北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

多彩な店が並びにぎわう・森ジャム【下川】

多彩な店が並んだ森ジャム

 森林の中にカフェ、マーケット、アート、自給生活体験などを盛り込んだイベント「森ジャム」が、7、8の両日、美桑が丘と桜ヶ丘公園フレペ広場で開かれ、町内外から訪れた多くの人が憩いのひとときを過ごした。

 町内有志の実行委員会(麻生翼実行委員長)主催。各地から出店の50店に、こだわりの商品が並んだ。住民主体で憩いの森林づくりが進む「美桑が丘」では、「森のマーケット」と森の遊び場「みくわ共和国」。

 町内のまき屋、パン屋、木工職人などが連携し、まき窯で焼いたチャバタサンドも提供され、シカ肉のラグーソース、チーズ、バジルのトッピングで人気を集めた。

 謎解きゲームで林内を歩き回る親子の姿も見られた。たき火やロケットストーブでの調理、自転車発電、ドサンコ(馬)との触れ合い、ヨガ・運動遊び、体調に合わせたハーブティー作り、カカオ豆の食べ比べなど多彩な体験で、幼児から大人まで幅広い世代が楽しんだ。

 フレペ広場では、地域食材を使った料理の出店に加え、町民が特技を生かした手作り品販売や体験を提供する「しばふマルシェ」を新たに企画。シラカバやフキなど身近な草木で染めた、きれいな色合いの生地も並んだ。

 「下川高齢者元気会」は、下川産材で竹馬や竹とんぼ作りを提供。「子どもたちがとても喜んでくれ、笑顔を見たら元気が出て、気持ちが若返った」とうれしそうな表情。

 また、札幌開成中等教育学校の生徒3人は、森林を生かして小さな町に人を呼び込む「森ジャム」に興味を持って訪れ、イベントも手伝った。10月に北海道大学のフォーラムで森ジャムを紹介することにしており、坪井若菜さん(3年)は「間伐資源の活用を考える中、今の自分たちでは限界があり、下川町でさらに深く学びたい」と語った。

関連記事

室蘭民報

徘徊の夫捜索にご近所さんの温かさに感謝【室蘭】

 「主人が助かったのは、周りの方のおかげ。本当にありがたいです」。室蘭市港北町に住む佐藤友子さん(68)は感謝する。友子さんのご主人、薫さん(81)が徘徊(はいかい)してまち中で動けなくなった...

室蘭民報

国体IH道代表に新日鉄住金から2人【室蘭】

 第74回国体冬季大会のアイスホッケー競技(30日から釧路市)の北海道代表に、新日鉄住金室蘭アイスホッケー部の村上亮(27)=日鉄住金テックスエンジ(左)、横山恭也(24)=幌清=が選ばれた。...

室蘭民報

マリンパークでオオアナコンダ脱皮殻のお守りで合格祈願【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町、須川英治支配人)は、知恵の象徴とされる動物のヘビにかけて、飼育するオオアナコンダの脱皮殻で作った合格祈願のお守りを販売している。種類はカードサイズラミ...

室蘭民報

道南バスが4月に市内西部中心に39便減便方針【苫小牧】

 苫小牧市公共交通協議会(会長・下多村光弘苫小牧高専教授)が22日、市役所で開かれ、市内で路線バスを運行する道南バスは4月1日のダイヤ改正で西部地域を中心とした12路線、39便を減便する方針を...

室蘭民報

登別・青葉小児童がタラコのパック詰め体験【白老】

 登別市青葉小学校(工藤信司校長)の4年生49人が22日、白老町虎杖浜の竹丸渋谷水産(渋谷敏幸代表取締役)を訪れ、タラコのパック詰めを体験した。  総合学習「もっと知りたい北海道」の一環。子...