北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

最多134社12日開幕 国際農機展【帯広】

開幕を翌日に控え、準備作業が大詰めの国際農業機械展会場(帯広市内の北愛国交流広場、ドローンで撮影)

 第34回国際農業機械展in帯広が12日、市内の北愛国交流広場で開幕する。過去最多の国内外134社が最新機器を展示する。16日までの5日間で20万人の来場者を見込んでいる。

 4年に一度、十勝で開かれる国内最大の農機展。ホクレンと北海道農業機械工業会、十勝農業機械協議会が主催する。今回は「ICTとともに更なる未来へ」がテーマ。情報通信技術による無人化や生産性の向上を実現する約1000点の機器が並ぶ。

 開場は午前9時~午後4時で、入場無料。午前10時から開会式が行われ、無人ロボットトラクターのデモ走行も行う。農林水産省の野中厚大臣政務官、高橋はるみ道知事、ホクレンの内田和幸会長らが出席する。

 会場には駐車場がないため、幕別町の札内橋南側に無料臨時駐車場を設置。臨時駐車場とJR帯広駅から無料のシャトルバスを運行する。問い合わせは開催委員会事務局(0155・24・7818)へ。

 雨で会場がぬかるんでいるため、長靴での入場を呼び掛けている。

十勝の食も発信 「食彩祭」に50店
 第34回国際農業機械展in帯広に合わせ、フードバレーとかち食彩祭2018も開かれる。出店は前回より10多い50店舗で、十勝産食材を使ったグルメを提供する。

 農機展と同じ帯広市北愛国交流広場が会場で、開催期間も12~16日で同じ。豚丼や十勝和牛などの飲食、農機ミニチュアの物販ブースなどが出店する。

 一日限定の特別出展として、14日には十勝パンを300食限定で販売。15日には新得手打ちそば愛好会が十割そばを出す。

 そのほか、快盗戦隊ルパンレンジャーと警察戦隊パトレンジャーのキャラクターショーや、My’sなどが出演する歌謡ショー、郷土芸能ステージ、若手農業者らの活動報告がある。

 また、北海道150年に合わせて、「北海道」の名付け親として知られる松浦武四郎関連のパネル展示も実施する。

 食彩祭事務局は「十勝の食が全てそろっているので、期待して食べに来てほしい」としている。午前10時~午後4時。問い合わせは事務局のCMC(0155・23・2323)へ。

関連記事

函館新聞

高陽市が交流延期申し出 日韓関係悪化で【函館】

 函館市は22日、下半期に予定していた姉妹都市の韓国・高陽(コヤン)市との交流事業を延期することを明らかにした。日韓関係の悪化が理由で、姉妹都市になった2011年以降で交流事業の延期は初めて。 ...

函館新聞

函館出身の紫竹康太さん、8月4日に蔦屋で「バレエライブ」【函館】

 函館出身で東京在住のバレエダンサー、紫竹康太さん(26)が企画した音楽とダンスのイベント「Ballet LIVE(バレエライブ)」が8月4日に函館蔦屋書店で開かれる。小田桐陽一さん(カホン)、...

釧路新聞

新体制でV狙う/クレインズ氷上練習開始【釧路】

 釧路を本拠地とし、アイスホッケーのアジアリーグに今季から参戦するクラブチーム「ひがし北海道クレインズ」は22日、日本製紙アイスアリーナで新チーム発足後初の氷上練習を開始した。ひがし北海道クレイ...

根室新聞

北方墓参 択捉島から戻る 上陸慰霊1カ所のみ【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が20日、択捉島での墓参を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港へ戻った。上陸予定の4カ所のうち内保とウエンバフコツ...

根室新聞

「旧中一・二会」物故級友の冥福祈る【根室】

 戦時中の昭和17年に道庁立根室商業学校に入学し、在学中に改組された旧制根室中学校を、戦後2年に分かれて卒業した市内在住の同期生たちが20日、清隆寺に集い、物故者の追悼法要を行った。戦時下の勤労奉...