北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

基坂がウオータースライダーに変身 JCが28、29日【函館】

ウオータースライダーが設置される基坂で、イベントへの来場を呼び掛ける三上委員長(右)と佐藤副委員長

 函館市西部地区の「基坂(もといざか)」に28、29の両日、浮き輪に乗って滑り降りる全長約80メートルの「ウオータースライダー」が設置される。函館青年会議所(JC)開催の「函館まるごとテーマパーク」の目玉イベントの一つで、無料で開放。函館JC未来開拓委員会の三上隆広委員長は「ウオータースライダーは北海道でも初めての試みと思われ、家族一緒に楽しみながら、函館の活性化につなげたい」と話している。

 基坂は電車通りから、元町公園や旧函館区公会堂へと向かう市道。このうち、元町公園出入口付近までの約80メートルを通行止めにし、イベント用のビニール製スライダーを設置する。高低差は約8メートル。幅は約5メートル、2レーン用意し、浮き輪やビート板などに乗って一気に滑り降りる。

 基坂横の広場には、10メートル四方、12メートル四方の子ども向けのビニールプールを計2つと、更衣室を設ける。元町公園では、仮想現実(VR)体験、網に囲まれた場所で小型無人飛行機「ドローン」を安全に操縦できるブースなどを用意。公立はこだて未来大の学生が研究開発し、最新技術を駆使したゲームの体験や軽食の屋台も並ぶ。

 函館JCとして、初めてクラウドファンディング(CF、インターネット上での資金調達)を活用し、22日まで運営資金を募っている。西部地区に多数ある坂の有効活用を考え、昨年9月ごろから開催に向けた準備を進めており、佐藤幸信副委員長は「家族連れなどでイベントを楽しみ、西部地区、函館の歴史に触れてもらいたい」と呼び掛ける。

 両日午前10時~午後4時。各イベントは無料で体験できるが、水着や浮き輪などは持参すること。当日は函館港西埠頭(ふとう)を臨時駐車場とし、30分間隔で会場との無料シャトルバスを運行する。

 CFは専用サイト(https://camp-fire.jp/projects/view/76522)で申し込む。問い合わせは函館JC(0138・26・8563)へ。

関連記事

室蘭民報

即売や体験…16日に「のぼりべつ技能祭」

 第9回のぼりべつ技能祭(登別技能協会、登別職業訓練協会主催、室蘭民報社中部支社など後援)が16日、登別市青葉町の登別地方高等職業訓練校で行われる。訓練生らが手掛けた作品を販売するほか、餅まき...

室蘭民報

伊達信金のキッズ探検隊で1億円の重さ体験

 伊達信用金庫(舘崎雄二理事長)は12日、梅本町の本店で「2018だてしんキッズ探検隊」を開いた。市内の京王幼稚園、虹の橋保育園、つつじ保育所の園児ら約120人が参加し、お金の重さ体験では、1...

室蘭民報

「じゃり道工房」で優しさあふれる染め絵並ぶ【洞爺湖町】

 石川県在住の加賀友禅作家、志田弘子さんと家族による「じゃり道工房」の作品展が8日、洞爺湖町洞爺町の洞爺湖芸術館で始まった。志田さんの母親としての愛情や、命の大切さなどへの強い思いを込めた染め...

十勝毎日新聞

特製草履で挑め「世界一」 23日「ナウマン卓球」【幕別】

 「第4回全世界ナウマンぞうり卓球大会in忠類」が23日、十勝ナウマン温泉ホテルアルコ(町忠類白銀町384)で開かれる。町忠類で発掘されたナウマンゾウの化石にちなみ、特製の草履ラケットを使用。“海外...

室蘭民報

海の幸を満喫して、8、9日に漁港まつり【登別】

 第41回登別漁港まつり(同実行委員会主催)が8、9日の2日間、登別市登別港町の登別漁港で開かれる。朝揚げ鮭(さけ)の抽選即売会、新鮮な海の幸などが当たる景品引換券付きの豊漁まき(餅まき)など...