ったり、手遊びをしたりして楽しんだ。

 親子で参加できる恒例のイベント。最初に同館で活動する読み聞かせグループが七夕にちなんだ本を朗読。工作では、色紙を使った星や天の川などのササ飾り作りに挑戦し、短冊に願い事を書いてササに飾った。

 市内の川端りおちゃん(2)は「きかんしゃトーマスに会いたいなって願い事を書いた」と笑顔を見せていた。

 夜光反射材もらった 函館西署

署員(右)から菓子と夜光反射材をもらう子ども

 〇…函館西署(海岸町、木村圭一署長)では、玄関で歌った子どもたちに菓子の詰め合わせや夜光反射材のリストバンドなどをプレゼントした。

 函館西署少年補導員連絡協議会、函館西防犯協会、函館西交通安全協会、西地区安全運転管理者協会の関係者が協力。児童や未就学児を連れた家族に「不審者が多いので気をつけて」などと声を掛けた。

 玄関前には赤色灯を転倒させたパトカーも展示し、記念撮影する親子連れも。双子の関谷瑚珀君(8)と紫劉(しりゅう)君(8)は「たくさんお菓子をもらったので重くなった」と笑顔だった。

 スタンプラリー人気 本町仲通り会

子どもたちが仲通りの商店街などを練り歩いた「竹に短冊スタンプラリー」

 〇…函館市本町の商店街、「本町仲通り会」(三品賢治会長)は、近辺の20店舗を回ってお菓子をもらう「竹に短冊スタンプラリー」を実施した。

 子どもたちは、丸井今井函館店で配られたカードに商店街の16店でスタンプを集め、シエスタハコダテ内の店舗、4階のGスクエアにゴールすると、チーズケーキや甘食などを受け取った。

 札幌市豊平区から家族で帰省し、参加した佐藤えなちゃん(5)は「雨だったけどたくさんお菓子をもらえてよかった」と話していた。

関連記事

根室新聞

日ロ首脳会談 平和条約交渉加速で合意 元島民「しっかりした道筋を」【根室】

 安倍晋三首相は14日、シンガポールでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行い、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本へ引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させるこ...

根室新聞

初田牛駅廃止 住民説明会開く【根室】

 JR北海道は15日、来年3月のダイヤ改正でJR花咲線の初田牛駅廃止について住民説明会を初田牛会館で開いた。JR側は「一日平均利用者が1人未満で利用が極端に少ない」とし、理解を求めた。住民側は「駅...

日高報知新聞

日高のシカはおいしい!【新ひだか】

【新ひだか】日高管内消費者協会連合会、ひだか食育推進協議会主催の「ひだか食育セミナー」が11日、町保健福祉センターで開かれ、参加者が料理教室や講演で地域食材の良さを再認識した。  この日は、静内御...

日高報知新聞

地震の義援金や施設へ【新ひだか】

【新ひだか】静内中生徒会(野村圭悟会長)は、10月21、22日に実施した古新聞回収による収益金のうち、計12万円を胆振東部地震の義援金や町内の社会福祉施設に寄付した。  同校生徒会による古新聞回収活動は...

苫小牧民報

甘いイチゴずらり 十勝・銀龍苺オープン-新千歳空港

 十勝管内音更町の農業法人ブルームは15日、イチゴ専門店「十勝・銀龍苺(ぎんりゅういちご)・新千歳空港店」を新千歳空港国内線ターミナルビル2階にオープンさせた。同町の自社農場で栽培して通年出荷し...