北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

旧室蘭駅舎周辺の憩いの場にSL移設で議論活発【室蘭】

「市民の願い」が反映されるか注目される青少年科学館のSL

 室蘭市青少年科学館の蒸気機関車(SL)を生かした地域づくりを話し合う「まちづくり協議会」の議論が新たなステージに移っている。市民意見を聞くワークショップ(WS)では、移設場所となる旧室蘭駅舎周辺(海岸町)を市民が集い合える「憩いの場」として再開発する意見が相次いだ。市教委は移設に向けた資金を確保するため今秋にインターネット上で出資を募る計画。今後、市側で意見の精査に入る。「市民の願い」が反映されるかが注目される。

 「SLを下から見られないか。昔の駅を感じられる工夫を」。6月28日夜に幸町の室ガス文化センターであった2回目の協議会となるWSで参加した班がこう提言した。

 この日は協議会メンバー31人が参加。6班に分かれ、地域の長所と課題を出し合った。「汽笛を鳴らし走っている様子を音で流すのはどうか」「限定ボルタを作る」といった視覚的要素を盛り込んだ観光面を軸とした仕掛けが大半を占めた。「駅舎内にカフェをつくってほしい」など駅舎と一体的な魅力向上を求める意見も出た。

 市は、2020年12月に(仮称)環境科学館・図書館が開館することに合わせ、SLを19年度内に旧駅舎横のぽっぽらん公園へ移す計画。全体事業費は約7千万円を見込む。鉄道遺産を活用した官民による駅舎一体のにぎわい創出を狙う。

 具体化するために、今年5月に地域づくり方策の意見を出し合う「まちづくり協議会」を立ち上げた。WSは市民アイデアを募る目的から、①にぎわいづくり②多くの市民に親しんでもらう観点で、男女世代別の「住民の声」を集約した。8月までに「報告書」をまとめる。

 青山剛市長は「(WSでは)ユニークなアイデアが出され、関心の高さを感じた。参加者からは新たな観光拠点として仕立てあげていきたいという思いが伝わってきた」と市民の思いを代弁する。

 SL移設には課題もある。最も重要となるのが資金面だ。市教委は公園整備を含め約7千万円を見積もる。財源は国の交付金活用を視野に入れ、今秋にネット上で出資を募るクラウドファンディングにより事業費(約100万円)を集めたい考えだ。

 ただ、どのくらいの金額が集まるか見通せていない。上屋など設計次第では事業費増も予想され、費用捻出がネックとなる。市教委の大澤明博主幹は「SLを市民の身近な存在として地域活性化の『シンボル』に位置付け、市民の思いを形にすることが大事」と話している。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...