北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

広まれ こども食堂 来月帯広で全国ツアー【帯広】

 十勝でも広がりを見せる「こども食堂」などの地域の居場所づくりを考えるシンポジウム「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin道東」(実行委主催)が、8月4日に帯広市内のとかちプラザ・レインボーホールで開かれる。準備を進める関係者は「これをきっかけにいろいろな形の地域のつながりを考え、共有できたら」と多くの参加を呼び掛けている。

多くの参加を呼び掛ける(後列右2人目から)八重樫さん、若菜さんら実行委関係者

 こども食堂は近年、当初の貧困家庭の子ども支援のイメージから、幅広い世代の居場所へと役割を広げている。全国ツアーは、地域の交流の場としてのこども食堂の姿を広め、「一部の人たちだけの取り組み」から「地域のだれもが関われる取り組み」に広げるのが狙い。道内では昨年10月に旭川で開かれている。

 2016年から帯広のボランティア団体「WEW(ウィー)とかち」がこども食堂を開く十勝でも、さらに輪を広げたいとシンポジウム開催が企画された。

 当日は午後1時に開会。社会活動家で「反貧困」などの著書で知られる法政大学教授の湯浅誠氏が基調講演「子供の貧困と居場所づくり」を行う。

 続くシンポジウムでは、オホーツク管内津別町の引きこもり支援、釧路市の地域食堂「みはら・かがやき食堂」、芽室町の子ども居場所支援事業「風の子めむろ」の関係者が参加し、湯浅氏と共にみんなが暮らしやすい地域の在り方を考える。

 シンポジウムに参加するWEWとかちの若菜順代表は「(こども食堂は)貧困に結び付けられて広がったが、今は学校、家庭以外の第3の居場所として大人と信頼関係を結べる場所になっていることを知ってほしい」と願い、「子どもを核にいろいろな世代が交流することで、地域の元気につながる」とこども食堂の発展に期待している。

 実行委員長の八重樫薫さん(帯広市自立相談支援センターふらっとセンター長)は「こども食堂だけでなく、お年寄りのサロンや障がい者の方の集まる場などが増えているが、地域でどう生きるかという根本は一緒。領域を超えた横のつながりが大事」と指摘。その上で「帯広はまだまだこれから。いろいろな居場所を紹介しみんなで共有したい」と願っている。

 定員は280人で、参加費は500円(学生無料)。参加は所定の申込書で行う。問い合わせは実行委事務局(0155・20・7366)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」【帯広】

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

十勝毎日新聞

陸別町100年 記念式典 飛躍を誓う【陸別】

 陸別町開町100年記念式典が23日午前10時から、町タウンホールで開かれた。発展の1世紀を支えた功労者をたたえ、小さくてもきらり輝く町へ、さらなる飛躍を誓った。  町は1919(大正8)年...

十勝毎日新聞

餅まきに興奮 みのり祭り【浦幌】

 秋分の日の23日、秋の味覚を楽しむイベント「第43回うらほろふるさとのみのり祭り」(町観光協会主催)が午前10時から町内のうらほろ森林公園で開かれ、家族連れら約3万1000人(主催者発表)で...

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...