北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

多彩な店が並びにぎわう・森ジャム【下川】

多彩な店が並んだ森ジャム

 森林の中にカフェ、マーケット、アート、自給生活体験などを盛り込んだイベント「森ジャム」が、7、8の両日、美桑が丘と桜ヶ丘公園フレペ広場で開かれ、町内外から訪れた多くの人が憩いのひとときを過ごした。

 町内有志の実行委員会(麻生翼実行委員長)主催。各地から出店の50店に、こだわりの商品が並んだ。住民主体で憩いの森林づくりが進む「美桑が丘」では、「森のマーケット」と森の遊び場「みくわ共和国」。

 町内のまき屋、パン屋、木工職人などが連携し、まき窯で焼いたチャバタサンドも提供され、シカ肉のラグーソース、チーズ、バジルのトッピングで人気を集めた。

 謎解きゲームで林内を歩き回る親子の姿も見られた。たき火やロケットストーブでの調理、自転車発電、ドサンコ(馬)との触れ合い、ヨガ・運動遊び、体調に合わせたハーブティー作り、カカオ豆の食べ比べなど多彩な体験で、幼児から大人まで幅広い世代が楽しんだ。

 フレペ広場では、地域食材を使った料理の出店に加え、町民が特技を生かした手作り品販売や体験を提供する「しばふマルシェ」を新たに企画。シラカバやフキなど身近な草木で染めた、きれいな色合いの生地も並んだ。

 「下川高齢者元気会」は、下川産材で竹馬や竹とんぼ作りを提供。「子どもたちがとても喜んでくれ、笑顔を見たら元気が出て、気持ちが若返った」とうれしそうな表情。

 また、札幌開成中等教育学校の生徒3人は、森林を生かして小さな町に人を呼び込む「森ジャム」に興味を持って訪れ、イベントも手伝った。10月に北海道大学のフォーラムで森ジャムを紹介することにしており、坪井若菜さん(3年)は「間伐資源の活用を考える中、今の自分たちでは限界があり、下川町でさらに深く学びたい」と語った。

関連記事

函館新聞

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年【函館】

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。  同社の同路線は1978...

函館新聞

道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。  同道の駅は...

釧路新聞

羅臼こんぶフェスタ楽しむ

 羅臼町の誇り「羅臼昆布」をまるごと楽しむイベント「第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ」が20日、町本町旧国道通りを会場に始まり、大勢の来場者でにぎわいを見せた。異業種若手有志による実行委の主催。 ...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...