北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

平林記念賞で源氏物語を伝える増子さんに奨励賞【室蘭】

「千年たっても色あせない源氏物語の魅力を伝えたい」と語る増子さん

 室蘭地方の文芸や地方史研究などで顕著な実績を上げた個人・団体に贈られる今年の第31回平林記念賞で、室蘭市柏木町の増子美恵子さん(72)が奨励賞に選ばれた。長年、室蘭や登別、伊達で「源氏物語」の魅力を伝える講読会を開催。「千年たっても色あせない源氏物語の世界、古典の響きを、一人でも多く楽しんでもらえるよう活動したい」とさらなる意欲を見せる。

 増子さんは高校時代の古典の授業で源氏物語に触れ、社会人になって再び本を手にしたところ、読む視点が変わり「男と女、親と子、人間や幸せとは何か、悲しみや怒り、恨みなど、現代に通ずる悩みがあり、興味深かった」と言い、物語の世界に引き込まれた。

 2005年(平成17年)から講読会を始め室蘭や登別の市民活動センター、港の文学館、だて歴史の杜カルチャーセンターなどで開催。受講者は計約50人。原文朗読で古典の響きを楽しみ、現代語訳を通じて情景をイメージし、雅(みやび)な世界に思いをはせている。平安時代の結婚や出産、季節行事などにも触れ「いろんな角度から見つめ分かりやすい工夫をしている」と話す。

 選考委員会が今月6日、市内で開かれた。本賞の該当はなかった。本賞に準じる奨励賞に増子さんを選んだ理由として、三村美代子委員長(室蘭文化連盟会長)は「独自の工夫を凝らした指導法で源氏物語の楽しさを多くの人々に広めた。ますますの活躍を期待する」と述べた。授賞式は18日に室蘭民報社で行い、賞状と副賞5万円を贈呈する。

関連記事

根室新聞

税収30億円に赤信号 収納率は最高水準で健闘【根室】

 自主財源の大宗を占める市税だが、根室市の平成30年度の市税調定額が30億円を割り込みそうだ。1月末現在の調定額は29億4,430万円で、前年同期比1億4,700万円減と大幅に落ち込んでいる。一方、収納率は8493...

苫小牧民報

道産PRイベントで最高賞獲得「うれしい」 安平・夢民舎のクリームチーズは..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」(宮本正典社長)の「クリームチーズはやきた」が、道産チーズのPRイベント「北海道地チーズ博2019」(ホクレン農業協同組合連合会主催)で、最高賞のグランプリ...

日高報知新聞

インカンテーションなど【浦河】

 浦河町西幌別のイーストスタッドで15日、種牡馬展示会が開かれ、浦河町産馬のインカンテーションなど2頭の新種牡馬や3頭の新入きゅう馬ほか、今シーズンに供用するけい養種牡馬を牧場関係者らに披露した。 ...

日高報知新聞

議員のなり手不足など【新ひだか】

【新ひだか】町議会による「議会報告会」が14日夜、地域交流センターピュアプラザで開かれ、参加者と議員のなり手不足などについて意見を交えた。  議会報告会は、議会活動や議会改革の取り組みについて町民...

十勝毎日新聞

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家【中札内】

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...