北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

うねる白蛇 3年ぶりの舞【鹿追】

迫力たっぷりに親子蛇を操る白蛇姫舞保存会のメンバー

 「第46回白蛇姫まつり」(鹿追町観光協会主催)が7日夜、然別湖畔で開かれた。雨が降る中、同湖の伝説から生まれた郷土芸能「白蛇姫舞」が3年ぶりに披露され、訪れた観光客を幻想的な世界へと誘った。

 白蛇姫舞は大凶作に見舞われた際、女神のお告げにより同湖でオショロコマを得て飢えをしのいだという伝承を基にし、町の無形文化財として指定を受けている。

 2016、17年と2年連続で悪天候で中止となったが、今年は湖畔ウッドデッキに縦6.7メートル、横17メートルの巨大テントを張って対応。道内外から大勢の観光客が詰め掛けた。

 午後8時から、帯広カムイトウウポポ保存会が「カムイ・ノミ」(神々への儀式)を行い、霧の湖水を渡ってきた白蛇が姫に導かれて登場。町白蛇姫舞保存会(山田壮一会長、会員37人)が操る親子蛇は、絡み合いながら激しく体をうねらせる迫力の舞を披露。姫も優雅に舞った。

 横浜市から夫婦で訪れた会社員殖栗友広さん(42)は「湖の雰囲気と融合して神秘的。アイヌ文化も見ることができて新鮮だった」と話した。

 本祭に先立ち、鹿追中学校の生徒による「子ども白蛇姫舞」も行われた。持ち手として蛇の頭を務めた女子生徒(2年)は「最高の舞ができた」と笑顔を見せた。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...