北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

多彩な店が並びにぎわう・森ジャム【下川】

多彩な店が並んだ森ジャム

 森林の中にカフェ、マーケット、アート、自給生活体験などを盛り込んだイベント「森ジャム」が、7、8の両日、美桑が丘と桜ヶ丘公園フレペ広場で開かれ、町内外から訪れた多くの人が憩いのひとときを過ごした。

 町内有志の実行委員会(麻生翼実行委員長)主催。各地から出店の50店に、こだわりの商品が並んだ。住民主体で憩いの森林づくりが進む「美桑が丘」では、「森のマーケット」と森の遊び場「みくわ共和国」。

 町内のまき屋、パン屋、木工職人などが連携し、まき窯で焼いたチャバタサンドも提供され、シカ肉のラグーソース、チーズ、バジルのトッピングで人気を集めた。

 謎解きゲームで林内を歩き回る親子の姿も見られた。たき火やロケットストーブでの調理、自転車発電、ドサンコ(馬)との触れ合い、ヨガ・運動遊び、体調に合わせたハーブティー作り、カカオ豆の食べ比べなど多彩な体験で、幼児から大人まで幅広い世代が楽しんだ。

 フレペ広場では、地域食材を使った料理の出店に加え、町民が特技を生かした手作り品販売や体験を提供する「しばふマルシェ」を新たに企画。シラカバやフキなど身近な草木で染めた、きれいな色合いの生地も並んだ。

 「下川高齢者元気会」は、下川産材で竹馬や竹とんぼ作りを提供。「子どもたちがとても喜んでくれ、笑顔を見たら元気が出て、気持ちが若返った」とうれしそうな表情。

 また、札幌開成中等教育学校の生徒3人は、森林を生かして小さな町に人を呼び込む「森ジャム」に興味を持って訪れ、イベントも手伝った。10月に北海道大学のフォーラムで森ジャムを紹介することにしており、坪井若菜さん(3年)は「間伐資源の活用を考える中、今の自分たちでは限界があり、下川町でさらに深く学びたい」と語った。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...