北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自然と共生 開園10周年 十勝千年の森セレモニー【清水】

セレモニー参加者によって一斉に放たれる色とりどりの風船

 十勝毎日新聞社グループ、農業生産法人ランラン・ファーム(林克彦社長)が運営する「十勝千年の森」(町羽帯南10線)の開園10周年を祝う記念セレモニーが8日、園内で開かれた。設計を手掛けた高野ランドスケーププランニングの高野文彰会長、英ガーデンデザイナーのダン・ピアソン氏、阿部一男清水町長、三井真十勝総合振興局長や十勝毎日新聞社関係者が出席し、990年先の未来に引き継ぐ森づくりのさらなる飛躍を誓った。

 大量の紙を消費する新聞社が、使用分の炭素を自然に還元する「カーボン・オフセット」の理念実践を目指し、1990年に始めた育林業が千年の森の原点。2008年には、日高山脈の麓にある約400ヘクタールの広大な敷地に、自然の植生などを生かした4カ所のガーデンが完成した。個性豊かな現代アートも点在し、立ち乗り式電動二輪車「セグウェイ」で散策できる公認ガイドツアー、生き物や季節の花に触れることができる講座など、育てた森を多くの人と共有できる場を提供してきた。北海道ガーデンショーの舞台になり、英国ガーデンデザイナーズ協会(SGD)から最高賞の大賞を受賞するなど、国内外で高い評価を受けている。

 この日は、一般来場者も含め100人以上がアース・ガーデンに集まった。テープカットを行った後、創設者である十勝毎日新聞社の林光繁会長・主筆が「さらに努力を続けて素晴らしいガーデンに仕上げていく。たくさんの人にこの庭を見てほしい」とあいさつ。ピアソン氏は「魅力的な場所として、今後も長く続いていくことを確信している」、阿部町長は「一緒に観光の目玉を打ち出しながら、清水町に人を呼び込みたい」と祝辞を述べ、雨上がりの空に色とりどりの風船を一斉に飛ばし、節目を祝った。

 園内カフェ・キサラでの立食パーティーや、ピアソン氏によるガーデンアカデミーも行われた。

関連記事

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...

根室新聞

弁天島灯台守一家の空襲体験 米国で絵本に【根室】

 根室空襲を生き抜いた弁天島の灯台守一家の戦争体験が、米国で子ども向け絵本として出版される企画が進んでいる。出版のきっかけを作り、自ら絵を担当する同灯台守の孫で米国在住の木村広さん(57)が15、1...

根室新聞

厚床再生プロジェクト「防災キャンプ」企画 【根室】

 新たな地域づくりに向け、勉強会を開いている厚床地域農村再生プロジェクトチーム(リーダー、馬場晶一さん=AB―MOBIT代表)は、24、25の両日、地域住民による厚床防災キャンプを厚床会館で開く。防...

苫小牧民報

安平町の避難指示解除、最長2年に 長期化に町民から不安の声

 安平町は、胆振東部地震後に避難指示を出している地域の解除に、場所によって1年から2年かかる見通しを立てていることが分かった。住宅地の裏山崩壊の危険から避難指示を出した地域では、のり面補修工事な...