北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

淡路人形浄瑠璃【平取】

【平取】町民芸術劇場・淡路人形座「淡路人形浄瑠璃公演」が7日夜、町中央公民館で開かれた。

 明治20年以降、兵庫県淡路島の三原郡から多くの開拓者が平取町に入植し、歴史的に深いつながりがある。平取町と旧三原町(現あわじ市)は平成6年7月に友好町提携を調印した。

 淡路人形浄瑠璃は500年の歴史を誇る、国指定の重要無形民俗文化財。

 鎌倉時代、淡路島に大阪四天王寺から舞楽など神事を生業とする楽人が移り住み、その後、西宮の戎(えびす)神社に属したエビスカキから人形繰りの人気が高かったことから神事を人形繰りで行うようになったと伝えられている。

 家、土地、船を守り、神を讃える神聖な季節の行事として定着。昭和初期までは、門付けの戎舞が淡路の各家を回り神棚の前で幸せを祈った。

 美術品としても価値のある人形を三人で操り、情感あふれる語りと重々しく響く三味線による伴奏。俳優が演じる演劇以上に喜怒哀楽あふれる舞台が演じられる。

 平取公演の演目は「戎舞(えびすまい)」と「ととさんの名は十郎兵衛。かかさんはお弓と申します」のセリフで知られる「傾城阿波の鳴門、巡礼歌の段」。

 三人の黒子が左右の腕と足さばきをそれぞれ巧みに操り物語を展開。駆け付けた大勢の観客は伝統芸の素晴らしさに魅せられていた。

淡路人形座による「戎舞」

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

室蘭民報

市連町が宮古訪れ仮設トイレ設営体験【室蘭】

 室蘭市町内会連合会(沼田俊治会長、118町内会・自治会)は10日、岩手県などが主催する岩手県総合防災訓練に参加し、市町連で生かすための参考にしていた。  訓練は震度6弱を観測する地震が発生...