北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

平林記念賞で源氏物語を伝える増子さんに奨励賞【室蘭】

「千年たっても色あせない源氏物語の魅力を伝えたい」と語る増子さん

 室蘭地方の文芸や地方史研究などで顕著な実績を上げた個人・団体に贈られる今年の第31回平林記念賞で、室蘭市柏木町の増子美恵子さん(72)が奨励賞に選ばれた。長年、室蘭や登別、伊達で「源氏物語」の魅力を伝える講読会を開催。「千年たっても色あせない源氏物語の世界、古典の響きを、一人でも多く楽しんでもらえるよう活動したい」とさらなる意欲を見せる。

 増子さんは高校時代の古典の授業で源氏物語に触れ、社会人になって再び本を手にしたところ、読む視点が変わり「男と女、親と子、人間や幸せとは何か、悲しみや怒り、恨みなど、現代に通ずる悩みがあり、興味深かった」と言い、物語の世界に引き込まれた。

 2005年(平成17年)から講読会を始め室蘭や登別の市民活動センター、港の文学館、だて歴史の杜カルチャーセンターなどで開催。受講者は計約50人。原文朗読で古典の響きを楽しみ、現代語訳を通じて情景をイメージし、雅(みやび)な世界に思いをはせている。平安時代の結婚や出産、季節行事などにも触れ「いろんな角度から見つめ分かりやすい工夫をしている」と話す。

 選考委員会が今月6日、市内で開かれた。本賞の該当はなかった。本賞に準じる奨励賞に増子さんを選んだ理由として、三村美代子委員長(室蘭文化連盟会長)は「独自の工夫を凝らした指導法で源氏物語の楽しさを多くの人々に広めた。ますますの活躍を期待する」と述べた。授賞式は18日に室蘭民報社で行い、賞状と副賞5万円を贈呈する。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...