北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

食品ロスは地球壊す行為、海星高生が理解深める【室蘭】

ボリコ所長の講話から、世界の食科事情に理解を深める生徒

 国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所のチャールズ・ボリコ所長が10日、室蘭市高砂町の海星学院高校を訪れ、生徒らに世界の食料事情を説明し、食品ロスをなくすよう訴えた。

 室蘭・登別の児童、生徒を対象とした巡回講演(世界食料デー登別大会実行委員会主催)の一環。同校では、全校生徒218人が聴き入った。

 ボリコ所長はスライドで、食に関わる国際問題解決の場であるFAOの役割や先進国に偏った食料事情などを紹介。「毎年世界では約2兆6千億ドル分の食料が捨てられており、処分時に温室効果ガスを発生させる。食べ物を捨てることは地球を壊す無責任な行為」と強調。生徒らの関心を集めていた。

関連記事

根室新聞

日ロ首脳会談 平和条約交渉加速で合意 元島民「しっかりした道筋を」【根室】

 安倍晋三首相は14日、シンガポールでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行い、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本へ引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させるこ...

根室新聞

初田牛駅廃止 住民説明会開く【根室】

 JR北海道は15日、来年3月のダイヤ改正でJR花咲線の初田牛駅廃止について住民説明会を初田牛会館で開いた。JR側は「一日平均利用者が1人未満で利用が極端に少ない」とし、理解を求めた。住民側は「駅...

日高報知新聞

日高のシカはおいしい!【新ひだか】

【新ひだか】日高管内消費者協会連合会、ひだか食育推進協議会主催の「ひだか食育セミナー」が11日、町保健福祉センターで開かれ、参加者が料理教室や講演で地域食材の良さを再認識した。  この日は、静内御...

日高報知新聞

地震の義援金や施設へ【新ひだか】

【新ひだか】静内中生徒会(野村圭悟会長)は、10月21、22日に実施した古新聞回収による収益金のうち、計12万円を胆振東部地震の義援金や町内の社会福祉施設に寄付した。  同校生徒会による古新聞回収活動は...

苫小牧民報

甘いイチゴずらり 十勝・銀龍苺オープン-新千歳空港

 十勝管内音更町の農業法人ブルームは15日、イチゴ専門店「十勝・銀龍苺(ぎんりゅういちご)・新千歳空港店」を新千歳空港国内線ターミナルビル2階にオープンさせた。同町の自社農場で栽培して通年出荷し...