北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

うねる白蛇 3年ぶりの舞【鹿追】

迫力たっぷりに親子蛇を操る白蛇姫舞保存会のメンバー

 「第46回白蛇姫まつり」(鹿追町観光協会主催)が7日夜、然別湖畔で開かれた。雨が降る中、同湖の伝説から生まれた郷土芸能「白蛇姫舞」が3年ぶりに披露され、訪れた観光客を幻想的な世界へと誘った。

 白蛇姫舞は大凶作に見舞われた際、女神のお告げにより同湖でオショロコマを得て飢えをしのいだという伝承を基にし、町の無形文化財として指定を受けている。

 2016、17年と2年連続で悪天候で中止となったが、今年は湖畔ウッドデッキに縦6.7メートル、横17メートルの巨大テントを張って対応。道内外から大勢の観光客が詰め掛けた。

 午後8時から、帯広カムイトウウポポ保存会が「カムイ・ノミ」(神々への儀式)を行い、霧の湖水を渡ってきた白蛇が姫に導かれて登場。町白蛇姫舞保存会(山田壮一会長、会員37人)が操る親子蛇は、絡み合いながら激しく体をうねらせる迫力の舞を披露。姫も優雅に舞った。

 横浜市から夫婦で訪れた会社員殖栗友広さん(42)は「湖の雰囲気と融合して神秘的。アイヌ文化も見ることができて新鮮だった」と話した。

 本祭に先立ち、鹿追中学校の生徒による「子ども白蛇姫舞」も行われた。持ち手として蛇の頭を務めた女子生徒(2年)は「最高の舞ができた」と笑顔を見せた。

関連記事

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...

根室新聞

弁天島灯台守一家の空襲体験 米国で絵本に【根室】

 根室空襲を生き抜いた弁天島の灯台守一家の戦争体験が、米国で子ども向け絵本として出版される企画が進んでいる。出版のきっかけを作り、自ら絵を担当する同灯台守の孫で米国在住の木村広さん(57)が15、1...

根室新聞

厚床再生プロジェクト「防災キャンプ」企画 【根室】

 新たな地域づくりに向け、勉強会を開いている厚床地域農村再生プロジェクトチーム(リーダー、馬場晶一さん=AB―MOBIT代表)は、24、25の両日、地域住民による厚床防災キャンプを厚床会館で開く。防...

苫小牧民報

安平町の避難指示解除、最長2年に 長期化に町民から不安の声

 安平町は、胆振東部地震後に避難指示を出している地域の解除に、場所によって1年から2年かかる見通しを立てていることが分かった。住宅地の裏山崩壊の危険から避難指示を出した地域では、のり面補修工事な...