北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自然と共生 開園10周年 十勝千年の森セレモニー【清水】

セレモニー参加者によって一斉に放たれる色とりどりの風船

 十勝毎日新聞社グループ、農業生産法人ランラン・ファーム(林克彦社長)が運営する「十勝千年の森」(町羽帯南10線)の開園10周年を祝う記念セレモニーが8日、園内で開かれた。設計を手掛けた高野ランドスケーププランニングの高野文彰会長、英ガーデンデザイナーのダン・ピアソン氏、阿部一男清水町長、三井真十勝総合振興局長や十勝毎日新聞社関係者が出席し、990年先の未来に引き継ぐ森づくりのさらなる飛躍を誓った。

 大量の紙を消費する新聞社が、使用分の炭素を自然に還元する「カーボン・オフセット」の理念実践を目指し、1990年に始めた育林業が千年の森の原点。2008年には、日高山脈の麓にある約400ヘクタールの広大な敷地に、自然の植生などを生かした4カ所のガーデンが完成した。個性豊かな現代アートも点在し、立ち乗り式電動二輪車「セグウェイ」で散策できる公認ガイドツアー、生き物や季節の花に触れることができる講座など、育てた森を多くの人と共有できる場を提供してきた。北海道ガーデンショーの舞台になり、英国ガーデンデザイナーズ協会(SGD)から最高賞の大賞を受賞するなど、国内外で高い評価を受けている。

 この日は、一般来場者も含め100人以上がアース・ガーデンに集まった。テープカットを行った後、創設者である十勝毎日新聞社の林光繁会長・主筆が「さらに努力を続けて素晴らしいガーデンに仕上げていく。たくさんの人にこの庭を見てほしい」とあいさつ。ピアソン氏は「魅力的な場所として、今後も長く続いていくことを確信している」、阿部町長は「一緒に観光の目玉を打ち出しながら、清水町に人を呼び込みたい」と祝辞を述べ、雨上がりの空に色とりどりの風船を一斉に飛ばし、節目を祝った。

 園内カフェ・キサラでの立食パーティーや、ピアソン氏によるガーデンアカデミーも行われた。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...