北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

北方領土返還求める"国民の意志" 署名9,000万人を突破【根室】

現在までの署名総数は「9001万人」です―と表示されている北方館の署名コーナー

 国民が最も手軽に返還運動に参加する機会の一つとして大きな意義を持つ北方領土返還要求署名者数が、9,000万人を突破した。元島民有志の取り組みに始まってから53年。署名数の伸びはそれだけ北方領土問題が長期化してきたことの裏返しでもあり、決して喜べるものではない。地道な活動の積み重ねによって示された国民の意志が、北方領土返還の一日も早い達成を願っている。

 北方領土返還要求署名運動は、千島歯舞諸島居住者連盟の役職員と元島民有志が、終戦から20年の節目となった昭和40年8月15日に札幌駅前で街頭署名活動を実施したのが始まり。当時街頭に立った元島民は「残暑汗ばむ8月15日、札幌駅前通りで歩道に机を置くことを禁じられていたため画板を肩にかけ、道行く市民に署名を呼び掛けた。祖国復帰の切なる願いを、署名活動に託して立ち上がったのが始まり」と述懐する。

 千島連盟は「多くの団体や個人が参加する北方領土返還要求運動の大きな柱の一つであり、北方領土問題に対する国民世論の結集を図るとともに、ロシアに対するわが国国民の重要なメッセージでもある」と意義を訴えてきた。

 元島民の悲願を込めた活動は、徐々に道内はもとより全国に広がり、現在では北方領土返還要求運動関係団体・機関を中心に精力的に取り組まれており、全国から集められた署名は、国会法の規定に基づいて千島連盟などが行う衆・参両院への請願の際に、毎年国会に提出されている。

 千島連盟によると、昭和40年度からの署名数は、今年5月末の集計で9,000万7,818人となり、9,000万人を突破。6月末現在9,001万5,392人となっている。

 納沙布岬にある北方領土問題啓発施設「北方館」の署名コーナーには、累計署名数が定期的に更新表示されており、9日午後もバスツアーで訪れた観光客が署名していた。中には真っ先に目に飛び込んだ「9001万人」という数字に、誘われるようにペンを取る人も見られた。

 千島連盟の河田弘登志副理事長は、「これまで多くの人々が早期返還を願って署名してきたが、北方領土問題は未だ解決の糸口が見えない。一日も早く返還が実現するまで、機会あるごとに署名活動を続け、北方領土返還を求める国民の意志を示していかなければならない」と、九千万人という数字を受け止め、北方領土問題の早期解決を願った。

関連記事

日高報知新聞

鎌田幸雄さんのお別れ会【日高】

【日高】11月26日に死去した元鎌田病院長・鎌田幸雄さん(92)の「お別れの会」が9日、門別総合町民センターで執り行われ、町内外から参列したゆかりの友人、知人ら約450人が在りし日の故人を偲び冥福を祈っ...

日高報知新聞

会沢さんの叙勲を祝う【新ひだか】

【新ひだか】秋の叙勲で旭日双光章(中小企業振興功労)を受章した静内中野町の会沢実さん(79)=会沢高圧コンクリート会長=の受章記念祝賀会が7日、静内吉野町3の静内エクリプスホテルで開かれ、管内の政財...

苫小牧民報

全女性連のまちづくり顕彰 白老町商工会女性部が受賞

 白老町商工会女性部(熊谷あき子部長)はこのほど、全国商工会女性部連合会のまち(地域)づくり顕彰を受賞した。おもてなし交流事業を通して4年連続全国1位の受け入れ実績を誇るなど、白老町のPRと地域...

苫小牧民報

スープカレーを無料提供 復興イベントで井手さんも協力-安平

 安平町追分柏が丘の安立寺で9日、胆振東部地震の復興を目指すイベント「かんばれ安平町!スマイルマーケット」が開かれ、人気店のスープカレーが無料で振る舞われた。  主催したのは千歳や恵庭などに住...

十勝毎日新聞

グッドー年内閉店 「ジョイフル」専念【帯広】

 道内でホームセンターを展開するジョイフルエーケー(本社札幌)は、帯広市白樺16西2の中型ホームセンター「グッドー白樺店」を、今月末で完全閉店する。同社名で運営する大型店の経営に特化し、競争力を高...