北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

広まれ こども食堂 来月帯広で全国ツアー【帯広】

 十勝でも広がりを見せる「こども食堂」などの地域の居場所づくりを考えるシンポジウム「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin道東」(実行委主催)が、8月4日に帯広市内のとかちプラザ・レインボーホールで開かれる。準備を進める関係者は「これをきっかけにいろいろな形の地域のつながりを考え、共有できたら」と多くの参加を呼び掛けている。

多くの参加を呼び掛ける(後列右2人目から)八重樫さん、若菜さんら実行委関係者

 こども食堂は近年、当初の貧困家庭の子ども支援のイメージから、幅広い世代の居場所へと役割を広げている。全国ツアーは、地域の交流の場としてのこども食堂の姿を広め、「一部の人たちだけの取り組み」から「地域のだれもが関われる取り組み」に広げるのが狙い。道内では昨年10月に旭川で開かれている。

 2016年から帯広のボランティア団体「WEW(ウィー)とかち」がこども食堂を開く十勝でも、さらに輪を広げたいとシンポジウム開催が企画された。

 当日は午後1時に開会。社会活動家で「反貧困」などの著書で知られる法政大学教授の湯浅誠氏が基調講演「子供の貧困と居場所づくり」を行う。

 続くシンポジウムでは、オホーツク管内津別町の引きこもり支援、釧路市の地域食堂「みはら・かがやき食堂」、芽室町の子ども居場所支援事業「風の子めむろ」の関係者が参加し、湯浅氏と共にみんなが暮らしやすい地域の在り方を考える。

 シンポジウムに参加するWEWとかちの若菜順代表は「(こども食堂は)貧困に結び付けられて広がったが、今は学校、家庭以外の第3の居場所として大人と信頼関係を結べる場所になっていることを知ってほしい」と願い、「子どもを核にいろいろな世代が交流することで、地域の元気につながる」とこども食堂の発展に期待している。

 実行委員長の八重樫薫さん(帯広市自立相談支援センターふらっとセンター長)は「こども食堂だけでなく、お年寄りのサロンや障がい者の方の集まる場などが増えているが、地域でどう生きるかという根本は一緒。領域を超えた横のつながりが大事」と指摘。その上で「帯広はまだまだこれから。いろいろな居場所を紹介しみんなで共有したい」と願っている。

 定員は280人で、参加費は500円(学生無料)。参加は所定の申込書で行う。問い合わせは実行委事務局(0155・20・7366)へ。

関連記事

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...

根室新聞

弁天島灯台守一家の空襲体験 米国で絵本に【根室】

 根室空襲を生き抜いた弁天島の灯台守一家の戦争体験が、米国で子ども向け絵本として出版される企画が進んでいる。出版のきっかけを作り、自ら絵を担当する同灯台守の孫で米国在住の木村広さん(57)が15、1...

根室新聞

厚床再生プロジェクト「防災キャンプ」企画 【根室】

 新たな地域づくりに向け、勉強会を開いている厚床地域農村再生プロジェクトチーム(リーダー、馬場晶一さん=AB―MOBIT代表)は、24、25の両日、地域住民による厚床防災キャンプを厚床会館で開く。防...

苫小牧民報

安平町の避難指示解除、最長2年に 長期化に町民から不安の声

 安平町は、胆振東部地震後に避難指示を出している地域の解除に、場所によって1年から2年かかる見通しを立てていることが分かった。住宅地の裏山崩壊の危険から避難指示を出した地域では、のり面補修工事な...