北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

有珠山の次期噴火に備え災害対処訓練【西胆振】

安全な場所まで装甲車で搬送された避難者たち=洞爺湖町

避難者救出のため壮瞥町役場に到着した装甲車=壮瞥町

 陸上自衛隊第7師団第71戦車連隊(千歳市、大北知史連隊長)は11日、伊達、洞爺湖、壮瞥の1市2町の有珠山周辺で、次期噴火に備えた災害対処訓練を実施した。有感地震発生から32時間で噴火した、77年噴火を教訓に迅速な初動対処を確認。初めて装甲車による住民搬送に取り組んだ。

 同連隊は災害時に西胆振3市3町を担当する。今回の訓練は、有感地震から噴火までを32時間で実施する内容。6月に有珠火山についの専門家を交えた研修会も実施し、準備を進めてきた。訓練は前日の10日午前9時5分に有感地震を確認。同連隊は同日午後、すぐさま胆振西部に入り人員の捜索や拠点を展開した。

 11日の訓練は自衛隊員202人と西胆振3市3町の防災関係者や警察、消防計50人が参加。装甲車両は8両が出動した。

 午前に噴火警戒レベル5(避難)に引き上がり、災害派遣の命令が下された。有珠山噴火切迫―との判断から、装甲車を温泉街の洞爺湖文化センターと、壮瞥町役場に向かわせ計27人をそれぞれ安全な場所へ搬送。装甲車のごう音がまちに響き渡った。

 伊達市防災センターは連隊指揮所とし、各中隊の活動状況を把握し統制。各自治体の防災担当者や警察、消防との連携を図った。歴史の杜カルチャーセンターは「給水、衛生、炊事地域」としてテントなどが張られ救護所を設置。けが人の意識レベルが下がっているとし、消防に救急車を要請し病院搬送する流れを確認した。自衛隊によるカレーの炊き出しもあり100食が振る舞われた。

 大北連隊長(49)は「有珠山は噴火の予知がしやすい火山。予知できた段階で安全化を図り、32時間以内で対応できる訓練をしていく」と力を込めた。

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...