北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

旧室蘭駅舎周辺の憩いの場にSL移設で議論活発【室蘭】

「市民の願い」が反映されるか注目される青少年科学館のSL

 室蘭市青少年科学館の蒸気機関車(SL)を生かした地域づくりを話し合う「まちづくり協議会」の議論が新たなステージに移っている。市民意見を聞くワークショップ(WS)では、移設場所となる旧室蘭駅舎周辺(海岸町)を市民が集い合える「憩いの場」として再開発する意見が相次いだ。市教委は移設に向けた資金を確保するため今秋にインターネット上で出資を募る計画。今後、市側で意見の精査に入る。「市民の願い」が反映されるかが注目される。

 「SLを下から見られないか。昔の駅を感じられる工夫を」。6月28日夜に幸町の室ガス文化センターであった2回目の協議会となるWSで参加した班がこう提言した。

 この日は協議会メンバー31人が参加。6班に分かれ、地域の長所と課題を出し合った。「汽笛を鳴らし走っている様子を音で流すのはどうか」「限定ボルタを作る」といった視覚的要素を盛り込んだ観光面を軸とした仕掛けが大半を占めた。「駅舎内にカフェをつくってほしい」など駅舎と一体的な魅力向上を求める意見も出た。

 市は、2020年12月に(仮称)環境科学館・図書館が開館することに合わせ、SLを19年度内に旧駅舎横のぽっぽらん公園へ移す計画。全体事業費は約7千万円を見込む。鉄道遺産を活用した官民による駅舎一体のにぎわい創出を狙う。

 具体化するために、今年5月に地域づくり方策の意見を出し合う「まちづくり協議会」を立ち上げた。WSは市民アイデアを募る目的から、①にぎわいづくり②多くの市民に親しんでもらう観点で、男女世代別の「住民の声」を集約した。8月までに「報告書」をまとめる。

 青山剛市長は「(WSでは)ユニークなアイデアが出され、関心の高さを感じた。参加者からは新たな観光拠点として仕立てあげていきたいという思いが伝わってきた」と市民の思いを代弁する。

 SL移設には課題もある。最も重要となるのが資金面だ。市教委は公園整備を含め約7千万円を見積もる。財源は国の交付金活用を視野に入れ、今秋にネット上で出資を募るクラウドファンディングにより事業費(約100万円)を集めたい考えだ。

 ただ、どのくらいの金額が集まるか見通せていない。上屋など設計次第では事業費増も予想され、費用捻出がネックとなる。市教委の大澤明博主幹は「SLを市民の身近な存在として地域活性化の『シンボル』に位置付け、市民の思いを形にすることが大事」と話している。

関連記事

根室新聞

日ロ首脳会談 平和条約交渉加速で合意 元島民「しっかりした道筋を」【根室】

 安倍晋三首相は14日、シンガポールでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行い、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本へ引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させるこ...

根室新聞

初田牛駅廃止 住民説明会開く【根室】

 JR北海道は15日、来年3月のダイヤ改正でJR花咲線の初田牛駅廃止について住民説明会を初田牛会館で開いた。JR側は「一日平均利用者が1人未満で利用が極端に少ない」とし、理解を求めた。住民側は「駅...

日高報知新聞

日高のシカはおいしい!【新ひだか】

【新ひだか】日高管内消費者協会連合会、ひだか食育推進協議会主催の「ひだか食育セミナー」が11日、町保健福祉センターで開かれ、参加者が料理教室や講演で地域食材の良さを再認識した。  この日は、静内御...

日高報知新聞

地震の義援金や施設へ【新ひだか】

【新ひだか】静内中生徒会(野村圭悟会長)は、10月21、22日に実施した古新聞回収による収益金のうち、計12万円を胆振東部地震の義援金や町内の社会福祉施設に寄付した。  同校生徒会による古新聞回収活動は...

苫小牧民報

甘いイチゴずらり 十勝・銀龍苺オープン-新千歳空港

 十勝管内音更町の農業法人ブルームは15日、イチゴ専門店「十勝・銀龍苺(ぎんりゅういちご)・新千歳空港店」を新千歳空港国内線ターミナルビル2階にオープンさせた。同町の自社農場で栽培して通年出荷し...