北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

大狩部トンネル工事見学【新冠】

【新冠】新冠小(坂本直司校長)1、2年生75人が9日、高規格幹線道路「日高自動車道」の大狩部トンネル工事現場を見学した。

 同トンネルは室蘭開発建設部が発注し、鹿島・宮坂特定建設工事共同企業体が請け負っている。延長2151㍍、断面積100・3平方㍍で、工期は平成28年10月1日から33年3月26日まで。9日現在は842㍍まで掘削工事は進んでおり、工事全体の進ちょく率は約40%。

 同企業体では、地元の小中学生に建設業について理解を深めてもらうとともに、古里に愛着を持つ機会をつくろうと、6月に新冠中、7月9~11日に新冠小、今後は朝日小の児童生徒を対象に事前説明会と見学会を実施している。

 ヘルメットと防じんマスクを着用した児童たちは、トンネル坑内を進みながら、事前説明会で新冠小を訪れた同企業体大狩部トンネルJV工事事務所の石原央之工事係長(28)から工事内容や重機の役割について分かりやすく説明を受けた。

 現在の最深部となる800㍍付近では、トンネルの壁を組み立てるエレクターと断面掘削機のヘッダーを見学。実際にヘッダーの先端部分にあるカッタードラムが回転するところも見せてもらった。

 質疑応答では積極的に手を上げて「どこで機械を作っていますか?」、「トンネルを掘るのにどのくらいお金がかかりますか?」などと質問し、石原さんが一つひとつ丁寧に答えていた。

 トンネルを工事しているところを初めて見たという福田貴叶君(2年)は「(トンネルに)鉄の棒が刺さっていることが分かってビックリしました」と感想を話していた。石原さんは「子どもたちの反応が面白かったです。なかなか現場を見れることがないと思うので、こういう世界もあると知ってもらいたいし、働いている人が楽しそうだと感じてもらえたら」と話していた。

最深部でエレクターを使って工事する様子を見学する子どもたち

関連記事

日高報知新聞

木質バイオマス増産に向け

 急増する木質バイオマス資源の需要拡大をにらみ、日高振興局と日高地域木質バイオマス資源利用推進協議会(事務局・ひだか南森林組合、小野哲弘会長)、王子木材緑化(本社・東京、大原寛信社長)の3者は1...

日高報知新聞

平取ダム早期完成の決起大会【平取】

【平取】平取ダム建設事業の早期完成を求める総決起大会が18日夜、ふれあいセンターびらとりで開かれ、町民ら約70人が参加し決議文を採択した。  主催者の川上満平取町長と鈴木修二町議会議長が、平成15年8...

根室新聞

酪農後継者ら 全道優秀賞の受賞を報告【根室】

 平成30年度北海道青年農業者会議のプロジェクト発表で優秀賞を受賞した酪農後継者の学習グループ・根室市4Hクラブ(山岸伸也会長、9人)が19日、根室市役所を訪れ、石垣雅敏市長に受賞を報告した。酪農後...

根室新聞

ユルリを考える会 島の近況を報告 25日から写真展を開催【根室】

 根室・落石地区と幻の島ユルリを考える会(田嶋靖照会長、会員65人)は19日、石垣雅敏市長を訪ねて、ユルリ島への移入馬の近況報告を含めた島の環境保全に関する活動状況を報告した。移入馬3頭については専...

根室新聞

「後継者の入会呼び掛けを促進」水晶会が総会開く【根室】

 北方領土歯舞群島の水晶島元島民と後継者で組織する根室水晶会(柏原榮会長)は17日、根室グランドホテルで平年31年度総会を開き、新年度の事業計画を決めるとともに、会長に柏原榮さんを再選した。  ...