北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

有珠山の次期噴火に備え災害対処訓練【西胆振】

安全な場所まで装甲車で搬送された避難者たち=洞爺湖町

避難者救出のため壮瞥町役場に到着した装甲車=壮瞥町

 陸上自衛隊第7師団第71戦車連隊(千歳市、大北知史連隊長)は11日、伊達、洞爺湖、壮瞥の1市2町の有珠山周辺で、次期噴火に備えた災害対処訓練を実施した。有感地震発生から32時間で噴火した、77年噴火を教訓に迅速な初動対処を確認。初めて装甲車による住民搬送に取り組んだ。

 同連隊は災害時に西胆振3市3町を担当する。今回の訓練は、有感地震から噴火までを32時間で実施する内容。6月に有珠火山についの専門家を交えた研修会も実施し、準備を進めてきた。訓練は前日の10日午前9時5分に有感地震を確認。同連隊は同日午後、すぐさま胆振西部に入り人員の捜索や拠点を展開した。

 11日の訓練は自衛隊員202人と西胆振3市3町の防災関係者や警察、消防計50人が参加。装甲車両は8両が出動した。

 午前に噴火警戒レベル5(避難)に引き上がり、災害派遣の命令が下された。有珠山噴火切迫―との判断から、装甲車を温泉街の洞爺湖文化センターと、壮瞥町役場に向かわせ計27人をそれぞれ安全な場所へ搬送。装甲車のごう音がまちに響き渡った。

 伊達市防災センターは連隊指揮所とし、各中隊の活動状況を把握し統制。各自治体の防災担当者や警察、消防との連携を図った。歴史の杜カルチャーセンターは「給水、衛生、炊事地域」としてテントなどが張られ救護所を設置。けが人の意識レベルが下がっているとし、消防に救急車を要請し病院搬送する流れを確認した。自衛隊によるカレーの炊き出しもあり100食が振る舞われた。

 大北連隊長(49)は「有珠山は噴火の予知がしやすい火山。予知できた段階で安全化を図り、32時間以内で対応できる訓練をしていく」と力を込めた。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...