北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

北方領土返還求める"国民の意志" 署名9,000万人を突破【根室】

現在までの署名総数は「9001万人」です―と表示されている北方館の署名コーナー

 国民が最も手軽に返還運動に参加する機会の一つとして大きな意義を持つ北方領土返還要求署名者数が、9,000万人を突破した。元島民有志の取り組みに始まってから53年。署名数の伸びはそれだけ北方領土問題が長期化してきたことの裏返しでもあり、決して喜べるものではない。地道な活動の積み重ねによって示された国民の意志が、北方領土返還の一日も早い達成を願っている。

 北方領土返還要求署名運動は、千島歯舞諸島居住者連盟の役職員と元島民有志が、終戦から20年の節目となった昭和40年8月15日に札幌駅前で街頭署名活動を実施したのが始まり。当時街頭に立った元島民は「残暑汗ばむ8月15日、札幌駅前通りで歩道に机を置くことを禁じられていたため画板を肩にかけ、道行く市民に署名を呼び掛けた。祖国復帰の切なる願いを、署名活動に託して立ち上がったのが始まり」と述懐する。

 千島連盟は「多くの団体や個人が参加する北方領土返還要求運動の大きな柱の一つであり、北方領土問題に対する国民世論の結集を図るとともに、ロシアに対するわが国国民の重要なメッセージでもある」と意義を訴えてきた。

 元島民の悲願を込めた活動は、徐々に道内はもとより全国に広がり、現在では北方領土返還要求運動関係団体・機関を中心に精力的に取り組まれており、全国から集められた署名は、国会法の規定に基づいて千島連盟などが行う衆・参両院への請願の際に、毎年国会に提出されている。

 千島連盟によると、昭和40年度からの署名数は、今年5月末の集計で9,000万7,818人となり、9,000万人を突破。6月末現在9,001万5,392人となっている。

 納沙布岬にある北方領土問題啓発施設「北方館」の署名コーナーには、累計署名数が定期的に更新表示されており、9日午後もバスツアーで訪れた観光客が署名していた。中には真っ先に目に飛び込んだ「9001万人」という数字に、誘われるようにペンを取る人も見られた。

 千島連盟の河田弘登志副理事長は、「これまで多くの人々が早期返還を願って署名してきたが、北方領土問題は未だ解決の糸口が見えない。一日も早く返還が実現するまで、機会あるごとに署名活動を続け、北方領土返還を求める国民の意志を示していかなければならない」と、九千万人という数字を受け止め、北方領土問題の早期解決を願った。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...