北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

21、22日「鉄道まつり」 開町100年記念【陸別】

鉄道まつりのPRポスターを手にする三好さん

 「第10回ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつり」(町観光協会主催)が21、22の両日、町内の緑町サッカー場と駅前多目的広場で開かれる。陸別町開町100年記念として実施され、大抽選会や「8・6秒バズーカー」のお笑いステージなど多彩なイベントを用意した。

 21日午後4時から、緑町サッカー場で町商工青年部による売店がオープン。プラスチック製カップを使い、決められた形に積み上げてから崩すまでの速さを競う「スポーツスタッキング」のパフォーマンス、ミニ四駆体験、地元の「バックヤードミュージックギタークラブ」による演奏が会場を盛り上げる。

 午後8時からは花火大会(同協会、十勝毎日新聞社主催)が行われ、1500発の花火が夜空を鮮やかに彩る。りくべつ鉄道では車内から花火を鑑賞できる「花火列車」も運行(1人1500円、特産品付き)する。

 22日は駅前多目的広場に場所を移し、午前10時から抽選券がもらえるりくべつ鉄道特別列車体験乗車がスタート。午後2時まで1時間おきに運行する。同3時からの大抽選会は開町100年を記念し、特賞に「ペア沖縄旅行」をプレゼント。会場には縁日やふわふわドーム、子どもビンゴ大会、お笑いステージショーが繰り広げられる。

 同協会事務局の三好隆佑さんは「10回という節目と開町100年を記念して豪華景品を用意しました。今年も多くの人にりくべつ鉄道を楽しんでほしい」と話す。問い合わせは町観光協会(0156・27・2141)へ。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...