北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

うねる白蛇 3年ぶりの舞【鹿追】

迫力たっぷりに親子蛇を操る白蛇姫舞保存会のメンバー

 「第46回白蛇姫まつり」(鹿追町観光協会主催)が7日夜、然別湖畔で開かれた。雨が降る中、同湖の伝説から生まれた郷土芸能「白蛇姫舞」が3年ぶりに披露され、訪れた観光客を幻想的な世界へと誘った。

 白蛇姫舞は大凶作に見舞われた際、女神のお告げにより同湖でオショロコマを得て飢えをしのいだという伝承を基にし、町の無形文化財として指定を受けている。

 2016、17年と2年連続で悪天候で中止となったが、今年は湖畔ウッドデッキに縦6.7メートル、横17メートルの巨大テントを張って対応。道内外から大勢の観光客が詰め掛けた。

 午後8時から、帯広カムイトウウポポ保存会が「カムイ・ノミ」(神々への儀式)を行い、霧の湖水を渡ってきた白蛇が姫に導かれて登場。町白蛇姫舞保存会(山田壮一会長、会員37人)が操る親子蛇は、絡み合いながら激しく体をうねらせる迫力の舞を披露。姫も優雅に舞った。

 横浜市から夫婦で訪れた会社員殖栗友広さん(42)は「湖の雰囲気と融合して神秘的。アイヌ文化も見ることができて新鮮だった」と話した。

 本祭に先立ち、鹿追中学校の生徒による「子ども白蛇姫舞」も行われた。持ち手として蛇の頭を務めた女子生徒(2年)は「最高の舞ができた」と笑顔を見せた。

関連記事

十勝毎日新聞

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」【帯広】

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

十勝毎日新聞

陸別町100年 記念式典 飛躍を誓う【陸別】

 陸別町開町100年記念式典が23日午前10時から、町タウンホールで開かれた。発展の1世紀を支えた功労者をたたえ、小さくてもきらり輝く町へ、さらなる飛躍を誓った。  町は1919(大正8)年...

十勝毎日新聞

餅まきに興奮 みのり祭り【浦幌】

 秋分の日の23日、秋の味覚を楽しむイベント「第43回うらほろふるさとのみのり祭り」(町観光協会主催)が午前10時から町内のうらほろ森林公園で開かれ、家族連れら約3万1000人(主催者発表)で...

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...