北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

食創が「精米HACCP」 管内で初認定【帯広】

 米卸道内大手・食創(帯広、竹森直義社長)は、西19南1にある自社精米工場が国の基準に基づく「精米HACCP」の認定を受けた。食品の安全や品質管理などの取り組みに対しお墨付きをもらったもので、十勝管内の精米工場では初という。

大型精米設備を背に認証を喜ぶ(左から)山崎工場長と高橋課長補佐

 食品安全確保の国際標準であるHACCP手法に基づき、原料受け入れから製品出荷までを総合工程管理し、食品安全や品質管理、汚染防御監理などを図る。日本精米工業会(東京)が認定機関。

 同社工場は1993年築で、玄米倉庫や原料投入機、袋詰めラインなどで構成され、施設面積は3349平方メートル。HACCP義務化を前に、全国の工場で認定を取る動きが増えているといい、同社は6月21日付の認定。日本精米工業会によると、全国76社86精米工場が取得しており、道内は食創を入れて8工場(6月21日現在)。

 同社は高橋学・生産物流部課長補佐を現場リーダーに、1年半前からチェックリストを検証・改善を図るなどし、認定準備を進めてきた。

 山崎哲伸・同部長兼帯広工場長は「これまでも工場内の整理・清掃には自信を持っていたが、我流では課題があった。品質への評価ももらえた。認定はあくまでスタートラインであり、今後も監査を受け今の状況を維持していきたい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...